Algoトークノミクス

はじめに

アルゴランド・ブロックチェーン・ネットワークは、独自のネイティブ暗号通貨であるAlgoを持っています。アルゴランド・ブロックチェーンが誕生したとき、100億Algoが鋳造されました。2022年7月現在、流通量は約67億Algoで、様々な形のエコシステム支援やコミュニティのインセンティブを通じて分配されています。残りのAlgoは財団が安全なウォレットで保有しており、その構成は以下の通りです。

配分
コミュニティとガバナンスの報酬:17億5,726万
エコシステム支援:11億7,605万
財団基金:3億6,300万

このページでは、GenesisブロックからAlgoの循環供給量の動態を報告します。リソースの配分は、半期ごとの透明性レポートを通じて、定期的にコミュニティへ報告されます。上記の配分に従って、アルゴランドのパブリック・プラットフォーム上に構築された経済エコシステムの発展を支援し、アルゴランド分散型ガバナンスへのコミュニティの参加と経済ネットワーク活動への貢献を報いることを主な目的としています。

財団の役割は、エコシステムの成長と分散化を促進することです。分散型ガバナンスが流通をリードすることの重要性はますます高まっています。ガバナーはすでに、報酬の水準とコミットメントのバランスを決定し、ガバナンスのためのさまざまな要件とさまざまな役割を設定するために投票を行っています。 

アルゴランドの歴史の最初の期間、分配は主に、大学や助成金などの多くの異なるエコシステム・プログラムと、コミュニティ、初期支援者、ネットワーク・サービスプロバイダーへのアルゴリズムによる報酬に基づいていました。主な目標は、分散化とインフレ抑制でした。詳細は、ローンチから1年半後に発表されたAlgo Dynamicsのプランに記載されています。その後、進化した主な点は以下の通りです。

  • 2021年9月の循環供給計算の修正により、私たちの循環供給の定義を市場標準に合わせ、16億Algoの増加で流出がないようにしました。

  • 市場の状況に応じて加速を可能にしながら、権利確定を遅くする機能を持つAlgorithmic Vestingは、2021年10月に完了しました。2020年8月の最初の大幅な加速から2021年10月6日のアルゴリズム権利確定完了までの間に、21億3,500万Algoをリリースしています。

  • 当初、不測の事態のために設定されたContingent Incentivesの残りは、エコシステムの成長を促進するために割り当てられ、現在は経済・社会活動を強化するための独自ファンドとして扱われています。これは、アルゴランドのエコシステムにおいて、供給量の65%以上を分散・配分した後、エコシステムの成長への投資が焦点となり、これまで計画されていた成長の努力を超える機会に取り組む瞬間となります。

  • 分散型ガバナンスの導入により、プラットフォームとエコシステムの重要な問題について投票する可能性がコミュニティに与えられました。これにより、参加報酬がガバナンス報酬に置き換えられ、後者はコミュニティの投票に部分的に依存するようになりました。

これらの変更により、以前の長期的なアルゴ・ダイナミクスの配分計画のいくつかを更新する必要があります。

 


エコシステム・サポート

エコシステム・サポート基金の増加により、エコシステムの割り当てを増やすことができました。下図では、現在から2030年まで毎年一律に配分すると仮定した場合の、将来の配分を示しています。この配分は、直ちに市場分配を意味するものではありません。また、この図は、初年度に割り当ての60%のみを使用し、残りを次の4年間で使用した場合の市場分布も示しています。これは、2020年のエコシステム図計画では、配分が少なく、分配がやや遅くなると想定していたことと比較する必要があります。2030年以降、エコシステムの支援は創出された収入から行われることになります。

Screenshot 2022-08-02 15.56.35.png

ガバナンス報酬

 

分散型ガバナンスの導入に伴い、コミュニティはガバナーとしての報酬のレベルを選択することができるようになりました。初年度の報酬に関する措置では、些細な選択を避けるために、より高い報酬で、早期に辞退した場合には減額される構成要素とするか、減額なしの低い報酬とするかを選択できるようにしました。この場合、コミュニティが減額を嫌っていることを示すために、低い報酬を選択することになりました。

