FAQ

FAQ(アルゴランド・インク版)


許可型(Permissioned)ブロックチェーンと無許可型(Permissionless)ブロックチェーンの違いは何ですか?

誰でも参加できる場合、ブロックチェーンはパーミッションレス(無許可型)です。アルゴランドは無許可型のブロックチェーンであり、参加するために必要なコンピュータ計算能力は最小限です。ネイティブトークンAlgoを所有していてオンラインになっているすべてのユーザーは、自動的にブロック・コンセンサスに参加する資格があります。

加入および参加に適切な承認が必要な場合は、許可型ブロックチェーンとなります。

 


プルーフ・オブ・ワーク(Proof-of-Work)とは何ですか?

Proof-of-Workでは、ユーザーは新しいブロックを提案するために複雑な暗号パズルを解く必要があります。パズルを最初に解いたユーザーは、ブロックチェーンにブロックを追加して金銭的報酬を獲得する権利を持っています。このプロセスは非常に費用がかかり、事実上中央集権化されます。たとえば、ビットコインのブロックチェーンは、わずか3つのマイニングプールによって制御されています。

 


多くの異なるタイプの「Proof-of-Stake」プロトコルの違いは何ですか?


分散したコンセンサスを達成するためにブロックチェーン・プロジェクトによる数多くの取り組みがありましたが、アルゴランドは独自のPPoS(純粋なPoS)アプローチを強く信じています。ここでは、最も一般的なProof-of-Stakeアプローチとその違いの概要を示します。

保証金担保PoS(Bonded PoS:BPoS):ノードまたは保証されたバリデーターがブロックを作成してコンセンサスを提供するために保証金を置く必要がある保証金ベースの経済的合意プロトコル。補償金担保(デポジット)が行われると、指定された時間が経過するまで、デポジットを削除できません。多くの場合、ネットワークがそのノードの悪意のある動作を検出すると、デポジットは「スラッシング」と呼ばれるペナルティを受ける可能性があります。。


委任PoS(Delegated PoS:DPoS):固定数の選出されたエンティティ(ブロック・プロデューサーまたは証人と呼ばれる)を選択して、ラウンドロビンの順序(持ち回りで)でブロックを作成するシステム。ブロック・プロデューサーは、ネットワークのユーザーの投票に行って権力を付与されます。各ユーザーは、ネットワーク上で所有しているトークンの数(ステーク:持ち分)に比例した投票数を保有します。または、有権者は自分の持ち分を別の有権者に委任することもできます。別の有権者は、ブロック・プロデューサー選挙に代わって投票します。

純粋なPoS(Pure proof-of-stake™:PPoS):偽造IDを防ぎながら、人々が分散ネットワークに参加する方法を定義する設計実装。これは、ビザンチン合意プロトコルと組み合わせると、大規模なグループの人々が合意を得る方法、または単一の検証可能な真実の情報源を作成するメカニズムです。PPoSは、アルゴランド・ネットワークに参加したい人のために、参加者としてアルゴのアカウントにフラグを付けることで、その意図を示すことができることを意味します(ライトスイッチをオンにするなど)。ユーザーが選択される可能性は、参加意向を示した他のすべてのアカウントと比較した、アカウント内のアルゴの量によって決まります。「純粋」とは、Algoが他のPoSシステムのように一定期間ロックされたり「束縛」されないため、自由に出入りできることを意味します。どのユーザーも、ペナルティや賭け金を失う心配なしに、いつでもライトスイッチをオフにすることができます。

 


フォーキング(分岐)とは何ですか?

フォークは、ブロックチェーンが2つ以上の別々の枝に分割されるときに発生します。最終的には1つの枝のみが存続します。その間、フォークは重大な不確実性を引き起こします。あなたへの支払いが枝の1つだけに表示される場合、あなたはそれが支払われたかどうかがわかりません。なぜならあなたの支払いが表示された枝は生き残らないかもしれないからです。

