https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

Tinyman - 知っておくべきすべてのこと by AlgoDaddy

更新日:1月13日



Tinyman - 知っておくべきすべてのこと by AlgoDaddy


このAlgoDaddyの記事では、Tinyman - Algorands初のDEXとトークン・スワップについて解説しています。多くの皆さんの多くがこれを求めていましたが、ようやくトークン/ASAスワップの魔法の世界に誘うときが来ました。Algorandを使えば、あなたが思っているよりもずっと簡単で、怖くありません!


この記事は3つの主要な部分から構成されています。


  1. Tinymanとは?

  2. Tinymanの流動性プールの説明

  3. Tinymanを使ったスワップ方法のガイド


その前にASAという概念を知らない人のために簡単に説明します。



ASAとは?


ASAとは、Algorand Standard Assetの略で、日本語では「アルゴランド標準アセット」と訳されます。簡単に言うと、ASAはAlgorandのプロトコル上で利用可能な暗号トークンのかっこいいネーミングに過ぎません。しかし、実際にはもう少し複雑で、ASAは多くの実用性と様々なユースケースを提供し、単に暗号通貨として機能するわけではありません。もし、もっと詳しく知りたい場合、以前ASAについて説明したこちらをご参照ください。



Tinymanとは?


Tinymanは、Algorandブロックチェーン上のすべてのトークンのための分散型マーケットプレイスです。2021年10月7日にローンチされ、ローンチ前に複数の投資家から合計250万ドルを調達しています。


TinymanのプラットフォームはAlgorandのエコシステムにとって革命的なものです。Algorandと異なるASAの間、あるいはASA同士の間で流動性プールを形成することができるのです。つまり、トークンを取引するために取引所に上場する必要はないのです。さらに、ユーザーや開発者は、これまで存在しなかったトークン・ペアの流動性プールを独自に立ち上げることができます。それだけでなく、これらすべてが安全で安価で高速なプロトコルによって提供されます - Algorandの基盤技術に大いに感謝しています。



Tinymanの効果


Tinymanのローンチにより、エコシステムがより身近になり、Algorandコミュニティもより活発になりました。ユーザーは、人気のあるAlgorandトークン(Yieldly、Opulous、Headlineなど)を自由に取引することができるようになったのです。さらに、いくつかの新しいコミュニティ・トークンが作成され、それらはすぐに人気を集めました。最も有名なのはAkita Inuトークンです。


とはいえ、Tinymanのローンチ後にも多くの詐欺コインが作られたことはご存じでしょう。しかし、Tinymanの開発者による実装と、コミュニティの一般的な意識の高まりにより、時間の経過とともにこれらを避けることは容易になっています。



AlgoSwap


Algorandを拠点とする企業HEADLINEは、世界初の埋め込み型分散型取引所であるAlgoSwapを発表しました。たった7行のコードで、ユーザーは自分のウェブサイト(Wordpressブログ、会社のホームページなど)に埋め込み型DEXをホストできるようになりました。AlgoSwapはTinymansの流動性プールを介して提供されています。



Tinyman流動性プール


DEXやスワップ・プラットフォームに何らかの形で関わるのであれば、流動性プールの概念を理解することが基本です。Tinymanで暗号通貨やトークンのスワップを可能にするのは、流動性プールです。誰でもTinymanの流動性プールに貢献することができますが、両方のトークンを同じ価値(米ドル建て)で提供する必要があります。流動性プロバイダーは、プールを通じて行われた各スワップに対して、まとめて0.25%の利益を得ます。つまり、あなたの報酬は、あなたがプールに提供しているプール金額の合計(0-100%)の大きさに依存することになります。


例えば、あるプールの流動性の10%を提供し、そのプールが1日に取引手数料で100ドルを稼いだ場合、100ドルのうち10%、つまり10ドルがあなたの報酬となります。


参加者がトークン・プールに流動性を提供することは、トークンやプロジェクトの健全性を維持するために不可欠です。しかし、プロジェクトの開始時にこれを行うのは、主にプロジェクト開発者の責任であるべきです。なぜなら、コミュニティがこの投資を最初に負担するのは非常にリスクが高いからです。



Tinymanで流動性を提供することのリスク


流動性を提供することにリスクがないわけではありません。あなたは本質的に2つの異なるトークンに同時に投資しており、プールは常にあなたの2つのトークンを相互にリバランスしているのです。例えば、ALGO-YLDYプールに100 ALGOと7000 Yieldlyを投入シた場合、後に50 ALGOと14000 YLDYになって戻ってくるかもしれないということです。これは主に、2つの異なるトークンの価格が互いにどのように変化するかによります。


Impermanent Loss!?


