アルゴランドのスマートコントラクトを使った金融アプリケーション

金融革命が起こりつつあり、金融機関は直面する課題の増大に対応し、適応しなければ競争に打ち勝つことができなくなるリスクがあります。今日、世界中のお金や資産の交換は、複雑で時代遅れのシステムを使って行われています。国境を越えた支払いや海外での購入などの需要が高まる中、グローバル経済での競争に勝とうとする個人や機関には、より速く、拡張性があり、より簡単で安全な取引方法が必要とされています。

ネオ銀行やチャレンジャー銀行のようなフィンテック企業の新規参入者は、消費者や機関が銀行、取引、金融、支払いを提供する方法を変え、顧客に伝えることができる低額の一般費用という利点を持って事業を開始しています。その結果、消費者、企業、機関はより多くの選択肢を持ち、迅速、効率的、信頼性の高いサービスへの期待が高まっています。したがって、既存の金融機関は、ビジネスのやり方を再考し、顧客体験を向上させるために時代遅れのテクノロジーを更新しなければ、市場シェアを失うリスクがあります。

金融業界の破壊は、ブロックチェーンを中心とした新技術によって再設計されることになります。ブロックチェーンは、顧客が求める透明性を備えた広大な機会を提供し、金融アプリケーションの次の進化をリードする態勢を整えています。しかし、すべてのブロックチェーンが同じように作られているわけではありません。第一世代のブロックチェーンの多くは、スケーリングができず、中央集権化されており、消費者の要求に応える金融機関を動かす複雑なアプリケーションをサポートすることができません。

 


次世代の画期的なブロックチェーン上で高度なアプリケーションを可能にする 

チューリング賞を受賞したシルビオ・ミカリ(Silvio Micali)によって設立されたアルゴランドは、ブロックチェーンの再発明を目指し、世界初の真のパブリック、パーミッションレス、スケーラブルで、フォークしない純粋なプルーフ・オブ・ステーク(Pure PoS)プロトコルを開発しましたが、分散化、安全性、コスト効率の高いブロックチェーンとしてのコア属性を犠牲にすることはありませんでした。アルゴランドは、取引の即時性を初めて提供し、エキサイティングな新しいユースケースとアプリケーションを可能にし、金融機関が業務のコントロールとガバナンスを維持するために必要とするスピードとユビキタスなインフラを提供しています。

ほとんどの金融取引は伝統的な契約書に基づいており、当事者間の条件を概説したペーパーワークが一般的で、複雑な条件の履行を検証するために第三者を介在させることがよくあります。スマートコントラクトは、これらの時代遅れの伝統的な契約書に取って代わり、現代的で摩擦のない取引方法を可能にし、エンドユーザーに少ない仲介者でより多くのコントロールを与えるブロックチェーンの重要な機能となります。アルゴランドのスマートコントラクトは、改ざん防止(トラストレス)で安全かつ分散化されたネットワーク上で実行されるという点で信頼性が高く、フォークがなく、より高速でエラーのない不変のアプリケーションを提供し、金融機関にとってはコスト効率の高いものとなります。スマートコントラクトは、不変ブロックチェーン上に格納された基本的なコード行であり、事前に定義された特定の条件が満たされ、自律的に検証された場合に自動的に実行されます。 第三者による検証の必要性を取り除くことで、摩擦のない価値の交換が可能になります。アルゴランドは、ステートフル・コントラクトとステートレス・コントラクトの両方を提供します。ステートフル・スマートコントラクトは、アルゴランド・ブロックチェーン上に分散型アプリケーションを構築するためのバックボーンを形成します。これらのスマートコントラクトは、オンチェーンの状態値へのアクセスを提供し、他のアルゴランドのレイヤー1機能と組み合わせることで、アルゴランドのスケーラビリティ、パフォーマンス、迅速なトランザクションのファイナリティを活用したダイナミックでユニークなアプリケーションを実装することができます。

この機能を持つことで、金融機関は業務効率を高めるための膨大な機会を得ることができます。スマートコントラクト機能を提供する他のブロックチェーン・プロトコルとは異なり、アルゴランドのスマートコントラクトはレイヤー1に直接組み込まれています。これにより、開発者はネットワークの基礎となる属性を活用し、プラットフォームのスピード、スケール、シンプルさを犠牲にすることなく、低コストで幅広いアプリケーションを構築できる、シンプルなツールやカスタムの複雑なdAppの例にアクセスすることができます。ブロックチェーンの採用を弱体化させる技術的な障壁を取り除きながら、複雑なアプリケーションの基盤を提供します。

 


なぜレイヤー1でのスマートコントラクトが画期的なのか?

