DeFi(分散型金融)世界のための次世代スマートコントラクト

分散型金融は世界のブロックチェーン・エコシステムの中で最も急速に成長している分野ですが、まだまだ発展途上であり、多くの潜在的な可能性を秘めています。既存の金融サービスに代わるものを作ろうと、様々な金融のユースケースに対応した洗練されたdApps(分散型アプリケーション)を開発する開発者が増えてきています。これらのユースケースは、単純な取引(ピアツーピアの支払いなど)から、ローン、資産取引、保険、取引所、資産のトークン化など、より複雑でマルチパーティなアプリケーションまで多岐にわたっています。

金融業界では、その活動のほとんどが従来型の契約書に基づいて行われていますが、その契約書に記載されている条件の履行状況を検証するために、信頼できる第三者が関与していることが多いです。この方法は、時代遅れであり、時間がかかり、最も重要なことは、今日の金融機関にとって費用対効果が高くありません。アルゴランドのスマートコントラクトは、ブロックチェーン上に保存され、特定の条件が満たされると自動的に実行される基本的なコード行であり、開発者は拡張性が高く、安全で、実行にかかるコストが低いdAppを構築することができます。すべてのブロックチェーン開発者にとって不可欠なツールであるスマートコントラクトは、ブロックチェーン技術の採用を加速させ、DeFi業界全体の勢いを増すことに貢献しています。

残念ながら、DeFiの開発者は、既存のスマートコントラクトでは多くの課題に直面しており、多くのdAppが主流の採用を妨げています。

  • 高い実行コスト:レガシーネットワーク上でのスマートコントラクトのやり取りや実行に必要な手数料は非常に高く、経済的な実行可能性に疑問符がつくことが多く、悪質なマイナーを煽ることでブロックチェーンのセキュリティを損なう参入障壁となっています。

  • スケーラビリティとスピード:第一世代のブロック・コンセンサスの時間は非常に遅く、通常のフォークも発生しているため、何百万人ものユーザーに規模を拡大することは不可能です。

  • セキュリティ上の問題:レガシーなスマートコントラクトには、スマートコントラクト内の資産を危険にさらす可能性のあるバグが多数存在します。

DeFi が主流の採用に迎えられ、現実のユースケースの代替となるためには、これらの問題を解決しなければなりません。そうでなければ、DeFiは金融業界の外辺のユースケースのままで、正当なエコシステムというよりは単なる実験として知られることになるでしょう。

DeFiを前進させるためには、分散化、拡張性、安全性というブロックチェーンのトリレンマを解決した次世代のオープンソース、パーミッションレスのブロックチェーンが必要です。アルゴランドは多くの開発者にとってデファクト・プラットフォームとなり、メインネットの立ち上げから1年以内に多くのdAppが構築され、人気を博しています。

 

レイヤー1上でのアルゴランド・スマートコントラクト

アルゴランドは、レイヤー1プリミティブに直接機能を追加しながら、セキュリティ、スケール、分散化の基本的な属性を提供するスマートコントラクトの最新バージョン(ASC1)をリリースします。これにより開発者は、アプリケーションが必要とするスピード、費用対効果、シンプルさを犠牲にすることなく、ネットワークを活用することができます。またアルゴランドは、幅広いアプリケーションの基礎となる複雑なカスタムdAppsの簡略化されたツールと事例を提供しています。ブロックチェーンの採用を阻害する技術的な障壁を取り除くうえで、アルゴランドのスマートコントラクトは非常に柔軟で信頼性が高く、完全な透明性を提供する改ざん防止(トラストレス)ネットワーク上で実行され、エラーがなく、不変で正確なアプリケーションを提供します。アルゴランドのスマートコントラクトは、今日の既存の金融サービスに匹敵するような大規模で複雑なプログラムを構築する開発者の力となっています。

