アルゴランドのガバナンス分散化

Eyxnw52WEAEZRlv.png

アルゴランド財団は、完全に分散化されたアルゴランドのエコシステム構築を信条としています。このような分散型エコシステムでは、すべての人が金銭的、技術的、およびその他の政策決定に影響を与えることができ、アルゴランド・コミュニティがアルゴランド・ネットワークの共有された未来を形成することを可能にします。

私たちはコミュニティの声に耳を傾け、コミュニティ・ガバナンスのためのシンプルで包括的かつ透明性のあるシステムを構築することに取り組んでいます。「アルゴランドのガバナンス分散化」と題されたこの提案は、Silvio Micaliのオリジナルの提案と、Algorand Governance Forum、DiscordのAlgorand Governance Channel、その他のいくつかのコミュニティ・プラットフォームでのガバナンスの議論を組み合わせたものです。今後数ヶ月の間に、財団はアルゴランドの非中央集権化への道のりについてさらなる洞察を提供する予定であり、それは今年中のコミュニティ・エンゲージメント活動を伴うものです。
 

本提案は、現在財団に委ねられているアルゴランド・エコシステム・リソース・プール(AERP)の決定権をコミュニティに委ねる計画の概要を示すものです。意思決定はガバナーに委ねられます。アルゴランド・エコシステム・リソース・プール(AERP)には、参加報酬、研究・イノベーション資金、ALGO助成金プログラム、研究・社会的チャリティ・プログラム、偶発的インセンティブが含まれており、合計32億ALGOとなります。新しい分散型ガバナーは、アルゴランド・ネットワークの長期的な発展を支援するために、AERPのリソースをどのように利用し、分配するかを決定します。これは定期的な投票によって行われ、ガバナーの決定に基づいて、エコシステム全体の利益のために財団が責任を持って実行します。ガバナーは、ガバナンスへの参加比率に応じて、その努力に報酬が与えられます。

当財団は、本提案がパブリック・ブロックチェーンのガバナンスに対するユニークで革新的、かつ包括的なアプローチを生み出すという目標に合致していると考えています。この提案では、すべてのステークホルダーが、アルゴランドのエコシステムとALGOトークン・ホルダーのコミュニティの成長の方向性をコントロールする権限を与えられています。ALGOの長期保有と投票に実質的なコミットメントをすることで、ガバナー・コミュニティは、このガバナンス機構への参加から全員が同じ割合で利益を得ることができます。すべてのアカウントがこの意思決定プロセスで投票できるようになるため、エコシステムの参加者全員に提案書をよく読んでいただき、今後の意思決定に参加するためにアルゴランドのガバナーになっていただきたいと思います。

この革新的なプログラムの詳細については、「アルゴランドのガバナンス分散化」の詳細な提案書をご覧ください。

>ウェブ

>Word


 

アルゴランドのガバナンス分散化に関するコミュニティ・オールハンド

財団CEOショーン・リー、チーフエコノミストのマッシモ・モリーニ、リサーチ・フェローのシャイ・ハレビを迎え、アルゴランド・ガバナンスの分散化に関するコミュニティ・オールハンドを開催しました。このセッションでは、ガバナンスの提案について議論し、コミュニティから寄せられた質問に基づくQ&Aセッションも行われました。セッションの模様は、以下でオンデマンド配信されています。

ガバナンスに関するFAQをまとめましたので、こちらもご覧ください。