週刊アルゴランド・ジャパンVol. 19【2021年8月30日発行】

更新日:2021年9月10日

週刊アルゴランド・ジャパン Vol. 19【2021年8月30日発行】



米国MIT発パブリック・ブロックチェーン「アルゴランド(Algorand)」の最新情報プラスαを毎週月曜日にお届けします。皆様からの協業・提携、助成金申請、イベント共催などの各種ご提案も絶賛受付中!お気軽にお問い合わせください。


【はじめに】 いよいよアルゴランドのガバナンス分散化の開始まで一ヶ月となりました。またこれから第4四半期にかけて続々とDeFiがアルゴランド上に登場してきます。高速かつ超低額の取引手数料で利用できるので、誰でも利用でき、ブロックチェーンの大規模な採用への扉が開きます。 これからはガス代が高いとか、スピードが遅いとか、それに対して「うちは早い、安い」とかアピールするフェーズは終わり、実際にブロックチェーン上で展開されるサービス/アプリケーションが社会に提供する新たな価値の競争をするフェーズへと突入していきます。 NFTにしても、「なぜ高額な価値がつくのかわからない」と頭をひねるフェーズは終わります。わからなくてもいいんです。ピカソの絵の価値だってわからない。それよりも音楽著作権がNFT化されることによって誰もが好きなアーティストの印税収入を得られるという音楽業界にもたらされる創造的破壊、不動産が少額のNFTに細分化され誰もが不動産オーナーとなり毎日家賃収入がウォレットに入ってくる世界など、「わかる」ものについてより深く学んで参画していくことのほうが大事です。 いずれにしろAlgoホルダーにとっては、10月からのガバナンスへの参画によって、より深くブロックチェーンやサービス/アプリケーションについて考える機会が増えますし、各提案に投票するための情報も多く提供されるようになります。置いていかれないように、9月は今一度基礎固めをしておくことをおすすめします。


=================================== 1.注目ニュース



(1)アルゴランド上に、高速で低コストの暗号通貨貸出市場が誕生

Algofiは、従来の金融と分散型金融の間のギャップを真に埋める初のクリプト・ネイティブ・バンクとなることを目指しています。だれでも自分の暗号通貨を貸し出すことで高金利を得られます。また。普通預金口座やクレジットカードなどの伝統的な銀行サービスの提供も予定しています。 ちなみに創業者の出身母体である「Y Combinator」というのは少額のシード資金をスタートアップ投資する米国のアクセラレータで、3カ月にわたって集中的に指導し他のベンチャーキャピタルなどから投資を受けられる状態まで育てます。ここから、ドロップボックスやエアビーアンドビーが誕生しています。 >Y CombinatorとCitadel出身者がアルゴランド・ブロックチェーン上でDeFi融資プロトコル「Algofi」をローンチ




(2)誰でも手軽に使えるDeFi- 暗号通貨貸し借り市場の登場


今日まで、DeFiにアクセスできるのは、非常に技術に精通したクリプト志向の人々だけでした。DeFiがその可能性を最大限に発揮するためには、便利で親しみやすく、誰もがアクセスできるものでなければなりません。Folks Financeは、信頼性が高く手頃な価格の分散型金融サービスを提供することで、DeFiの利用者を従来の金融ユーザーに拡大することを目指しています。 貸し出しでは、Folksのユーザーは流動性を供給して、即座に継続的な経済的リターンを得ることができます。借り入れでは、ユーザーは預けた資金を担保として、クリプト融資を受けることができます。 >アルゴランド・ブロックチェーン上に構築された借入・貸付のための資本市場プロトコル「Folks Finance(フォウクス・フィナンス)」の紹介




(3)アルゴランド・ウォレットから各種アプリケーションの利用が可能に これまでデスクトップ用ウォレットを利用する必要がありましたが、今回のアップデートにより、モバイル・ウォレットからDeFoなどのアプリケーションを利用できるようになりました。 これは開発者、ユーザー双方にとって待ちに待った便利な機能です。 >アルゴランド・ウォレットがWalletConnectプロトコルに統合




(4)開発者がアルゴランド上でアプリケーションをシームレスかつ短時間で構築するために必要なすべてのリソースとツールを提供 Tatumは、高度な組み込み機能とインフラへのアクセスを提供し、最高の開発者体験、最速の市場投入、シームレスな統合を実現するブロックチェーン開発者ツールです。複数のブロックチェーン・プロトコルを重ね合わせる独自のフレームワークを提供し、開発者はこれまでのブロックチェーン開発の経験がなくても、そのいずれかまたはすべてのプロトコル上でブロックチェーン・アプリを構築することができます。 >Tatum、アルゴランドと提携し、開発者にツールやインフラへのアクセスを提供




(5)開発者がブロックチェーンに取り組むハードルを劇的に下げるPIPELINE-UI Headline Incは、画期的なブロックチェーン・オンランプ・ソリューションであり、アルゴランドの最新の業界をリードする技術的成果であるPIPELINE-UI(React.jsベースのコンポーネント・ライブラリで、クリプトの最大の課題に対処するためにゼロから構築されている)を発表しました。 PIPELINE-UIは、コンポーネント・ライブラリとは何かを再定義することで、ブロックチェーンのオンランプのジレンマを解決します。もはやコンポーネント・シェルではなく、PIPELINE-UIの標準的なアルゴランド・コンポーネントは、バッテリーがインストールされた状態で出荷されます。アルゴランド・コンポーネントにハードコードされた新しいAlgorand SDKが書かれており、これはコンポーネントが文字通りプラグ・アンド・プレイであることを意味します。開発者は、カスタムDApps(分散型アルゴランド・アプリケーション)を3分以内に構築し、デプロイすることができるようになりました。 >Headline Inc、画期的なブロックチェーン・オンランプ・ソリューション「PIPELINE-UI」で開発賞を受賞



(6)その他 - アルゴランド財団、Algoの供給ライブ・データ・フィードのアップデートを共有 - アルゴランドとZenLedgerのパートナーシップを発表。たぶん日本でのCryptactさんのようなもの? - Opulousのトークン$OPUL生成イベントの概要が今週水曜日に発表されるようです。 - Algodex(テストネット)の使い方マニュアル。 - アルゴランド上のプロジェクト向けのマーケティング・エージェンシー