進化するコミュニティ・ガバナンス


進化するコミュニティ・ガバナンス


チーフ・エコノミストのマッシモ・モリーニ、マーケット分析・調査部門責任者のミケーレ・トレッカーニ


2022年のAlgorandブロックチェーン・ネットワークの状態は、Algorandコミュニティ・ガバナンスが設立された当時とは大きく異なっています。サイズだけでなく、価値や参加者も増え、ASAや技術的な改善、アプリも増えています。競合する分散型金融アプリケーションのネットワークや、分散型ガバナンスのレイヤーそのものなど、まったく新しい活動のレイヤーが見られるのです。


この2つのレイヤーは、Algorandの本来の目的を達成するために非常に重要な貢献をしています。成長するDeFiアプリは最終的にAlgorandプロトコルの効率性と安全性を活用することができ、一方、分散型ガバナンスはステークスの分散化が進み、エコシステムに多様な現実と経済的ニーズが現れることに起因しています。Algorandの現在の主な課題の1つは、分散型ガバナンスと分散型ファイナンスが、ユーザーを引きつける上で互いに競合するのではなく、ネットワークをより速く成長させるために複合的に作用することを保証することです。これはすでに以前の記事で述べた懸念事項ですが、DeFiやガバナンスのデザインがユーザーのコンセンサス参加を妨げたり、気をそらすなど、他にも起こりうる衝突を考えることができます。多くのDeFiアプリケーションはこれらの問題に対する独自の解決策を模索していますが、ガバナンスのルールに対する財団のインプットは、潜在的な問題を重要なチャンスに変える力になり得ます。


実際、あるブロックチェーンにおける異なるレイヤー間の衝突は、他の古いブロックチェーンで既に経験済みです。イーサリアムは、そのプロトコルの基盤を変更するための長い道のりの終わりに光が見え始め、その大規模なDeFiネットワークの最終性、持続性、効率性の目標とますます衝突していた古いプルーフ・オブ・ワーク初期システムからプルーフ・オブ・ステークに移行しています。


Algorandは、最終性とスケーラビリティが証明され、インセンティブ・システムが組み込まれていないPure Proof of Stakeの効率性から最初からスタートした、将来を見据えた暗号プロトコルに頼ることができるのです。プルーフ・オブ・ワークとマイニングから去るイーサリアムの例が明確に示すように、このような初期報酬システムは、初期段階では保有者を引き付けるのに役立ちますが、ブロックチェーンのニーズが進化したときに修正するのは難しいのです。Algorandは異なる道を歩み、コア・プロトコルに経済的役割を負わせず、むしろステークを分配し、コア・コンセンサス・プロトコルとは異なるサービスや報酬の層を通じて活動や忠誠心をインセンティブとすることを好んだのです。


今日、分散型ガバナンスは、あらゆる分散型環境の永続的なニーズであり、ネットワークの共通の非分散型リソースに基づく経済的報酬の主要レイヤーであるため、その進化はブロックチェーンの経済ニーズの進化に従う必要があるのです。ガバナンスは柔軟で、コミュニティが投票によってルールを進化させる能力に代表される自然進化システムを組み込んでいます。例えば、前回の投票では、ガバナンス・コミュニティ全体による投票を受けるためにコミュニティの提案を持ち込む権利を持つ、新しいガバナンスの層「xGovs」を導入することを決定しました。現在、xGovsの追加的な任務と責任、およびこれらの活動に対する最適な報酬のあり方について議論しているところです。この投稿では、ガバナンスの可能な進化、その原動力となる原則、そしてガバナンスへの参加をエコシステム全体に関連する他のプロセスや活動にスムーズに組み込む/統合する方法について、いくつかの考察を呼び起こしたいと考えています。


ブロックチェーン・ネットワークのガバナンスは、ブロックチェーン内のリソース・プールのガバナンスと同様に、共通リソースのガバナンスの典型的な例です。このトピックに関する最も関連性の高い考察のいくつかは、1990年に「経済的ガバナンス、特にコモンズの分析」でノーベル賞を受賞したエリノア・オストロムによるものです。彼女の研究は、しばしば8つの原則に集約されます。これらの原則のうち、物理的なコモンズの物質的・地理的性質と深く結びついていて、ブロックチェーンの現実に直接適用できないものはほとんどありません。それどころか、そのほとんどは、分散型ガバナンス・システムが複雑化したときに、その進化に役立つ貴重な指導原則を表しています。



ガバナンスのオストロム原則


第一のオストロム原則は、誰が共有資源とそのガバナンスに参加する権利があるのかを明確に示すことです。私たちは、プルーフ・オブ・ステーク・ブロックチェーンにおける答えを知っています。あなたの権利は、あなたのコミットメント、つまりあなたが経済環境に置くスキン・イン・ザ・ゲーム、すなわちあなたのAlgoのステーク・サイズによって測られます。


次の2つの原則は、「できるだけ多くの人が意思決定に参加する必要がある、しかし共通資源管理には万能のアプローチはない」というものです。これは、ガバナンス・システムの設計と構築において起こりうる誤りを回避するために、ガバナンスを進化させる方法を示唆しています。ブロックチェーンの現実では、上記の原則が読み取れます。


