アルゴランド財団、Algorandの導入が加速する中、EVM互換性に焦点を当てた1,000万ドルの助成金を発表



アルゴランド財団、Algorandの導入が加速する中、EVM互換性に焦点を当てた1,000万ドルの助成金を発表


デンバー、2022年2月17日 - アルゴランド財団は本日、Algorand上でEVM互換性を実現するために必要な技術的作業を探求し、加速させるチームに報酬を与える1,000万ドルのSupaGrantを発表しました。これにより、アルゴランドの高性能で持続可能かつコスト効率の高いブロックチェーンを活用しようとしているものの、すでにEVM上での構築に慣れているイノベーターを支援します。


研究・開発チームは、2022年3月18日までに、研究方法、推定コスト、スケジュールなどをまとめた提案書を、こちらの提案募集ページから提出していただきます。複数のチームが選ばれる可能性もあり、報酬は競合チームで分配されます。


アルゴランド財団のCEOであるStaci Wardenは次のように述べています。「アルゴランドはマルチチェーンの世界を信じており、このSupaGrantはその必然性に向けて我々を前進させてくれるでしょう。イーサリアム用に書かれたスマートコントラクトをAlgorand上で実行することで、人気の高いDeFiプロトコルやNFTプロジェクトが複数のチェーンにサービスを提供するための障壁をなくし、参加する人のコストを大幅に削減します。経験豊富な開発者チームがAlgorandのために長期的な基礎技術を研究・構築するインセンティブを与えることは、ブロックチェーン・コミュニティ全体の利益につながると考えています」。


SupaGrantに参加する研究・開発チームは、EVM互換性を実現するために、任意の技術を使用することができます。


AlgorandのSupaGrantプログラムについて


AlgorandのSupaGrantは、経験豊富な研究開発チームや組織を対象に、Algorandエコシステムのための安全で高品質なソリューションを研究または構築するためのスーパーチャージド・グラント・プログラムです。


アルゴランド財団は、これらのプロジェクトを長期的に財政的に支援し、研究費、マーケティング、その他の必要なサポートを行うことを目指しています。



アルゴランド財団について


アルゴランド・ブロックチェーンは、MITの教授であり、チューリング賞を受賞した暗号家であるシルビオ・ミカリが設計したもので、ボーダレスなグローバル経済を実現することができるユニークなものです。アルゴランド・ブロックチェーンは、従来の金融機関と同程度のスピードで取引を行うことができますが、即時決済が可能で、取引コストはほぼゼロ、しかも24時間365日体制で利用することができます。カーボン・ニュートラルなプラットフォームと独自のピュア・プルーフ・オブ・ステークのコンセンサス・メカニズムは、分散型プロトコルでセキュリティとスケーラビリティの両方を達成することで、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決し、2019年の稼働開始以来、1秒もダウンタイムがありません。


アルゴランド財団は、健全な通貨供給経済、分散型ガバナンス、健全で繁栄しているオープンソース・エコシステムに責任を持ち、Algorandブロックチェーンのグローバルな約束を果たすための支援を行っています。



元記事:https://algorand.foundation/news/10-million-evm-compatibility-grant