アルゴランドのブロックチェーンは、1秒間に1,000件以上のトランザクションを処理することができ、大規模な決済や金融ネットワークと同等のスループットを実現しています。アルゴランド・メインネットは、技術的な中断なく1年以上稼働しており、複雑なアプリケーションに高いパフォーマンスで電力を供給する能力を持っていることが証明されています。
 

世界的に有名な研究者、数学者、暗号学者、エコノミストのチームと、世界的なテクノロジー企業の実績あるビジネスリーダーによって構築されています。アルゴランドの最新リリースでは、開発者がアルゴランドのブロックチェーン上に構築することをシンプルかつ迅速に実現し続けています。他にも、以下のような機能が追加されています。

  • 資産のトークン化、アルゴランド標準資産(ASA)は、支払いのためのリアルタイム・グロス決済に使用できるカスタマイズ可能な資産を簡単に作成する方法です。

  • アトミック転送は、エスクローやタイムロックされた契約に依存することなく、多くの当事者間で同時に多数の資産を安全な方法で瞬時に転送します。真のアトミック転送では、支払いの遅延やカウンターパーティーのリスクが取り除かれ、市場取引のスピードアップと担保要件の緩和が実現します。

  • 鍵の再生成(Rekeying)は、パブリック・アドレスを変更せずにいつでもプライベート支払鍵を変更できる柔軟性をユーザーとカストディ・プロバイダに提供し、パブリック・アドレスの永続性を高め、運用上の一般費用を削減しながら、アカウントの新規作成を可能にします。

アルゴランドは、アプリケーション開発のスピードアップ、反復の増加、コスト効率の高い機能を備えた迅速な展開を実現する共通のスケーラブルで相互運用可能なプラットフォームを提供します。

 


アルゴランドのスマートコントラクトは、新しい世界貿易金融のための道を切り開いているか

貿易取引

アルゴランドのスマートコントラクトは、金融取引から中間業者を排除し、バリデータとして雇用することに伴う追加コストを排除します。これにより、取引手数料のコストが削減され、コンプライアンスが自動化されるため、支払いのスピードが向上し、より迅速な承認プロセスにつながります。その結果、スマートコントラクトの受取側は、送金が容易になり、不正行為が不可能になるため、流動性が高まります。

 


取引の清算と決済

取引の清算は、社内外の様々な承認や調整を伴うため、人的資本に多額の投資を必要とすることが多い。これらの承認はそれぞれ独立した第三者によって行われるため、取引の決済時間が追加され、これらの仲介者によるエラーのリスクが高まります。スマートコントラクトは、ブロックチェーンの取引機能により、これらの仲介者を排除し、決済プロセスを合理化します。毎年何兆ドルもの証券が交換されていますが、これらの取引を可能な限り最速で、最もコスト効率の良い方法で行うことが重要です。アルゴランド・ブロックチェーンは取引の即時性を提供し、取引のすべての条件が満たされている限り、数千件の取引を数秒ごとに処理することができます。これにより、トランザクションの処理にかかる時間が大幅に短縮され、仲介者のコストが不要になるため、金融機関は毎年数百万ドルのインフラコストを節約することができます。

 


金融データ記録

スマートコントラクトは、金融機関が不変のネットワーク上で取引を行う個人の正確な金融データを記録することを可能にし、高度なデータの整合性と透明性を確保します。また、スマートコントラクトを金融業務に統合することで、当事者がお互いの間で取引データを検証する必要がある場合に、潜在的な仲介者を排除することができます。アルゴランドのスマートコントラクトは、レガシーシステムとブロックチェーン間の相互運用性への扉を開き、取引相手を排除しつつも、取引相手が提供しうるインサイトのレベルを維持することが可能になります。

 


KYC/コンプライアンス(デジタルID)

今日のKYCプロセスは、実施するには費用と時間がかかり、またデジタル時代に移行するにつれ、デジタル・プライバシー保護の話題はこれまで以上に重要になってきています。スマートコントラクトがアルゴランドのような信頼性の高いネットワーク上に実装されている場合、取引を確認するために取引相手が機密情報を知る必要がなくなるため、個人が個人データを所有し、管理することを可能にします。これにより、コンプライアンスのレベルが向上し、個人が共有したくない重要な情報を転送する必要がなくなるため、金融機関間の相互運用性がより流動的になります。

 


リスク・ベース資本(RBC)

今日の不安定な市場と現行の規制規定では、金融機関は適切なリスクベースの自己資本(RBC)水準を維持することで、資産保有リスクを最小化することが求められています。RBCの要件は、価格ショック、資産のデフォルト、不正行為などの資産パフォーマンスリスクから金融機関を保護するために設定されています。RBCは無料ではなく、金融機関には実質的な金銭的コストがかかります。取引の全体的なリスク・プロフィールを減らすことによって、会社に置かれる資本要件はより少なくなり、定義によってあらゆる金融取引がより資本効率的になり、したがって、機関にとってより有益なものになります。アルゴランドのアトミック・スワップ機能と即時ブロック・ファイナリティを組み合わせることで、停止や不正行為から保護されたリスクのない決済環境が構築されるため、リスクベースの資本要件の問題に対する独自のソリューションを提供できます。これにより、決済停止による資本準備金を維持する必要性が事実上排除されます。スマートコントラクトは自律的な決済を可能にし、アトミック・スワップを利用する際に第三者のカストディアンを必要とせず、金融業務のコストを大幅に削減することができます。

元記事:https://www.algorand.com/smart-contracts-financial-applications