さらに、1つのトークンのみが大きく値上がりして儲かるということは、明らかではありません。むしろその逆で、大きな利益のほとんどを失ってしまう可能性が高いのです。これは、Impermanent Lossと呼ばれるものです。その名前に惑わされないでください、その損失は非常に永久的なものになる可能性があります。両方のトークンが同時に値下がりした場合は、なおさらです。Impermanent Lossについてもっと知りたい方はこちら。リンク先の記事はイーサリアムDEXで流動性を提供するために書かれたものですが、Tinymanを通じたAlgorandブロックチェーン上のスワップにもこのコンセプトは当てはまります。


Rug-pulls!?


Tinymanの登場により、基本的に詐欺であるマイクロ・トークンや「プロジェクト」がたくさん出てきました。Rug-pullとは、あるトークンの作成者が、プロジェクトを「助ける」ことを期待した十分な数のユーザーがALGOをプールに提供したときに、LPからすべてのALGOを引き抜くことを意味します。彼らは、偽のマーケティングを行い、Tinymanシステムを操作してトークンの価格を不正につり上げることでこのようなことを行います。この仕組みの詳細については説明しませんが、基本的に彼らは、作成されたトークンのシェアを売り払い、ALGOのプールを完全に枯渇させる力を持っています。このため、LPホルダーは、流動性プールに占める割合が0.1 ALGOと100000 $ScamTokenの価値しかないことになります(ユーザーは最初に100 ALGOと1000 $ScamTokenを投入していたかもしれません)。



ここで、初めて流動性を提供する人のための3つのルールを紹介します。


  1. Tinymanで流動性を提供する方法を学ぶために始めるときは、1つのトークンがステーブルコイン(USDC、USDT)であるプールにのみ提供すべきです。これは、両方のコインが同時に価値を失うことがないため、損失のリスクを軽減することができます。

  2. トークンを信じていて、その成長を助けたい場合に流動性を提供する。検証済みで、合法的なプロジェクト計画を持っていることを確認する。開発者の身元が公開されていればなお良し。

  3. 検証されていないトークンにLPを提供しない。少なくとも、絨毯爆撃を受けるリスクは小さくなります。


最後に、失うことができない額は投資しないこと。これはTinymanに限らず常識的なアドバイスのはずなので、上記の3つのルールに入ませんでした。




Tinymanでスワップする方法


トークンのスワップにTinymanを使うのは簡単です。ここでは、最初のスワップを完了するための5つの簡単なステップを説明します。


1. ブラウザーでTinymanアプリケーションを開く。



2. Algorand WalletをTinymanに接続します。


ウォレット・アプリからQRコードを読み取る。確認し、オプトインする。



3. 交換したいトークンを2つ選択します。

このガイドでは、ALGOとYieldlyを使用しています。スワップしたい金額を選択します。まだウォレットにトークンがない場合はOPT INを押します。


また、スリッページは0.5%にしておくことをお勧めします。




4. SWAPを押し、CONFIRM SWAPを押す。



5. Algorand WalletアプリケーションでTinyman Swapに署名します。


このステップはアプリでスクリーンショットが撮れないので紹介できませんが、Algorand Walletに取引を確認するポップアップが表示されます。



おめでとうございます!初めてのスワップです。



Tinyman - 最後に


Tinyman DEXは、Algorandエコシステムに創造的破壊をもたらすものであり、私はこの言葉を最高の意味で使っています。Algorandブロックチェーンは、安全でスケーラブルで高速な技術を使って、新しいトークンを簡単に作成することができます。お互いのトークンやAlgorandの間でトークンを交換できることは、分散化だけでなく、エコシステムの関与と拡大にとって重要なステップとなります。


"利益もあればリスクもある"


流動性プールの仕組みを理解することは、TinymanのようなDEXやSwapプラットフォームに従事する人にとって基本的なことです。良い利益を得ることができますが、分散型金融の深みに飛び込むと、自分が何をしているのかを知らなければ、痛い目に遭う可能性があります。スワップや流動性を提供する前に、自分自身を教育してください。この記事を読むことで、あなたはすでに正しい方向へ一歩を踏み出したことになります。


それでは、Tinymanで少し遊んでみてください。もっと知りたい方は、「Algorandとブロックチェーン全般の仕組み」の記事をご覧ください。


Algo and out!


アルゴダディ



元記事:https://algodaddy.blogspot.com/2021/12/tinyman-explained.html


↓↓↓わかりやすい解説記事が満載!AlgoDaddyブログ↓↓↓