ハードフォーク:ブロックチェーンを2つの互換性のないバージョンに永続的に分割します。このような分岐は、ブロックサイズの増加など、基になるプロトコルに変更が加えられたときに発生します。ハードフォークは、以前のバージョンのソフトウェアと互換性のないソフトウェア・アップグレードと考えることができます。新しいトランザクション・ブロックの認証と検証を続行するには、すべてのネットワーク参加者がソフトウェアの最新バージョンにアップグレードする必要があります。プロトコルの最新バージョンにまだアップグレードされていないノードによって確認されたブロックは無効になります。PoWプロトコル(ビットコインなど)でハードフォークが発生した場合、マイノリティチェーンへのマイニングサポートがまだある場合、2つのブロックチェーンが同時に存在し続けることができます。ハードフォークは、計画されている場合もあれば、異論がある場合もあります。プロジェクト内のさまざまな利害関係者間に深刻な不一致がある場合、論争の的となるハードフォークが発生します。コミュニティの一部が暗号通貨コードの大きな変更が優れたブロックチェーンを生み出すと信じる場合、通常、論争の的となるハードフォークが発生します。

一時的フォーク:ブロックチェーンの非永続的な分割。 2人のユーザーがお互いに数秒以内に新しいブロックを追加するために必要な暗号パズルを解決するときのPoWプロトコル(たとえば、ビットコイン)におけるそのようなフォーク。既存の枝の1つが十分に長くなると、一時的なフォークは解決されます。最も長いチェーンは「真の」ブロックチェーンであると見なされます。他のチェーンはすべて破棄されます。

ソフトフォーク:ブロックチェーンを2つの互換バージョンに永続的に分割します。このような分岐は、たとえば、ユーザーの一部がブロックサイズを減らすことを決定したときに発生する可能性があります。

 


アルゴランドでは非中央集権化をどのように定義しますか?

私たちにとって、非中央集権化とは、ネットワークの真実の唯一のソースとして、集中化されたエンティティを信頼する必要がないことを意味します。ネットワークを実行および維持する責任は一般ユーザーにあります。

 


ボーダレス・エコノミーとは何ですか?

ボーダレス・エコノミー(国境のない経済)では、現在の金融ネットワークの摩擦なしに、価値のあるものをどこにいても2つ以上の当事者間で取引できます。


アルゴランド・ネットワークの場合、アカウントがオフラインまたはオンラインになるとはどういう意味でしょう?アカウントは、合意プロトコルに参加していない場合はオフラインで、それ以外の場合はオンラインです。どちらのアカウントも常に取引できます。オフラインアカウントは、ブロックチェーンに特別なトランザクションを投稿することにより、オンラインになる(またはその逆)ことを選択できます。

 


分散プロトコルにはどのような種類の敵が存在しますか?

静的な敵とは、プロトコルの実行が開始される前に選択された、固定されたユーザーグループを制御する敵です。

動的な敵は、より強力な敵であり、プロトコルの実行中にいつでも動的にユーザーを破壊する可能性があります。たとえば、ネットワークを介してメッセージ(たとえば、ブロックのデジタル署名)を送信した後、攻撃者はユーザーを破損させる可能性があります。


ネットワークの敵とは、ユーザーがプロトコルを実行するために使用する通信ネットワークを制御できる敵です。たとえば、このような攻撃者は、ユーザーによるメッセージを破棄または遅延させる可能性があります。


アルゴランド・プロトコルは、静的、動的、およびネットワークの敵に対して回復力があります。

 


アトミック・スワップとは何ですか?

アトミック・スワップにより、一方の当事者がデフォルトに陥るリスクなしに、2つの当事者が異なる暗号通貨/トークンを交換できます。従来のアトミック・スワップは、複数のステップ(時間ロックとハッシュロックの両方を使用)で実装され、完了するまでにかなりの時間が必要です。アルゴランドは、atomic² swapsを主導しています。このスワップにより、アルゴランドのチェーン/サブチェーンの2人のユーザーは、単一のトランザクション(ロックなし)を使用して、お金や異なる資産を簡単に交換できます。

 


スマートコントラクトとは何ですか?

スマートコントラクトは、当事者間の合意の条件をコード行に直接書き込んだ自己実行契約です。コードと契約は、分散型の非中央集権ブロックチェーン・ネットワーク全体に存在します。スマートコントラクトを使用すると、信頼できる第三者を必要とせずに、信頼できるトランザクションや契約を異種の匿名の当事者間で実行できます。既存の多くのスマートコントラクト・プラットフォームは非効率的で安全ではありません。


アルゴランドはsmart² contracts™を開発しています。これは、よりスケーラブルで安全な形式のスマートコントラクトです。


BLSとは何ですか?