将来的には、報酬を高くするオプションのガバナーに対するコミットメントの自明でない要素を含む、措置が報酬に影響を与える可能性があります。低報酬のオプションで報酬を30%削減し、節約できた報酬を2030年以降に移動させた場合、下図のような状況になる可能性があります。報酬を低くすることを常に選択した場合、その配分は青い線となります。常に高い報酬を得ることを選択した場合、成熟したエコシステムで自給自足の報酬システムが開発されるまで、分配は灰色の線になります。

この図は、「コミュニティのインセンティブ」と比較する必要があります。2020年計画の「参加報酬」チャートでは、ガバナンス報酬の前に参加報酬が常に高い金額で割り当てられていたのです。

今後、ネットワークやエコシステムの進化、そして施策を提案できる「xGovs」の導入などのガバナンス改革により、さらに配分が変わる可能性があります。

Screenshot 2022-08-02 15.59.28.png

初期支援者へのアルゴリズムによる権利確定

権利確定が完了するまでは中継ノード運営者でもあった初期支援者に対する権利確定の分配が完了したことで、流通供給量が飛躍的に増え、分散化が進みました。ローンチ前からの当初の計画では、ローンチ後2年間にわたり、25億Algoを毎日均等に分割して分配する予定でした。開始当初はインフレ・スパイラルに陥り、初期支援者と財団の新たな合意により、まず権利確定を止め、それを5年に分散して遅らせるという改革が行われました。この延期は、当初のContingent Incentives Fundから6億2,500万を補填し、価格、時価総額、その他の市場パラメータの1ヶ月移動平均が分配中に過去の最高値を更新し続ければ分配し、そうでなければ停止するというアルゴリズム的要素で実現されました。これらの条件は、2020年に一度だけ短い期間で実現し、2021年にはさらに数回の期間で実現し、2021年10月6日に権利行使が尽くされました。技術的な理由でその時までに分配されなかったのはごく一部で、その後の透明性レポートで報告されているように、アルゴリズムの要素を除いたものが後で分配されました。

下図では、元の権利確定契約(赤い棒グラフ)、権利確定を遅くする新契約の基準(濃い青と濃い灰色の棒グラフ)、アルゴリズム・コンポーネントが市場環境にどのように適応したかに基づく実際の分配(薄い青と薄い灰色)を比較することができます。

Screenshot 2022-08-02 16.00.03.png

このグラフから、私たちは問題をよりよく理解することができます:元の契約(赤)は、初めに大きく分配し始め、2020年にピークを迎え、2021年に終了することになっていました。新しいEIP契約(紺色、濃い灰色)は、2022-2023-2024年にほとんどの権利確定を移動させました。アルゴリズム・コンポーネントは、2020年の大半は権利確定を早めませんでしたが、2021年の数ヶ月間に分配に最適な条件を見出し、戦略的に権利確定を終了させ、実際の分配(水色、薄い灰色)に至りました。

Screenshot 2022-08-02 16.00.21.png

このアルゴリズムは予想通りに機能し、年末まで最大の暗号通貨が強い強気相場であったにもかかわらず、対ドル価格が上昇し、BTCの成長をも上回る流通供給の非常に重要な構成要素を分配しました。これはまた、デフレと結合した分配により、時価総額ランキングの大幅な成長を可能にしました(流通供給の成長の一部は、2021年9月の流通供給計算の修正によるもので、供給への影響を伴わないCoinmarketcapのアプローチの変更であることを思い出してください)。

Screenshot 2022-08-02 16.00.31.png

権利確定に関するより定量的な分析、およびその他の点に関する詳細は、2022年のAlgo Evolutionレポートで提供される予定です。

​元ページ:https://www.algorand.foundation/tokenomics