https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

【ブロックチェーン x 不動産】ブロックチェーンは不動産業界にいかに創造的破壊をもたらすか

更新日:2023年12月4日


ブロックチェーンは不動産業界にどう創造的破壊をもたらすか

不動産市場:ある人にとってはチャンスの領域ですが、別の人にとってはまだ手の届かない領域です。世界の不動産市場は2020年に326.5兆ドルに達し、これは世界のGDPの4倍に相当する規模です。この驚異的な成長にもかかわらず、米国では35歳以下の39%しかマイホームを所有していません。大きな障害となっているのは、頭金のための十分な貯蓄がないことです。ブロックチェーン技術を使えば、不動産市場への参入コストを下げることができ、投資家は不動産を丸ごと購入するのではなく、その一部を所有することができるようになります。これは部分投資(fractional investment)と呼ばれています。さらに、ブロックチェーン技術は、分散型アイデンティティによる住宅ローン申請の迅速化、住宅契約や住宅ローン返済のオンチェーン記録による透明性、仲介業者を減らし取引コストを下げる代替決済システムによる効率化などをもたらすことができます。これらの改善の多くは、トークン化によって実現することができます。


トークン化の仕組み


トークン化とは、現実世界の資産(家、時計、車など)をブロックチェーン上のデジタル・トークンに変換するプロセスを指します。これらのトークンは所有権や権利を表し、安全かつ透明に取引や譲渡が可能です。トークン化は、部分投資や流動性を可能にし、新しい形の価値交換を促進します。トークンはスマートコントラクト(コードによって自己実行する契約)によって作成され、Algorandなどのブロックチェーンに記録することができます。例えば、家をトークン化し、そのシェアを売って流動性を生み出したいものの、まだそこに住みたいとします。こうした条件は、ブロックチェーン上に存在するスマートコントラクトに書き込むことができます。不動産だけでなく、航空券音楽ライセンス、さらには農産物など、資産をデジタル化することのメリットは、金融市場をより効率的で透明性が高く、アクセスしやすくすることです。


参入障壁を低くする

高額な頭金により、人々は不動産市場から閉め出されることがよくあります。ブロックチェーンは、不動産の部分所有を可能にし、個人が少額の資本で住宅にアクセスすることを可能にします。ブロックチェーンがなくても部分住宅投資は可能ですが、バックオフィス業務や手数料を考慮すると、かなりのコストがかかります。従来の部分投資プラットフォームでは、通常1,000~50,000ドルの最低投資額が必要です。Algorand上に構築された不動産プラットフォームで、全米の不動産の部分所有権を提供するLoftyでは、ブロックチェーンによってこのコストを50ドル程度まで引き下げることができます。英国を拠点とする代替資産取引所であるCtrl Altは、最近、英国で最初の物件をトークン化し、誰でも物件の一定割合に投資できるようにしました。


‍商業用不動産へのアクセス拡大


商業用不動産は、一般的に住宅用不動産よりも高額であるため、機関投資家や富裕層の投資家に限定されることが多いのが現状です。商業用不動産にアクセスする一般的な方法は、その全体を購入することなく、不動産投資信託(REIT)を通じてアクセスすることです。しかし、商業用不動産投資には専門的な知識が必要であり、専門的な知識は一般的に新規参入を躊躇させるかもしれません。SliceSpace(スライススペース)は、米国内の商業用不動産の一部を購入し、リテール・マーケットプレイスで投資家に提供することで、アクセスを容易にします。各物件を100万枚の「スライス」に分割することで、コストを抑え、投資家にとってより身近な存在となります。不動産のスライスを購入した人は、Algorandのスマートコントラクトを通じて毎日分配される賃料を受け取ることができます。


透明性・信頼性の向上


米国では、1910年頃に最初の住宅が不動産仲介業者を通じて販売に成功しました。その後数十年の間に登場した、ライセンス、認証、規制などが、現在の私たちが知る不動産市場です。この70年間、住宅販売にはほとんど変化がなく、信じられないほど不透明なままです。ブロックチェーンは、関係者全員の信頼を高める手段として透明性を提案し、不動産販売や投資に関する最善の情報に基づいた意思決定を誰もが行うことができるようにします。さらに、ブロックチェーンは、不動産の所有権、賃貸収入、不動産の性能、ポートフォリオ管理をシームレスに追跡することを可能にします。住宅データは、従来の中央集権的な不動産会社によって隠されるのではなく、仲介業者、売り手、買い手が容易に利用できるようになるのです。



効率と精度の向上


現在、不動産市場は中央集権的なマーケットプレイスで広く区分されており、物件や現在の価値に関する正確な情報を追跡するのは困難な場合があります。分散化により、物件に関する情報を広く共有し、単一の分散型マーケットプレイスに集約することができます。このマーケットプレイスでは、ブロックチェーン・データベースを活用して、各住宅に関する情報を保存・管理することになります。これにより、物件データが正確かつ最新の状態に保たれていることを確認することが容易になります。また、分散型マーケットプレイスは、買い手と売り手の直接のやり取りを促進し、ひいては時間の節約と全体的なコストの削減を実現することができます。


全体的なコスト削減


ブロックチェーンは、契約条件の実行を自動化できるスマートコントラクトにより、ブローカー、弁護士、タイトル会社(登記調査会社)などの仲介者を不要にし、不動産取引を合理化することができます。また、ブロックチェーンは、その透明性、不変性、情報の検証能力により、第三者による検証や監査が不要となり、コストを削減することができます。それでもまだ確かに物件管理は必要ですが、Loftyはスケールメリットにより、管理費、点検報告費、契約費の削減など、投資家に転嫁されがちなコストを削減することが可能であることを証明しています。


住宅所有者のためのエクイティ・ロック解除


トークン化は、エクイティを開放する手段となり得ます。不動産所有者は、不動産全体を売却することなく、不動産の一部を投資家に売却し、流動性を得ることができます。例えば、不動産をトークン化し、その一部を売却して起業したり、高等教育を受けたり、世界旅行をしたりすることができます。Vesta Equityの場合、各不動産はAlgorand標準資産(ASA)を使ってAlgorandブロックチェーン上でトークン化されます。物件所有者の法的権利(物件に住む権利の保持など)と投資家の法的権利は、スマートコントラクトにロックされます。そして、不動産トークン化プラットフォームによって、不動産所有者は投資家と直接つながり、不動産に結びついた現金に簡単にアクセスできるようになります。


ブロックチェーンは、参入障壁を下げ、世界規模で幅広い投資家への扉を開くことで、不動産市場にこれまで以上のアクセシビリティをもたらすでしょう。ブロックチェーンは、買い手、売り手、投資家に信任を与える透明性と信頼の新時代を実現し、よりスムーズな取引とより情報に基づいた意思決定への道を開くことができます。効率性と正確性の面では、ブロックチェーンはプロセスを合理化し、時間を節約して人的ミスのリスクを軽減することができます。全体として、このテクノロジーは不動産市場を前進させ、すべての人にとってより包括的で信頼できる空間にしてくれることでしょう。


<関連記事>





元記事:https://www.algorand.foundation/news/how-blockchain-is-disrupting-the-real-estate-industry

bottom of page