https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

Algofi、分散型融資市場の構築に向けて280万ドルを調達



Algofi、分散型融資市場の構築に向けて280万ドルを調達

by Algofi


アルゴランド・ブロックチェーン上に構築された高速・低コストの融資市場とステーブルコイン・プロトコルであるAlgofiは、アルゴランドの年次コミュニティ・カンファレンスであるDecipherにおいて、シード資金として280万ドルを調達したことを発表しました。


Union Square Ventures、Arrington XRP Capital、Pillar VCがこのラウンドをリードし、Y Combinator、Formulate Ventures、Shine VCが参加しました。


Algofiの共同創業者であるジョン・クラーク(John Clarke)は、「分散型融資は、新しい金融システムへの扉を開くものですが、参加者にとっての障壁の一つは、高い取引コストと遅いネットワークでした」と述べています。「Algofiはアルゴランド上に構築されているため、他のネットワークでは15ドル以上かかる取引を、0.01ドル以下で提供することができます。長期的には、リテールや機関投資家のコミュニティがDeFiを採用していく中で、当社のプロトコルが取引数の増加に合わせて拡張していくことができると確信しています。」


Algofiは、分散型金融を利用した初のクリプト・ネイティブ銀行を構築しています。Algofiを通じて、ユーザーは暗号通貨を貸し出し、預金に利子をつけ、複雑な取引活動を促進するために借りることができる。さらに、Algofiは、ユーザーが価値をアルゴランド・ネットワークにシームレスに出し入れできるよう、法定通貨レールを構築しています。


Algofiの共同設立者であるOwen Colegroveは、「Algofiは融資から始めていますが、私たちの長期的な目標は、中央集権的な金融と分散型の金融の間のギャップを埋める最初のクリプト・ネイティブ銀行になることです」と述べています。「今後10年間で、世界中の何百万人もの人々が成長するDeFiのエコシステムに参加できるよう、重要な役割を果たすことを楽しみにしています。」


Citadelで一緒に働いていたMIT卒業生と物理学博士によって設立されたAlgofiは、2021年にY Combinatorを卒業しています。昨年、Algofiはアルゴランドのテストネットにローンチし、1万人のユーザーからなる成長中のコミュニティからフィードバックを受けました。同社は、12月にレンディングとステーブルコインのプロトコルを開始する予定です。



元記事:https://www.finextra.com/pressarticle/90495/algofi-raises-28m-to-build-decentralised-lending-market