AlgoFi - 初心者のためのAlgorandレンディング(融資) by AlgoDaddy

更新日:1月13日



AlgoFi - 初心者のためのAlgorandレンディング(融資)

by AlgoDaddy


この記事では、最近ローンチされたAlgorandプラットフォームのAlgoFiを取り上げます。知らない人のために説明すると、AlgoFiは2021年のAlgorandエコシステムに追加される最も期待されていたものの1つでした。AlgoFiは、TinymanがAlgorandエコシステムに与えたのと同じような影響を与えるでしょうが、もちろん独自の方法です。新世代のDeFi暗号通貨では、ブロックチェーンが多様なユースケースを提供することが求められていることは、すでにご存知かと思いますが、エコシステムには、資本を呼び込み、急速な成長を促すために必要な特定の重要な機能があります。融資もその一つです。


AlgoFiは、Algorand DeFiを立ち上げることを目的としたAlgorand Foundations Aeneas Programで定義されたDeFiの「三本柱」の1つです。


  • 新規参入者のための強固なブリッジ - AlgoMint

  • トレーダーとマーチャントのための自動マーケットメーカーDEX - Tinyman

  • 資本と商業のための借り入れと貸し出しのプラットフォーム - AlgoFi


Tinymanについては、以前のガイドですでに取り上げました。今日はAlgoFi - The Algorand Lending & Stablecoin platformについてご紹介します。現在、暗号通貨市場全体のTVL(Total Locked Value)は2,500億ドルに達しています。AlgoFiがAlgorandの将来において大きな役割を果たすことは間違いありません。


このAlgoDaddyガイドは、以下のトピックをカバーしています。


  1. AlgoFiとは?

  2. AlgoFiは何を提供するか?

  3. なぜAlgoFiを使うのか?

  4. AlgoFiの使用方法


それでは、早速、内容に飛び込んでみましょう。


 

AlgoFiとは?


AlgoFiは、Algorand初のレンディング(融資)プラットフォームです。借り入れや貸し出しを容易にするだけでなく、STBLというAlgorandネイティブのステーブルコインを提供しています。


AlgoFiは、テストネットでの数ヶ月間の運用を経て、2021年12月17日にAlgorandメインネットで稼働しました。セキュリティ目的でRuntime Verificationによる監査が行われました。Algofiはローンチ前に280万米ドル以上を調達し、Arrington XRP Capital、Union Square Venturesなどから資金の裏付けを得ました。Owen ColegroveとJohn Clarkeによって設立されました。


最近、AlgoFiは200万ALGO規模のリワード・プログラムを発表しましたが、これは2022年の第1四半期に貸し手にさらなるインセンティブを与えるものです(貸し出しによる利息に加えて)。


将来的にAlgoFiは、クレジットカードや普通預金口座など、より古典的な銀行サービスを提供することを計画しており、これらはAlgorandの急速に成長するエコシステムを通じて提供されます。




AlgoFiは何を提供するか?


貸し出しと借り入れ


AlgoFiは主に、ユーザーにプラットフォーム上での貸し借りを提供しています。現時点では、上の画像からわかるように、AlgoFiはAlgorandブロックチェーン上の5つの異なるトークンに対して貸し出しを行っています。ALGO、STBL、USDC、goBTC、goETHです。


STBLは、AlgoFiが提供するネイティブのステーブルコインです。ステーブルコインとは、その価格があまり変動しないことを意味しています。つまり、いつでも1STBL≒1ドルとなります。


USDCは、さまざまなブロックチェーン(Ethereum、Solana、Algorandなど)で利用できるステーブルコインです。


goBTCとgoETHは、それぞれ単純にBTCとETHをAlgoMintを使ってAlgorandプロトコルに変換したものです。


注:あなたが借りられる量は、あなたがAlgoFiに戻す量(すなわち供給量)によって制限されることを知っておく必要があります。つまり、借入をする前にまずAlgoFiで貸し出す必要があります。借り入れ率は、あなたの総貸し出し額の約80%です。このように、あなたの供給は、プラットフォームの安全性を保ち、常に流動性を提供するための担保として使用されます。


STBLのステーキング


貸し借りに加えて、AlgoFiはSTBLを報酬としたステーキングも提供しています。これにより、STBLに投資したユーザーは、STBLからも年間利回りを得ることができます(現時点では、AlgoFiにSTBLを貸すだけでは、APRが0%になるため)。STBL->STBL、またはSTBL-USDC-LPトークン->STBLのいずれかにステークできます。



