https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

Algofiとアルゴランド財団、DeFiの採用を促進するため、300万ドルの流動性マイニング・イニシアティブを立ち上げ

更新日:2021年12月31日



Algofiとアルゴランド財団、DeFiの採用を促進するため、300万ドルの流動性マイニング・イニシアティブを立ち上げ

by Algofi


流動性イニシアティブは、Algofiプロトコルの初期ユーザーにALGOをアルゴリズムで配布する予定です。


アルゴランド初のアルゴリズム貨幣市場兼ステーブルコインであるAlgofiは、アルゴランド財団と提携し、Aeneas流動性プログラムを通じて2022年第1四半期に200万ALGOを配布することを決定しました。2022年1月から、Algofiのユーザーは、ALGO、STBL、USDC、goBTC、goETHを借りたり貸したりすると、アルゴリズムでALGO報酬を獲得することができます。


ALGOは、アルゴランド・ブロックチェーンのネイティブ暗号通貨です。ALGOは、ブロックチェーンのセキュリティ、手数料の支払い、ガバナンスでの投票に使用されます。ALGOの流通量上限は100億となっています。


アルゴランド財団のAeneasプログラムは、Algorand DeFiエコシステムの成長を加速させるため、9月に発表された3億ドルViridis Fundからの資本でシードされています。その目標は、3つのDeFiの柱をすべて同時に起動させるという、特異かつ野心的なものです。


  1. 新規参入者と移行者のための堅牢なブリッジ(Algomint

  2. 意欲的なトレーダーやマーチャントのためのAMM DEX (Tinyman)

  3. 資本効率化のための借入・貸付アーキテクチャ(Algofi)


Algofiは最近、Union Square Ventures、Arrington Capital、Pillar VCが主導する280万ドルのシードラウンド資金調達を発表しました。さらに、Algofiは12月17日にローンチし、上記のDeFiの3つ目の柱をアルゴランドにもたらしました。


Algofiは、ローンチ後の1週間で総額2,000万ドルを超える金額をロックし、ローンチ時に設定された流動性の上限を達成しました。アルゴランドのエコシステムには、成長中の分散型取引所であるTinymanも含まれており、1日の取引量は500万ドルを超え、総額4,000万ドルの価値がロックされています。その他のプロジェクトには、最近独自の報酬プログラムを発表したイーサリアムとビットコインのブリッジであるAlgomintや、損失なし宝くじとステーキングの契約プラットフォームであるYieldlyがあります。


「Algofiの立ち上げは、Algorand DeFiのエコシステムにとって極めて重要な瞬間に来ています。アルゴランドは妥協のないスケーラブルなブロックチェーンを提供していますが、今まさに新興のDeFiの世界に足を踏み入れようとしているところです。Algofiのローンチはエコシステムにおける流動性を促進し、すでに取引活動に測定可能な影響を及ぼしています。これらは、来年がアルゴランド上のDeFiにとって爆発的なものになりそうな兆候です」とAlgofiの共同創業者であるOwen Colegroveは述べています。



Algofiについて


Algofiは、分散型融資を広く利用可能にするアルゴランド・ブロックチェーン上の高速、低コストの暗号融資市場およびステーブルコインです。Algofiは、アルゴランドの成長するDeFiエコシステムを利用した普通預金口座やクレジットカードなどの伝統的な銀行サービスを提供することを計画しています。投資家には、Union Square Ventures、Arrington Capital、Pillar VCが含まれます。詳細については、www.algofi.org をご覧ください。



元記事:https://blog.algofi.org/algofi-and-algorand-foundation-launch-a-3m-liquidity-mining-initiative-to-drive-defi-adoption-673aaaf8d662