https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

FlexID:すべての人の可能性を引き出すための手段としてのアイデンティティ(ID)

更新日:2023年9月20日



FlexID:すべての人の可能性を引き出すための手段としてのアイデンティティ(ID)


by マット・ケラー、ソーシャル・インパクト部門責任者



最も基本的なレベルでは、この世に生を受けた瞬間から、私たちのアイデンティティは、その場所、日付、時間とともに、私たちの出生を記録した消えない証として存在します。その証には、私たちの名前、性別、そして生まれた国籍が含まれています。この情報は、パスポートや国勢調査のデータ、国が発行するさまざまな文書に記録され、やがて他の識別特性とともに、私たちを識別するようになります。


これらのID(アイデンティティ)の断片により、市民生活のほとんどすべての面でIDの証明が必要とされる世界にアクセスすることができます。通常、学校に通う、車を運転する、投票する、国家間を移動する、医療を受ける、選挙に出馬する、雇用を得るには、IDの証明が必要です。また、銀行口座を開設し、お金を借りたり送ったりし、信用を確立し、富を増やし経済的に実行可能な未来を確保するための金融手段を利用するためにも、身分証明は必要です。


実際、国連の子どもの権利条約第8条には、「すべての子どもはアイデンティティを持って生まれ、いかなる政府もその権利を妨げてはならない」と書かれているほど、重要なものなのです。


しかし、自分の身分を証明する手段がない人が10億人以上います。つまり、彼らは自分の町や村の外に広がるコミュニティの一員になるチャンスがほとんどなく、学校に通う機会もほとんどなく、身分を証明できないことによって課される経済的・地理的な制限を越えて移動するチャンスもないのです。ほとんどの人は、富を生み出す機会に恵まれない、インフォーマル経済の一部となっています。


1億人以上の人口を抱えるコンゴ民主共和国(DRC)では、出生登録の25%しか記録されていないのです。アイデンティティを持たずに生まれた子どもたちは、人生のスタート地点から、学校に入ることすら困難な生活を強いられることになるのです。


しかし、政府発行の身分証明書の保有者でも、様々な書類を組み合わせたりすることは負担ですし、また世界的に認められているKYC(Know Your Customer)基準に従って本人確認を行うことができる、やや限られた数の中央集権機関にアクセスすることが負担になっています。


この課題は、多くの人々にとって依然として困難なものです。実際、世界銀行によると、世界で約17億人が貧困削減に必要な金融サービスや金融手段を利用できないでいます。しかし、IDの証明が最も必要とされる場所でソリューションが開発されており、私たちは、投資、サポート、そしてその向上に全力を尽くしています。


ジンバブエでは、ハラレ出身のビクター・マプンガが設立したFlexIDという会社が、公認デジタル証明書(eKYC、運転免許証、土地証明書など)によるIDの発行、保管、共有のためのプラットフォームとウォレットを構築しています。これは、すべてのインタラクションの中心で、ユーザーが自分のデータに対する基本的なコントロールとアクセスを持ち、適切と思われる機関が自分のデジタル・アイデンティティとインタラクションすることを許可することを意味する、自己主権型アイデンティティ・フレームワーク(SSID)がこの機能を実現する鍵となります。


FlexIDウォレットは、SSIDアプリやWhatsAppチャットボットを通じて、単一のAPIを使用する複数の機関とやり取りし、発行や検証を行うことができます。これはすべてアルゴランド・ブロックチェーン上で実行され、非常に経済的でスケーラブルなレイヤー1(発展途上国の10億人のユーザーを取り込むための必須条件)を提供します。FlexIDは、認証された証明書に簡単にアクセスできることで、個人が金融、保険、ヘルスケア、農業など幅広いサービスに、より広く、より早くアクセスできるようにすることを目指しています。


ジンバブエでFlexIDのプラットフォームを利用している一個人に注目してみましょう。


30万人以上のFlexIDウォレット保有者の一人であるタワナ・マプフモをご紹介します。タワナは、ジンバブエの人口の90%と同様に、インフォーマルな労働部門に属しています。ジンバブエのインフォーマル経済は、同国全体のGDPの60%近くを占めると言われています。タワナはコスチューム・ジュエリーの店を経営しており、自分と8歳の娘の生活を支えています。インフォーマル・セクターで働く人たちにはよくあることですが、彼女には地元の銀行がありません。また、最も近い銀行は100kmも離れているため、ローンや保険など、富を築くのに重要な金融商品を利用することができません。このような排除が、彼女のような多くの人々の貧困の連鎖を助長し、ひいてはこの国の地方における持続可能で公平な経済発展を妨げているのです。


金融機関へのアクセスがないため、タワナはほとんどリスクの高いインフォーマルな高金利の短期資金に頼らざるを得ません。同様に、規制・管理された安全な職場環境や、製品を生産・販売する市場もないため、タワナはビジネスを正式に展開する機会が少なく、脆弱な状態に置かれています。


FlexIDを利用することで、彼女は遠隔地から簡単に銀行サービスにアクセスすることができるようになりました。ジンバブエ商業銀行(CBZ)はFlexIDのSSIDソリューションを利用することで、WhatsAppだけでKYCを実施し、彼女の銀行への加入を可能にしました。また、彼女のビジネスに必要な原材料は、CBZの銀行口座を持っている業者から購入することができるため、彼女は銀行を訪れることなく、銀行との関係を築くことができるようになりました。


タワナのような人は何億人もいるのです。ジンバブエ、アフガニスタン、インド、コンゴに至るまで、身分証明はサービスや市民生活へのアクセスを変えます。IDがもたらすこの潜在的な変革は、アルゴランドのインパクト分野で行っていることの大きな焦点となっています。


アルゴランド財団がブロックチェーン上に構築されたものに対してインパクト投資を行う際、私たちは特に、大規模に生活にプラスの影響を与える可能性があるかどうかを見ています。私たちは、そのイニシアチブをサポートしようとする他の人々の関心の度合いを評価し、そのアイデアの背後にあるチームを見ます。ビクター・マプンガのように情熱的で献身的な人物に出会えば、彼が解決しようとしている問題を理解する上で他にない資格を得ることができ、チームに賭けることが容易になります。ビクターは、タワナのように何百万人もの人々に影響を与えることができるチームの能力を信じています。それは、機会へのアクセスが均等化され、そのアクセスが最終的にすべての人間の可能性を完全に実現する、より包括的な世界へと導くことができる、そして導くことができる信念なのです。



元記事:https://www.algorand.foundation/news/flexid-identity-as-a-means-to-unlocking-every-humans-potential

bottom of page