DeFiアプリケーションの利点は、第一世代のブロックチェーンの欠点で足止めされるには、あまりにも多く、大きく、重要すぎます。DeFiは、本質的に無制限の数の金融商品やサービスへのアクセスを世界中に提供し、米国を含む世界中で17億人の銀行口座を持たない人々(米国の25%が銀行口座を持たず、または十分な銀行サービスを受けていない)を支援します。

アルゴランドの他の機能をチェックして、アルゴランドがどのようにスケーラブルで安全かつ高速な金融アプリケーションを構築するために設計されているかを学んでください。

  • 資産のトークン化、アルゴランド標準資産では、支払いのためのリアルタイム・グロス決済に使用できるカスタマイズ可能な資産を作成するための簡単な方法を使用

  • アトミック転送は、エスクローやタイムロックされた契約に依存することなく、多くの当事者間で同時に多数の資産を安全な方法で瞬時に転送するものです。真のアトミック転送では、支払いの待ち時間とカウンターパーティーのリスクが取り除かれ、市場取引のスピードアップと担保要件の緩和が実現します

  • 鍵の再生成(Rekeying)は、パブリック・アドレスを変更せずにいつでもプライベート支払鍵を変更できる柔軟性をユーザーとカストディ・プロバイダーに提供し、パブリック・アドレスの永続性を高め、アカウントの新規作成を可能にしながら運用上の一般費用を削減します

  • 共通のスケーラブルで相互運用可能なプラットフォーム標準を提供することで、アプリケーション開発のスピードアップ、イテレーションの増加、コスト効率の高い機能によるより迅速な展開を実現します

 


アルゴランドの画期的なオープンソース・ブロックチェーン・プラットフォーム

アルゴランドは、チューリング賞、ゲーデル賞、RSA賞受賞者で、現代の暗号技術の基礎となる多くのプロトコルの発明に貢献した著名なMIT教授シルビオ・ミカリによって創設されたものです。彼と世界的に有名な暗号学者、技術者、研究者、経済学者からなるチームは、第一世代のブロックチェーンを研究し、いくつかの欠点を発見し、新しいブロックチェーンを再構築することを決断しました。現実の問題を解決するブロックチェーンで、すぐに導入できるようになっています。アルゴランドのプロトコルは、Pure Proof of Stake(Pure PoS)を使用し、マイナーは存在せず、フォークすることはありません。

アルゴランドは、アプリケーション開発のスピードアップ、反復性の向上、コスト効率の高い機能を備えたより迅速な実装を実現する、共通のスケーラブルで相互運用性の高いプラットフォームを提供しています。詳細については、algorand.com/contactまでお問い合わせください。

 


アルゴランドのスマートコントラクトが、主要なDeFi取引でどのように役立つか

エスクロー

伝統的な金融では、エスクロー口座とは、事前に決められたイベントが発生したり、条件が満たされるまで資金をロックしておくものです。エスクローベースのアプリケーションの例としては、アリスがローンを必要としている場合、彼女の貸し手であるボブは、アリスが彼に返済できない場合にボブが請求できるエスクロー口座に別の資産を置くことを条件にそれを提供しています(担保付きローン)。資金は、2つの条件のいずれかでリリースすることができます。1) アリスが有効期限後にローンを返済せず、ボブがアリスの資産を請求できるか、2) アリスが有効期限前にローンを返済し、アリスがエスクロー口座から彼女の資産を取り戻すことができる。伝統的な金融では、資金を「アンロック」するイベントや条件は、通常、銀行のような中央集権化された信頼できる仲介者によって管理されているため、高い手数料と転送における摩擦の対象となります。

アルゴランドでは、この同じコンセプトを、エスクロー口座としてステートレス・スマートコントラクトを用いて実装しています。この技術では、資金をリリースするために必要な同じ2つの条件が契約口座自体のロジックによってエンコードされており、したがって安全性が確保されているため、中央集権者が条件が満たされたかどうかを判断して取引を調整しなければならないという必要がありません。アルゴランドの契約口座を介して条件が満たされたときに資金を請求することは、単純なアトミック転送であり、5秒未満の時間と1ペニー未満の手数料だけがかかります。

