大学・研究機関向け
クリプト/ブロックチェーン/Web3
関連プロジェクト支援・共同研究

アルゴランドはMIT(マサチューセッツ工科大学)発のパブリック・ブロックチェーンということもあり、その設立当初から世界中の大学・研究機関との協力体制構築に積極的に取り組んできています。

ーーーー

世界をリードするテクノロジー教育機関が協力して広範なアルゴランド・エコシステムをサポートしていくことをミッションに2019年に創設された「グローバル大学プログラム」には、マサチューセッツ工科大学(MIT)、北京大学、ローマ・サピエンツァ大学、ストーニーブルック大学、テルアビブ大学、清華大学、カリフォルニア大学バークレー校、サレルノ大学、スヴィッツェ・ラ・イタリア大学、ウォータールー大学の10校が参画しています。

また2022年から開始された「Ace(Algorand Center of Excellence)プログラム」には世界46カ国から550名・77の提案があり、カリフォルニア大学バークレー校、カーネギーメロン大学、フロリダ大学、イェール大学、パデュー大学、モナシュ大学、ローマトレ大学、ミュンヘン工科大学、ケープタウン大学、南洋理工大学の10校(および38の下部組織)が選出され、5年間で総額5,000万ドルの支援のもとで共同研究開発が進められています。

主な活動としては以下が挙げられています。

  • ブロックチェーンおよび暗号通貨分野における学際的な研究

  • 大学のコース、ハッカソン、アクセラレータ、学生主導の組織や活動

  • 実世界でのソリューション、アプリケーション、ユースケースの開発

  • ブロックチェーン技術に基づく社会的インパクトと持続可能性のプロジェクト

  • アルゴランドの教育およびコミュニティの拡大

その他、世界中の様々な大学/研究機関への助成金授与も実施してきています。過去のニュースをご参照ください。