State Proofsについて



2022年にアルゴランドが導入する最も重要な機能の一つとして注目を集めている「State Proofs」とはなにか?


トラストレスなクロスチェーン・ブリッジや量子耐性の鍵となるとされる「State Proofs」について知ることで、レイヤー1間の競争・協創の未来図が見えてきます。



>プレゼン資料


「State Proofs」は現時点で、C3 ProtocolsとApplied Blockchainの開発するLondon Bridgeでの実装が明らかとなっています。


参考記事①

>Algorand to Scale Ethereum with Groundbreaking Protocol; ETHDenver Announcement?


Algorandのチームは、このクロスチェーンの問題を、少なくとも部分的には、EVMのアフィニティなしで解決する方法を考案したようです。さらに、このソリューションは斬新というよりも、理論的には他のスケーリング・ソリューションよりも効率的で効果的なものです。このソリューションを発表したプロトコルはC3と呼ばれ、『クロスマージン・クリアリング・エンジン・プロトコルを用いたクロスチェーン決済による分散型市場』を構築しています。

ブリッジはクリプトの中で最も脆弱なプロトコルです。これは、あるチェーンから別のチェーンに資産を移動させる中央の仲介者がいるためで、それ以外の方法では実現できません。この戦略は非常にリスクが高いです。Algorandのstate Proofsでは、トークンのミント部分が別のチェーンの資産をミントしようとするときに「照会」されるライト・クライアントが作成されます。つまり、すべての「仲介者」は取引の検証とは無関係なのです。完全に分散化されています。

これにより、クロスチェーンの互換性に新たな時代が到来する可能性があります。ブリッジではなく、今はState Proofsの時代なのです。C3のメディアへの投稿を引用すると、「C3はAlgorandでローンチし、Algorandにネイティブな新しいクロスチェーン・メッセージング技術を使用して、分散型ブリッジングを可能にする暗号証明を通じて他のブロックチェーンと対話します」とあります。これは、Loopringやもうすぐ登場するPolygonで使われているゼロ知識証明の力によるもので、実際にAlgorandの創業者であるSilvio Micali氏が発明したものです。


参考記事②

>Applied Blockchain、アルゴランド財団からLondon Bridgeソリューションのための助成金を受領


  • London Bridgeは、Algorandと他のブロックチェーン・ネットワーク、特にEthereumとの安全な統合を可能にし、シームレスな統合と双方向の流動性の流れを実現します。

  • このブリッジは、アルゴランド・エコシステムが直面している流動性の課題に取り組みます。アルゴランドは、分散型アプリケーションの開発者にとってますます魅力的になっているにもかかわらず、イーサリアムのような他のブロックチェーン・プラットフォームは、数年前に作られ、開発者コミュニティで先行しているため、現在、DeFiとNFTの流動性の大部分を占めています。

  • London Bridgeの統合は、この課題を解決し、Algorand上で開発された増加中のアプリケーションが他のチェーンとシームレスに統合できるようにすることで、DeFiやNFTなどのアプリケーションに、より活発なエコシステムを提供することを目的としています。

London Bridgeでは、セキュリティ、コスト、ユーザー・エクスペリエンスを重視します。長期的には、他のチェーンの検証はすべてスマートコントラクト内で行うという戦略をとっています。Algorand Inc.とApplied Blockchainの両チームがこれに取り組んでおり、Algorand Inc.はCompact Certificatesの形でstate proofsをAlgorand Consensusに組み込んでいます。主な目的は、それぞれのスマートコントラクト環境の中で、他のブロックチェーンのブロック・ヘッダーと状態を、効率的に、コスト効率よく、完全かつ信頼性を持って検証することです。


現在、アルゴランド財団ではEVM互換性の開発助成金の申請募集中です。

>アルゴランド財団、Algorandの導入が加速する中、EVM互換性に焦点を当てた1,000万ドルの助成金を発表


アルゴランド財団のCEOであるStaci Wardenは次のように述べています。

「アルゴランドはマルチチェーンの世界を信じており、このSupaGrantはその必然性に向けて我々を前進させてくれるでしょう。イーサリアム用に書かれたスマートコントラクトをAlgorand上で実行することで、人気の高いDeFiプロトコルやNFTプロジェクトが複数のチェーンにサービスを提供するための障壁をなくし、参加する人のコストを大幅に削減します。経験豊富な開発者チームがAlgorandのために長期的な基礎技術を研究・構築するインセンティブを与えることは、ブロックチェーン・コミュニティ全体の利益につながると考えています」。