AlgoFiを使う理由 - A;gorandレンディング


Algorandでの貸し借りに関して私が見た最も一般的な質問は、「なぜAlgoFiで借りるのか、どうせ担保の80%しか借りられないのに」というものです。


以下に、その理由をいくつか紹介します(決して網羅的なリストではありません)。


レバレッジ


いくつかの理由があると思いますが、最も重要なのはレバレッジを得ることです。AlgoFiに提供したAlgorandはまだあなたが所有しており、既存のローンを返済している限り、いつでも引き出すことができます。これは、Algorandガバナンス・プログラムに参加していない人にとってはかなり魅力的なはずです。


例えば、1000ALGOをAlgoFiに提供し、その金額に対してAPRを獲得し、STBLを借りて、(Tinymanを使って)追加のALGOに変換し、エコシステムの他の部分に投資することができるのです。



この記事を書いている時点での、いくつかのYieldly Staking PoolsのAPYが表示されています。



より高いリターンの複合型ステーキング


別の方法としては、ALGOをAlgofiに貸し出し、その価値の80%をUSDCで借ります。USDCをYieldlyに変換し、そのプラットフォーム上で高利回りのステーキングプールにステークするために使用します(一部のプールは30~100%のAPYを提供しています)。プールが終了したらすぐに、ステーキング報酬をALGOまたはYieldlyに交換し、AlgoFiでのローン返済に使用できます。これは、ALGOをガバナンスに置いておくよりも高いAPYになる可能性がありますが、潜在的なリターンに影響を与える要因が非常に多いため、リスクの高い選択肢になる可能性があることに留意する必要があります(Yieldlyの価格の変動や、ステーキングで得たトークンの価値、税金の影響、ステーキングプールのAPYの変動など)。



警告 - 清算のリスク


担保を維持できなかったユーザーは清算されますが、プロトコルが支払能力を維持するためには、これらのプロセスがスムーズに行われなければなりません。つまり、融資額が担保の80%ではなく100%に近づき始めた場合、清算のリスクがあるということです。その結果、AlgoFiは担保の一部を差し押さえることになります。これは、ALGOの価格が米ドルに対して下落し、あなたの担保が以前のように価値がなくなった場合に起こる可能性があります(米ドル換算で)。プラットフォームを使って何かを借りる前に、このコンセプトを理解することが重要です。AlgoFiは、FAQでこの点について詳しく説明し、例を示しています。


免責事項:これは金融アドバイスではありません。借りたり貸したりすることには、固有のリスクが伴います。AlgoDaddyで提示されたプラットフォームを利用する前に、慎重に調査してください。あなたの資本は危険にさらされています。



AlgoFiの利用方法


ここでは、AlgoFiを使用して借用する方法について、ステップバイステップのガイドを示します。私自身、非常にスムーズなプロセスであることがわかりました。動作させるには、Algorand Walletをインストールする必要があります。


まだお持ちでない方は、公式のAlgorand Walletを入手されることをお勧めします。Algorand Walletの設定方法については、Algorand Wallet Guideを書いています。


1. https://app.algofi.org/ にアクセスし、「Connect Wallet」をクリックします。




2. QRコードをスキャンして「OPT IN」してください。

Algorand Walletで取引を承認します。




3. まず最初にAlgoFiに供給する必要があります。

供給したいトークンをクリックします。このガイドでは、Algorandを貸して、STBLを借りています。金額を選び、「Supply ALGO」をクリックします。お使いのモバイルウォレットでトランザクションを受け入れます。




4. 成功!借りられるようになりました。

Algoに供給した価値の約80%でSTBLを借りることができます。




5. ここでも成功!STBLを好きに使ってください。

これで、AlgoFiでの貸し借りが完了しました。そんなに簡単に!しかし、これはローンであり、利息を払っていることを忘れないでください。


免責事項:これは金融アドバイスではありません。借りたり貸したりすることには、固有のリスクが伴います。AlgoDaddyで紹介されているプラットフォームを利用する前に、慎重に調査を行ってください。あなたの資本は危険にさらされています。



おわりに


AlgoFiは、エコシステムのさらなる拡大を可能にするAlgorandへの期待と必要な追加機能の両方を持ちます。特に貸し借りは、資本の流れを可能にし、より本格的な投資家をブロックチェーンに引き付けることができます。AlgoFiは小規模な投資家でも利用できますが、他の貸し出しと同様に、それに伴う固有のリスクを考慮に入れる必要があります。


この記事をお楽しみいただけましたら、寄付をご検討ください。私がより良いAlgorandのガイドや記事を作成するのに役立ちます。私は忙しい私生活の合間を縫ってこれらの記事を書いていますので、どのようなご支援でも大変ありがたく思います。


Twitterで私をフォローするか、私のニュースレター(この記事の下にあります)を購読すると、私が最新の記事を投稿したときに更新されます。


次の機会まで。Algo and out!


AlgoDaddy



元記事:https://algodaddy.blogspot.com/2022/01/AlgoFi-Algorand-Lending.html


↓↓↓わかりやすい解説記事が満載!AlgoDaddyブログ↓↓↓