BLSは、2001年にBoneh-Lynn-Shachamによって導入されたデジタル署名方式です。デジタル署名方式は、メッセージが送信側によって認証されたことを証明するための基本的な数学的設定です。BLSはペアリングに適した曲線に依存し、非インタラクティブな集約プロパティをサポートし、スケーラビリティに不可欠なブロックチェーンの帯域幅とストレージ要件を削減します。


ビザンチン合意とは何ですか?

ビザンチン合意は、分散システムのユーザーが悪意のある者の存在下で合意に達することを可能にする通信プロトコルです。

アルゴランドのビザンチン合意は、検証可能なランダム関数(VRF)の斬新な使用により、非常に効率的です。


暗号化くじ引きとは何ですか?

暗号化くじ引きは、アルゴランドの革新です。潜在的な敵を含め、他の誰にも知られることなく、一連のユーザーがアルゴランドのコンセンサス・プロトコルに参加するために秘密裏に自分自身を選択することができます。


アルゴランド・オークションはどのように機能しますか?


アルゴランドのトークンのダイナミクスとオークションについては、algorand.foundationにアクセスしてください。


アルゴランド・ネットワークのノードのタイプは何ですか?

アルゴランド・ネットワークには2つのタイプのノードがあり、分散と高いトランザクション・スループットを同時に最適化します。

リレーノードは非常に効率的な通信経路を可能にします。

参加ノードはブロックを提案して投票します。

 


Vaultとは何ですか?

Vault™はアルゴランドチームによって開発されたブロックチェーン圧縮技術であり、ストレージとブートストラップのコストを最小限に抑えます。詳細については、このブログ投稿をご覧ください。

 


VRFは何の略ですか?

VRFは、検証可能なランダム関数を表します。これは、Silvio Micali、Michael Rabin、およびSalil Vadhanによって導入された暗号プリミティブで、入力を検証可能な疑似ランダム出力にマップします。アルゴランドはVRFを使用して秘密の暗号化くじ引きを実行し、コンセンサス・プロトコルを実行する委員会を選択します。

アルゴランドによって主導されたこの革新は、他のブロックチェーン・プロジェクトでも在この概念を使用されています。

詳細については、このブログ投稿をご覧ください。

 

ゼロ知識証明とは何ですか?

ゼロ知識証明は、Silvio Micali、Shafi Goldwasser、Charles Rackoffによって導入されたプロトコルであり、ある当事者がステートメントの有効性を証明することなく、ステートメントの有効性を他の当事者に証明できるようにします。たとえば、ある当事者は、それ自体を明らかにすることなく、難しい数学問題のソリューションを知っていることを証明できます。

 


ユーザー交換可能性とは何ですか?

ランダムに選択されたユーザーのサブセットが各ステップを正常に実行できる場合、プロトコルはユーザーを交換できます。従来のプロトコルは、すべてのステップを実行するために同じユーザーのセットを必要とするため、ユーザーを交換することはできません。ユーザーが交換可能なプロトコルは真に分散化されているため、アルゴランドは敵に対して非常に安全です。ユーザーの交換可能性は、単一の委員会がすべてのラウンドを実行することを要求する代わりに、各ラウンドの委員会メンバーをランダムに選択することによって正常に実行できるプロトコルの特性です。プレーヤー交換可能なプロトコルは真に分散化されているため、アルゴランドは敵に対して非常に安全です。


ブロックチェーンの基本的な概念は何ですか?

ブロックチェーンを初めて使用する場合は、必ずこちらのブロックチェーン101のセクションをご覧ください。以下は、いくつかの役立つ用語です。

ブロック:ブロックチェーン上のトランザクションの記録。元帳のページや新聞のページに似ています。

ユーザー:ブロックチェーンの参加者(プレイヤーまたはアカウントと呼ばれることもあります)。

コンセンサス:複数の当事者がネットワークの状態について合意に至ること。

トランザクションのファイナリティ:ブロックチェーン・ネットワーク上のトランザクションがブロックに書き込まれ、最終的で不可逆と見なされる期間。通常、ブロックの量で測定されます(たとえば、ビットコイン=〜10ブロック、アルゴランド= 1ブロック)。