 


シンセティック(合成商品)

合成暗号通貨資産は、投資家が保有する暗号通貨を使用して、ブロックチェーンのエコシステムを離れることなく、フィアット(不換紙幣)や金のようなコモディティなどの様々な資産の株式を購入することを可能にします。さらに興味深いことに、投資家は分散型取引所への投資のスピードとセキュリティの利点を維持しながら、保有する暗号通貨のボラティリティを緩和する方法を提供します。これはスマートコントラクトの実装によって可能になります。これは、合成資産の価値に対してネイティブトークンのステークをペッグし、資産の価値が上がったり下がったりすると、そのステークを同等の金額で調整します。シンセティックは、世界中の投資家が資産の実物を所有することなく、従来の金融システムへのオープンアクセスを可能にし、DeFiムーブメントの推進に貢献しています。

 

ステーブルコイン

合成暗号通貨資産と同様に、ステーブルコインの最大の魅力は、デジタル通貨のボラティリティが高くなるリスクを利害関係者が負うことを最小限に抑えられることです。このようなボラティリティの高さは、人々がその価値が標準として一般的に受け入れられていないトークンへの投資を躊躇していることから、デジタル通貨の普及を遅らせる最大の障害の1つとなっています。ステーブルコインは、スマートコントラクトを使用して米ドルやユーロのような安定した資産に固定されているため、投資家が負うリスクを大幅に軽減することができます。このようにして、利害関係者はより多くのリスクを負うことなく、ネイティブトークンと同じスピード、セキュリティ、相互運用性のすべてを体験することができるようになります。業界をリードするステーブルコインの2つであるTetherとUSDCは、すでにアルゴランドのブロックチェーン上でローンチされており、組織や金融機関は、カウンターパーティーリスクを軽減しながら、ブロックチェーン上に高速でスケーラブルなアプリケーションを構築することが可能になっています。

 


クレジットと融資

DeFiアプリケーションは、現代の問題に対する膨大な解決策を提示していますが、その中でも特に価値のあるアプリケーションの1つが、クレジットや融資の分野にあります。アルゴランド・ブロックチェーンの分散化された安全でスケーラブルな性質は、伝統的な金融サービスへのアクセスを欠いている個人のための新しい融資の機会を開きます。分散化された金融環境での貸し出しは、借り手が悪いクレジットスコアのような中央集権的な企業からの借り入れの通常の制限を周回することを可能にします。しかし、貸し手は何らかの仲介者なしにやみくもに借り手を信用することはできません。伝統的に、この検証プロセスは、追加料金を取る第三者を必要としますが、スマートコントラクトは、契約の条件が満たされていたかどうかを受け入れるか拒否するコードの自己実行行でその仲介を置き換えるという価値提案を提供しています。スマートコントラクトの統合に関連したコンプライアンスコストがないため、企業はより多くのクレジットを低コストで提供することができるようになります。その結果、より多くの人が自分のニーズに最適なより安いローンを利用できるようになります。

 


取引所と流動性

分散型取引所はブロックチェーン上に構築され、ブロックチェーンのネイティブトークンで構成されるピア間のシームレスな取引を可能にします。取引所に組み込まれたスマートコントラクトが、仲介者を介さずに自動的にこれらの取引を照合、検証、確定します。これらの取引所は投資家に流動性を提供し、投資家はデジタル資産を数秒のうちに必要な用途に応じて交換することができます。例えば、アリスがボブにお金を払う必要があるとします。ボブは支払い手段としてAlgos (ALGO)しか受け付けませんが、アリスはデジタルウォレットにBitcoin (BTC)しか持っていません。しかし、分散型取引所では、アリスは数秒でこの交換を行うことができ、新しく取得したALGOにアクセスすることができ、それをボブに送ることができます。分散型取引所はチェーン間の相互運用性を高めることにつながり、デジタル通貨の主流の採用には不可欠な要素となりますが、すべての組織のニーズに完璧に対応できるわけではありません。アルゴランドの最新リリースは、レイヤー1のステートフル・スマートコントラクトを導入しており、開発者は、売買のオファーを追跡し、それをマッチングさせるステートフル・アプリケーションを構築することができます。