  • 分散型コミュニティのガバナンス・システムは、可能な限り誰にでも開かれた、包括的なものでなければなりません。したがって、ガバナーは潜在的にすべてのアクティブな参加者であり、ブロックチェーンではブロックチェーン資産のすべての保有者を意味します。統治する権利はすべての人に認められなければならず、これによりガバナンスはネットワークに対するコミットメントの最も基本的な形となり、すべての参加者のインセンティブの基本的な層となるのです。

  • あらゆる共通財のガバナンス・システムは、プレイヤーの異質性、したがって共通財に対する彼らの関心、および彼らのコミットメントとスキンシップの異なるレベルを認識する必要があります。後者の原則はプルーフ・オブ・ステークと完全に一致し、プレーヤーにそのステークに比例した権力を与えることに相当しますが、それ以上のものです。ガバナーに求められるコミットメントやサービス、それに伴うインセンティブが「画一的」なものであった場合、多数派にフィットするサイズに合わない人たちの参加は阻まれることになります。さらに重要なことは、ガバナーはブロックチェーン内のガバナンスと他のサービスのどちらかを選択することを余儀なくされ、ガバナンスのすべての目的に背くことになり、効果的なインクルージョンができなくなることです。


第4、第5、第6の原則は、ユーザーであるガバナーの義務や権利に焦点を当てたものです。ルール遵守の監視が必要であり、ルール違反には制裁が必要であり、不確実性を回避し、対立を解決するためのツールが整備されていなければなりません。スマートコントラクトの使用とブロックチェーンの透明性により、これらの説明責任の原則は、従来のシステムよりもブロックチェーンに適用されます。報酬と制裁の枠組みの存在(決定事項からの除外や報酬の喪失といった軽いものから)は、すでに多くの重要なパブリック・ブロックチェーン・サービスの中心となっています。


最後に、オストロムは、ガバナーは自らの組織を決定する必要があり、ガバナー間の責任を入れ子状に構築することを指す「入れ子型企業」のシステムでより効率的に働くと指摘しています(Ostrom, 1990)。



分権型ガバナンスの経済的機会


分権型ガバナンス・システムは、どのようにしてこれらの原則を実現できるのでしょうか。xGovsの議論では、DAOを通じてコミュニティの提案を決定する、このガバナーの層を集約する必要性が浮上しています:たとえば、この投稿をご覧ください。DAOに必要なコミットメントについて、この投稿では、xGovsが少なくとも1年間DAOに報酬を残すことを提案しています。これは確かに興味深い可能性で、この方法ではxGovsは元金を追加でロックすることなく長期的なコミットメントを証明でき、同時に新しく発行された報酬の短期的なインフレ圧力を軽減することができます。


ガバナンスと他のブロックチェーン活動の相互作用を伴う成熟したブロックチェーンの現実に関する上記の観察は、xGovsがネットワークへのコミットメントをさらに、あるいは異なる形で証明できる方法をすでに示唆しています。


  • xGovsは、いくつかの追加的なリスクを喜んで受け入れながら、関連する経済活動に参加することができるのです。短期的には、ガバナーのための経済活動への参加は、私たちの成長するDeFiエコシステムへの参加という形をとることができます。ガバナンスとDeFiのリソースから得られる追加の報酬は、取られたリスクに比例して設定されるべきです。これは古典的な金融の原則に従ったもので、リスクの高い活動で一定期間コミットすると、ただ一定期間保持するよりも多くの報酬が得られるというものです。

  • また、前述の初期のxGovの提案のように、早期に離脱したxGovから残りのxGovに報酬を譲渡するなどの変動要素を受け入れて、より長い期間報酬を放棄することができます。これはすでに報酬の一形態とすることができ、DAOにおける彼らのコミットメントの長さに比例して、提案を支持する彼らの重量の増加に追加されます。

  • 彼らは、参加ノードや中継ノードの運営など、コアな活動に参加することができます。短期的には、より簡単なノード運営活動は参加ノードの運営であり、これは報酬の上記の2つの形態の任意のミックス、または彼らのコミットメントの他のトークナイズされた認識を楽しむことができます。


上記の方向性は、エコシステムの関連プロセスへの参加と統合という目標に到達するために、ガバナンス・フレームワークの進化に役立つ基本的な指導原則を構成することができると考えています。


特に、自己組織化の原則に従えば、幅広いガバナンス・コミュニティのための可能な道筋を構成することができると考えています。ガバナーは、xGovsに最も関連する活動、これらの活動をガバナンスの「入れ子企業」として組み合わせたり重ねたりする方法、そして3つの異なるコミットメントの形態に対する異なる報酬の適切なレベル(それらを複合する可能性も含む)について意見を表明しなければならないでしょう。この小さな貢献を超えて、エコシステムからの強力なサポートのみが、ここで議論された機会のすべてまたは一部をガバナンスの将来の現実に迅速に導入することにつながることを知っています。



元記事:https://medium.com/algorand-foundation/evolving-community-governance-c185f06cab7b