アルゴランドのレイヤー1上の機能と能力

スマートコントラクト
レイヤー1のASC1


次世代アプリケーションに多くの可能性を提供するレイヤー1上のスマートコントラクト

 

今日では、ほとんどの取引はペーパーワークで構成された伝統的な契約書に基づいており、契約書に記載されている条件の履行を検証するために信頼できる第三者を必要とすることが多くなっています。この方法は時代遅れであり、時間がかかり、最も重要なことは、費用対効果が高くないということです。そのため、ブロックチェーンを利用している開発者は、契約条件が満たされたときに、ブロックチェーン上に保存された基本的なコードを使って自動的に取引を実行するスマートコントラクトを利用しています。しかし、第一世代のブロックチェーン上に構築されたスマートコントラクトを使用している開発者は、そのアプリケーションが主流の採用を妨げる課題に直面しています。これらのスマートコントラクトは普及に時間がかかり、コストがかかり、実際のユースケースに合わせた拡張性がありません。これらの障害は、主流の採用を可能にするために取り除かれなければなりません。

アルゴランドのスマートコントラクト(ASC1)は、高速化、拡張性、費用対効果だけでなく、高度で複雑なアプリケーションを可能にする機能的にも優れた実績のあるパフォーマンスを持つ信頼性の高いシームレスなソリューションとして、これらの障壁を取り除いています。アルゴランドのスマートコントラクト(ASC1)は、チェーン上で実行される信頼性の高いプログラムであり、ユーザーはプログラムがエラーなく実行され、結果が改ざんされていないことを確信することができます。これらはアルゴランドのレイヤー1に統合されており、アルゴランドのプラットフォーム自体と同じ強力なスピード、スケール、ファイナリティ、セキュリティを継承しており、費用対効果が高く、エラーが発生しません。ASC1は、資産がどのように転送されるかを単純に定義するだけのものから、複雑なアプリケーション・ロジックやフローまで、カスタムルールやロジックを自動的に実行する機能を持っています。ASC1sは、Python言語に結合されるPyTealと同様に、トランザクション実行承認言語(TEAL)と呼ばれる新しい言語で書かれています。

スマートコントラクトは効率的で自動化されたトランザクションとアプリケーションにより、経済の破壊と異業種間での新しいビジネスモデルの創造を可能にし、トラストレスな契約の締結を可能にします。


独自の機能

  • ステートレス及びステートフルの実装で、ステートレスはトランザクションの承認を実行し、ステートフルはTEALを使用して複雑なアプリケーションを構築可能(詳細はTEALをご覧ください)

  • レガシー・プラットフォームでは現在不可能なスケーラブルで高速かつセキュアな実行ASC1は1,000TPS以上で動作し、フォークしないことが確認されているプラットフォーム上でファイナリティは5秒以内

  • トラストレスな約定による即時決済でリスクを軽減

  • 0.001Algosという、アルゴランド・ブロックチェーン上の他のトランザクションと同じ手数料でトランザクションを実行する低コスト

  • 参入障壁が低く、開発が容易になり、ステートレス・スマートコントラクト用のテンプレートが簡素化され、ステートフル・スマートコントラクト用の様々な複雑なカスタムdAppの例(投票、ステーブルコイン、オークション、クラウドファンディング用のdAppなど)があるため、市場へのスピードが向上

  • ASC1を特定のトランザクション、アカウントからのすべてのトランザクション、または完全に強力なリッチdAppに適用できる柔軟な実装

 


最もエキサイティングな使用例


今日の経済では、信頼と実行を仲介業者に依存した既存の取引が様々な形で存在しています。これは、消費者への配送に不必要な遅延とコストをもたらしています。これらの例としては、以下のユースケースがあります。

  • エスクロー口座の作成

  • ローンの支払いと手数料の執行

  • 指値注文

  • サブスクリプション

  • 担保付債務

  • 規制及び自動化された支出 

  • プログラム経常費用/経常債務

  • 安全性の高いアカウント管理の委任 

  • オフチェーン・データ・プロバイダーとのインターフェース

  • クロスチェーン・アトミック転送

  • HELOC(ホーム・エクイティ・ライン・オブ・クレジット)

  • 分散型取引所

  • 償還の検証


アルゴランド標準資産(ASA)
レイヤー1上のASA

カスタマイズ可能なオプションを備えた標準化されたブロックチェーン資産

アルゴランド標準資産(ASA)は、アルゴランド・ブロックチェーン上のあらゆるタイプの資産を表現するための標準化されたレイヤー1メカニズムを提供します。これらのアセットには、ファンジブル(代替可能)資産、ノンファンジブル(代替不可)資産、制限付きファンジブル資産、制限付きノンファンジブル資産を含めることができます。