 


信用取引

アルゴランドのスマートコントラクト(ASC1)を搭載したデジタル資産を使った信用取引では、投資家はブローカーから借りた資金を使って、ブローカーからの融資の担保となる金融資産の取引を行うことができます。ASC1は、カスタムルールやロジックを自動的に実行する機能を備えており、従来の金融ゲートキーパーを介さずに信用取引が可能となり、取引コストを削減し、そこから得られる潜在的なリターンを向上させることができます。デジタル通貨の信用取引の最終的な目標は、レバレッジド・ペイアウトという形でより高い割合のリターンを得ることです。これにより、借り手は既存の暗号通貨にさらにレバレッジをかけることができ、得られる潜在的な報酬と取引に関連するリスクの両方を高めることができます。レバレッジをかけられた資金が多ければ多いほど、投資家がそれに関連したレバレッジを体験するためにロックインしなければならない担保が多くなります。例えば、2倍のレバレッジをかけた信用取引を行うと、損失や利益の可能性が2倍になります。信用取引を行うことで、トレーダーは暗号通貨の不安定な性質をより大きく利用することができ、うまくいけば、市場の上昇に合わせてレバレッジをかけた投資をタイミングよく行うことができます。また、信用取引を利用してデジタル資産を空売りすることもでき、投資家は市場の上昇と下降の両方を利用することができます。

 


代替貯蓄

代替貯蓄口座は、これらのアカウントに置かれた資金が意欲的な借り手に貸し出されるように通貨プールに転送されることで、銀行が提供する伝統的な貯蓄口座と同じ目的を果たしています。このプールから、借り手は資金にアクセスすることができ、貸し手は報酬を得ることができます。これらの代替貯蓄口座は、スマートコントラクトを使用して構築されており、従来の貯蓄口座よりも広い範囲の利点を提供しています。スマートコントラクトは、信頼性の高い方法で自己実行するので、そうでなければ、貸し出された資金で得られた利息のカットアウトを取る仲介者の必要性がありません。DeFi貯金では、貸付金から蓄積された利息の量に基づいて、普通預金口座の保有者に報酬が分配されます。通常、従来の普通預金口座では約1%のAPY(年間利回り)が得られますが、一部の代替預金口座では5%以上のAPYを得ることができます。最後に、これらのアプリケーションは、銀行口座を持たない人々に新しい投資手段へのアクセスを提供し、彼らの資金がグローバルな金融エコシステムに参入することを可能にします。また、デジタル通貨に完全に精通していない個人が、限られた知識で投資するのではなく、預かった資金に高い金利を積み上げることで、そのメリットを享受することも可能になります。

 


決済ソリューション

支払いベースのアプリケーションは、ある当事者から別の当事者に資金を転送することを主な目的としています。アルゴランド・モバイル・ウォレットは、支払いベースのアプリケーションの一例です。アルゴランドは、通貨としてネイティブのトークンであるAlgoを使用して、標準的な支払い取引を提供します。支払いアプリケーションは、アルゴランドの標準資産として表されるステーブルコインのような、別の基礎となる通貨またはトークンを使用して実装することもできます。アルゴランドのトランザクションは、平均して5秒以内に最終的なものになります。

