鍵の再生成(Rekeying):アルゴランド独自の鍵管理アプローチ 

旧来、パブリック・アドレスとプライベート支払鍵の組み合わせを壊すことはできません。つまり、ユーザーが一方を変更するたびに、もう一方を変更しなければならないということです。 鍵の使用量の増加に伴い、この方法は非効率的であり、プライベート支払鍵とパブリック・アドレスを管理する際の安全性が必ずしも確保されているとは言えません。

 

プライベート支払鍵を変更する必要がある場合、パブリック・アドレスとプライベート支払鍵を持つ全く新しいアカウントを開設し、資産を古いパブリック・アドレスから新しいアカウントに移動する必要があります。プライベート支払鍵を変更するだけで済むようなことはありませんでした。これまでは。

アルゴランドの新しい鍵の再生成機能は、ユーザーがパブリック・アドレスを変更することなく、プライベート支払鍵を変更することを可能にします。今日、ほとんどのブロックチェーンは、2つの当事者間のトラストレスな取引を可能にするために、あるウォレットから別のウォレットへの資金の完全な転送を必要としており、これは実質的な非効率性と不必要なリスクを生み出しています。


 

より柔軟に、より安全に

 

アルゴランドの鍵の再生成は、これらのリスクや非効率性を回避し、安全性の高い柔軟性を備えています。パブリック・アドレスとプライベート支払鍵を定期的に変更することは、システム内や使用する機関で、そのユーザーの一貫した識別子が存在しないことを意味します。ユーザーは取引を開始したいと思うたびに、取引を行うためには、取引相手や機関に新しい情報(新しいパブリック・アドレス)を提供しなければならないため、プライベート支払鍵を変更するたびにアドレスが失われるため、取引相手や機関との反復的な取引には永続性がありません。

 

例えば、カストディ・プロバイダーは、多数のプライベート支払鍵を管理し、顧客のために一定の資金の流れに 関するプロセスを作成しなければならないため、今日では運用上の大きな問題に直面しています。鍵の再生成は、デジタル・ウォレットやアカウントがアルゴランドのブロックチェーンを使用して有効になっている場所であればどこでも、鍵のユニークな機能性を可能にします。これにより、パブリック・アドレスの継続的な使用が可能になり、秘密鍵を変更するたびに運用上の一般費用が少なくなるように、永久的な識別子としてそれを強固なものにします。


 

鍵の再生成により、ユーザーは以下のことが可能になります

 

  • パブリック・アドレスを変更することなく、いつでもプライベート支払鍵を変更できる柔軟性

  • 同じパブリック・アドレスを使い続け、資産を維持する能力を持った継続性

  • 既存のパブリック・アドレスを、そのパブリック・アドレスと継続的に取引する他の人や親権者の識別子として維持することで、運用負担を軽減する効率性

>開発者向けページ:Rekeying

​元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/announcing-rekeying