今日の経済において、資産のデジタル化には多くの課題が残されています。これらの課題には以下のようなものがあります。

  • グローバルなデジタル市場へのアクセス

  • 24時間365日の転送可能性

  • 即時決済

  • 資産管理の容易性と執行性

  • コンプライアンスや報告書などの管理業務の効率化

ASAが可能にすること


役割ベースの資産管理(RBAC)。ビジネス、コンプライアンス、規制要件に対応した、発行体や管理者向けのオプションで柔軟な資産管理。これには以下が含まれます。

 

  • 調査目的のための資産アカウントの隔離

  • 法的または他の規制が必要な場合には、資産を強制的に譲渡

  • 特定の資産内での取引が承認された特定のアドレスのみを許可する特権資産取引のモデルをホワイトリスト(それ以外は制限されます)

  • カスタムのビジネス要件に対応した柔軟な資産準備モデル

  • オンチェーン資産の定義に含まれるオフチェーン資産の文書化

ユーザー保護:税務、法律、評判などのリスクを持つ可能性のある未知の資産が、ユーザーの明示的な承認なしに送信されるのを防ぐ資産スパム対策(新しい資産を受け入れるにはユーザーがオプトインする必要があります)


独自の機能

  • ASAは、アルゴランドのレイヤー1に直接組み込まれているため、信じられないほど高速で安全

  • ASAは、アルゴランドの極小の取引手数料で実行されるため低コスト

  • 開発者や企業向けの簡単でシンプルな資産発行

  • アルゴランドで発行されたすべての資産の普遍的な相互運用性

最もエキサイティングな使用例

  • 資産のトークン化

  • アルゴランドでの第三者割当増資

  • 投資へのアクセスを民主化

  • 国境を越えた取引を仲介する

 


資産の種類の例

ファンジブル・トークン

  • ゲームのポイント

  • ステーブルコイン

  • ロイヤリティーポイント

  • システムクレジット

  • 暗号通貨

ノンファンジブル・トークン

  • ゲーム内アイテム

  • サプライチェーン

  • 不動産

  • アイデンティティ

  • 認証

  • 収集品

制限付きファンジブル・トークン

  • 有価証券

  • 政府発行のフラット

  • 認証

制限付きノンファンジブル・トークン

  • 不動産

  • 所有権登録

  • 規制認証

アトミック転送
レイヤー1上


レイヤー1でのマルチパーティ取引のための安全な転送と即時決済

従来の経済では、信頼された、あるいは法的な枠組みが存在します。ブロックチェーン上では、アトミック転送がレイヤー1で信頼できるソリューションを提供します。アトミック転送は、多数の当事者間で多数の資産を同時に転送する安全な方法を提供します。具体的には、多くのトランザクションをグループ化し、すべてのトランザクションが実行されるか、またはいずれも実行されないというものです。

独自の機能

  • 真にアトミック(原子的)な、エスクローやハッシュ・タイムロック契約への依存は必要ありません。これは、複雑な送金をスムーズかつ迅速に技術的に実行する新しい方法です。

  • アルゴランドの極小の取引手数料により、アトミック転送を実行するのは信じられないほど低コストです。

  • すべてのアルゴランド資産(Algosと任意のアルゴランド標準資産)をサポートし、複数のパーティへの譲渡を可能にします。

 


最もエキサイティングな使用例

  • 債務整理の簡易化・迅速化

  • 効率的なマッチド・ファンディング

  • アルゴランド標準資産(ASA)とアルゴランド・スマートコントラクト(ASC1)を組み合わせた場合の分散型取引所

  • 複雑なマルチパーティ/マルチ資産取引の即時決済

  • 多国間貿易の任意のインスタンス

鍵の再生成(REKEYING)
レイヤー1上

ガバナンスとユーザーコントロールの強化

パブリック・アドレスとプライベート支払鍵の組み合わせは、アカウントを保護するために使用されます。パブリック・アドレスは公に知られており、アカウントを識別するために使用されます。プライベート支払鍵はセキュリティ目的で使用され、そのアカウントからトランザクションを送信するために必要なパブリックアドレスの認証と暗号化に使用されます。パブリック・アドレスとプライベート支払鍵のコンボを壊すことはできません。

