https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

ゲームの未来がブロックチェーンで築かれる理由

更新日:2023年10月30日


ゲームの未来がブロックチェーンで築かれる理由

ゲームの未来がブロックチェーンで築かれる理由



ブロックチェーンは、ゲームのやり方を変えています。「プレイして稼ぐ(Play to Earn)」から資産取引、コミュニティ・ガバナンスまで、ゲームはかつてないほど多面的なものとなっています。しかし、ブロックチェーン技術は、ゲームの楽しさや本質を損なうものではなく、むしろプレイヤーの自由度を高め、ゲームへの取組みに対する報酬を与え、プレイヤー主導の意思決定を行うことでゲーム体験を強化しようとしています。TechCrunchはこのように表現しています:「Web3ゲームの包括的なビジョンは、プレイヤーにさらなるコントロールを与え、貢献した価値に比例して報酬を与え、ゲームを通じて生計を立てられるのが上位0.1%のプレイヤーだけにならないないようにハードルを下げることです」。ブロックチェーンは、ゲーム・コミュニティに公平性と透明性、ゲーム内資産の真の所有権、そして民主主義をもたらすことを期待しています。ブロックチェーンは、すでにある素晴らしいプレイ体験をさらに向上させ、次世代のゲームを提供することを目的としています。



証明可能な公正さと透明性

ブロックチェーン技術は、その固有の強みを生かすことで、ゲームにおける証明可能な公正さを実現します。 トーナメントを例にとると、ゲームのルールは参加者の情報とともにオンチェーンで確立でき、スマートコントラクトが自己実行してトーナメントの勝者に報酬を提供することができます。例えば、ワールド・チェス(World Chess)がゲームやランキング情報をAlgorandブロックチェーンに記録し、誰でもアクセスできるようにするなど、多くの種類のデータをオンチェーンに記録することができます。パブリック・ブロックチェーンは、その透明性のおかげで、他のプレイヤーのゲーム活動や保有するゲーム内資産も把握することができます。これにより、不正行為や不正プレイのリスクを低下させることができます。さらに、ブロックチェーン上に構築された分散型デジタルIDは、プレイヤーがコミュニティ内でアイデンティティと評判(信用)を構築することを可能にし、ゲームに新しいレベルの信頼をもたらすことができます。



‍ゲーム内資産の真の所有権


ブロックチェーンは、ゲーム内資産の真の所有権を可能にし、ゲーマーやコレクターに大きなコントロール権と自由を与えます。従来のゲーム会社からもゲーム内資産を購入することは可能ですが、その資産を本当に所有することはできません。ゲーム会社が閉鎖されたり、あなたがゲームから追放されたりした場合、それらの資産を失う可能性が高いのです。ブロックチェーンに基づく資産は、通常、ファンジブル・トークンやノンファンジブル・トークン(NFT)の形で、ゲームからクリプト・ウォレットに移したり、別のゲームで使用したりできる可能性があります。Aegir Tacticsはデジタル・カードゲームで、各カードはNFTであり、収集、ゲームプレイでの使用、トレードが可能です。プレイヤーは、ウォレットに保管できるすべてのゲーム内収集物の真の所有権を有しています。


‍非中央集権的なゲーム内経済

オンラインゲームでは、プレイヤーはゲーム体験を向上させ、他者より優位に立つために、キャラクター、武器、スキン、乗り物など、さまざまな資産を手に入れることがよくあります。これらの資産の売買や取引を促進するためには、マーケットプレイスが不可欠です。ブロックチェーンは、プレイヤーが暗号通貨やゲームのネイティブ・トークンを使って資産を購入できる、分散型のゲーム内経済の構築を可能にします。さらに、ゲーム開発者は、報酬システムの導入や対戦型ゲーム、トークンをより多く獲得するためのステーキング・メカニズムを利用できるようになります。


プレイして稼ぐ

ゲームへの取組みに対して報酬を得ることは新しい概念ではありませんが、ブロックチェーン・ゲームでは、ゲーム内で使用したり、現実世界の価値と交換したりできる報酬を得ることができるのが大きな違いです。これにより、プレイヤーはゲームに時間と労力を費やすインセンティブを得るだけでなく、個人がゲーム関連活動を通じて収入を得る新たな機会も得られます。Zoneは、Algorand上でP2E、イールド・ファーミング、NFTコレクティブルを融合させた包括的なPlayFiエコシステムを構築しています。Fracctal Monstersは、ペットの世話やバトルで報酬を得る、90年代の「たまごっち」というゲームに酷似したP2Eモンスター育成ゲームです。Fracctal MonstersはAlgorandブロックチェーン上に保存され、ゲーム内資産はAlgorandウォレットに保管できます。


コミュニティとガバナンス


ゲームには、ゲームプレイに関する議論、コラボレーション、取引機会、一般的な社交のためにコミュニティを団結させる自然な能力があります。活気あるゲーム・コミュニティは、ゲームのフィードバックを得る最適な場所でもあります。ブロックチェーンは、プレイヤーがゲーム・プラットフォームの方向性にこれまで以上に関与することを可能にします。DAO(分散型自律組織)構造を導入することで、コミュニティはゲーム運営、資金調達、プラットフォームの将来の方向性に、より深く関わることができます。プレイヤーは、ゲーム内資産やトークンなどの報酬を通じて、プラットフォームのガバナンスに参加するインセンティブを得られます。これにより、積極的な参加とコミュニティへの関与が促進されます。Algorand上に構築された対戦型NFTゲームであるGunny Gamesは、この仕組みの確立を目指しています。


‍環境に良い影響を与える


ブロックチェーン・ゲームには上述のような稼ぐこと以上の効果があります。たとえば良い環境の変化をもたらし、持続可能性を促進できるといったことです。良い例が「プレイして植える(Play to Plant)です:プレイヤーが特定のゲームに参加したり、特定のマイルストーンを達成したりすると、植林などの現実世界での行動が引き起こされます。Carbon Countsが開発したゲーム「Everforest」は、このようなアクションを前提としており、現実世界での植樹を促進することで気候変動を緩和することを目的としています。このゲームは、ユーザーがゲーム内通貨を購入し、その通貨で世界中のさまざまな場所に本物の木を植えることができます。


ブロックチェーン技術は、ゲームの楽しさと本質を維持しながら、プレイヤーの自由度を高め、ゲームへの取組みに対する報酬を提供し、ゲーム体験を向上させることを目的としています。2022年のゲーム業界の評価額は48.3億ドルで、2023年から2030年までの年間平均成長率(CAGR)は68.3%と予測されており、ブロックチェーンはその将来において大きな役割を果たすと期待されています。


<関連記事>




Photo by Yan Krukau



元記事:https://www.algorand.foundation/news/why-the-future-of-gaming-is-built-on-blockchain

bottom of page