2つ以上の当事者間で資産を取引するには、相手が取引を履行してくれるという信頼が必要です。このリスクを軽減するために、銀行のような信頼できる仲介業者を利用して、取引を促進し、保証することがよくあります。この中央集権型の銀行は、特に国際的な送金の場合、手数料が高く、送金に時間がかかることが多いです。アルゴランド・ブロックチェーンでは、2つ以上の資産の保証付き取引が、相手の信頼や中央集権的な仲介者を必要としないシンプルな技術革新に単純化されています。これはアトミック転送と呼ばれています。アルゴランド上のアトミック転送は、レイヤー1で構築されており、単純にグループ化された(1つのグループに属するトランザクションは最大16個まで)トランザクションをまとめてネットワークに送信します。いずれかのトランザクションが失敗した場合、すべてのトランザクションが失敗します。これらのアトミック転送は、支払い、アセット転送、スマートコントラクト・コールなど、あらゆるタイプのアルゴランド・トランザクションで使用することができます。

 


予測市場

予測市場では、ユーザーは、次の米国大統領選挙やCOVID-19のワクチンが発見された場合など、イベントの結果に応じて株式を売買することができます。今日の予測市場は中央集権型であり、一般的に一人の人間がイベントの結果の発生を確認したり否定したりしているため、潜在的には詐欺行為が行なわれる可能性があります。分散型の予測市場では、何千人ものユーザーがイベントの結果を報告し、結果が正確であることを保証します。この「群衆の知恵」の実装により、特定の結果に関連するオッズが作成され、一人の悪質な参加者によるライン操作のリスクが減るため、これらの市場はより公平になります。

分散型予測市場のユニークな点は、何に「賭ける」かに制限がなく、賭ける金額にも制限がないことです。しばしば、中央集権型の予測市場は、ベットの大きさに制限を設けることで、ユーザーの稼ぐ能力を操作することができます。これは、中央集権的な会社が損失を大きく取らないことを保証しますが、賭けをするユーザーが利益を得る確率を大幅に下げることにもなります。スマートコントラクトは、予測市場業界から中央集権的な仲介者を排除し、取引手数料を削減し、資金は第三者に保有されず、いつでも引き出すことができるため、資金の安全性を高めます。イベントの結果が報告されると、自動化されたスマートコントラクトが実行され、ユーザーの予測が正しければ、適切な金額の資金が分配されます。スマートコントラクト・ロジックを予測市場に適用することで、摩擦のないユーザーエクスペリエンスを実現し、どんな予測もコミュニティによってカスタム市場にすることができます。

 

 

マーケットプレイス

今日のオンライン・マーケットプレイスは、AmazonやeBayのような中央集権的な事業体によって支配されており、サイト上での取引条件を決定し、プラットフォーム上で行われたすべての取引から手数料を徴収しています。スマートコントラクトを利用した分散型のマーケットプレイスは、ピアツーピアのネットワークであり、売り手は中間業者の存在なしに直接買い手に商品を販売することができます。さらに、マーケットプレイスの制御が中央集権化されている場合、ハッカーがサーバーを操作するために大量のコンピューティングパワーを展開することができるため、マーケットプレイスは危険にさらされたままになります。スマートコントラクトは、ユーザーが買い手と売り手の間で取引条件を決定し、取引プロセス全体を通して不正行為から取引条件を保護する力を与えます。スマートコントラクトは、独立した分散型のマーケットプレイスを作成するために使用することができますし、現在私たちが知っていて広範囲に使用している現行のプロセスを改善することもできます。例えば、既存のマーケットプレイスで買い手と売り手の間で紛争が発生したとすると、事前に作成した契約の条件がすべて満たされるまで取引される資産は解放されないため、スマートコントラクトは紛争を簡単に解決することができます。また、分散型取引所が解決するもう一つの課題は、データのプライバシーの問題です。検証のためにネットワークの利用者と仲介者の間で機密情報を共有する必要がないためです。契約のコード化された条件が満たされなければ取引は成立しないからです。全体として、スマートコントラクトは、より安く、より効率的で、安全な方法でグローバルな商品市場へのオープンアクセスをユーザーに提供する、未来の分散型取引所の力となります。

​元記事

https://www.algorand.com/smart-contracts-defi