暗号に鍵を使う仕組みは、ブロックチェーンが始まった頃から存在していました。しかし、それは非効率的であり、常に安全であるとは限らないものになっています。漏洩したプライベート支払鍵を変更する必要がある場合、パブリック・アドレスとプライベート支払鍵を持つ全く新しいアカウントを開設しなければなりません(資産は古いパブリック・アドレスから新しいアカウントに移されます)。これは効果的ではありますが、運用上は手間がかかります。 また、パブリック・アドレスとプライベート支払鍵を定期的に変更するユーザーは、新しいパブリック・アドレスからトランザクションを開始したいと思うたびに、識別のために新しいパブリック・アドレスを他のユーザに提供しなければならないという宇後ろ向きの意味合いも生じます。これは、相手や機関との自動化された定期的なトランザクションの中断につながり、これらの機関、相手、およびベンダーが変更されたパブリック・アドレスを追跡するための追加のバックオフィス作業につながります。

レイヤー1上のアルゴランドの鍵の再生成は、パブリック・アドレスを変更することなく、ユーザがプライベート支払鍵を変更できるようにすることで、これらの運用の非効率性を解決します。鍵の再生成は、プライベート支払鍵を変更する際の柔軟性、継続性、一般費用の低減を可能にします。これは、以下のようにして実現されます。

  • パブリック・アドレスを変更することなく、いつでもプライベート支払鍵を変更できる柔軟性

  • 自分のパブリック・アドレスを使い続け、同じパブリック・アドレスに資産を保持する能力を提供する継続性

  • 既存のパブリック・アドレスを、そのパブリック・アドレスと継続的に取引する他の人や親権者の識別子として維持することで、運用負担を軽減する運用の効率性

 


独自の機能 

アルゴランドの鍵の再生成は他のブロックチェーンにはないユニークなもので、プライベート支払鍵を簡単に変更できる方法を以下のように提供しています。

  • パブリックアドレスの永続性を維持するための迅速かつシームレスな方法

  • 新しいプライベート支払鍵を使用して既存のアカウントを保護する革新的な方法で、取引が安全に行われることを保証するための運用上の一般費用を低減

  • ハードウェア・ウォレット、マルチシグ、スマートコントラクトベースの支出鍵を以前は存在しなかったアドレスに導入することで、アカウントのセキュリティ姿勢を変更する機能

  • 必要に応じて単一のパブリック・アドレスを維持し、いつでもプライベート支払鍵を変更できる柔軟性

  • ユーザーは、「設定して忘れてしまう」セットアップとして自動化された定期的なトランザクションを実行するために、彼らのパブリック・アドレスのための(更新可能な)支出ポリシーを作成

  • 利用者とカストディ・プロバイダーによるアカウントの運用上の一貫性とガバナンス及びコントロール

 


最もエキサイティングな使用例

  • 契約の所有権を再割り当てする機能を持つノベーション。これは大規模な決済のコンテキストでしばしば行われます。ブロックチェーンを利用することで、アカウントは信頼性の高い方法で、アトミック転送/決済のコンテキストで所有権を再割り当てできるようになりました。

  • カストディ・プロバイダー(銀行、取引所、貯蓄協会、登録ブローカー/ディーラー、先物取引手数料マーチャントなど)は、以下のような方法で鍵の再生成の恩恵を受けることができます。

  • パブリック・アドレス鍵を1つ管理するだけで、ユーザーの支払鍵を常にコールド状態にしておくことができます。

  • 支払鍵を使用した後に資金を移動させる必要があることから、古いパブリック・アドレス鍵のチェーンを排除します。 単一のパブリック・アドレス鍵を維持するために作成された複雑なオフチェーン・ソリューションを排除し、プライベート支払鍵をより制御できるようにします。

  • セキュリティ姿勢に応じて、標準化された鍵のローテーションのスケジュールが可能になります(例えば、企業は必要に応じて毎月の鍵のローテーションを実施することができます)。

  • 他のブロックチェーンや従来のテクノロジーからアルゴランドに移行するプロジェクトのために大規模なユーザーベースをオンボーディングすることは、移行中にユーザーにできるだけ摩擦を少なくするために、新しいブロックチェーンにユーザーをセットアップさせることが困難な場合があります。鍵の再生成により、組織はユーザーのアカウントを事前に作成・設定し、必要に応じて信頼性の高い再割り当てを行うことができます。 

  • 支払鍵はコールド保存されなければなりませんが、アカウントからのトランザクションが必要とされるような高セキュリティのシナリオ