ブロックチェーン・ベースのCBDCシステムが金融包摂、イノベーション、経済的パフォーマンスに与える効果について



ブロックチェーン・ベースのCBDCシステムが金融包摂、イノベーション、経済的パフォーマンスに与える効果について

By アンドレア・シベリ(Andrea Civelli)


このブログ・シリーズは、アルゴランドのAndrea Civelliが、中央銀行デジタル通貨の設計、提案された実装モデル、そして政府が金融の未来に参加することを可能にするテクノロジーに関する視点について、継続的に書いているものです。



今回のブログでは、CBDCに関する最初の記事で紹介した、成功する中央銀行デジタル通貨(CBDC)を設計するための原則の1つである、金融包摂とイノベーションの促進について詳しく説明します。



イノベーション、金融包摂、そして経済的な豊かさ


連邦預金保険公社(FDIC)は隔年で、米国の家計の銀行システムへの参加状況について「How America Banks(アメリカの銀行利用動向)」と題したレポートを発表しています。前回のレポートは、COVID-19のパンデミックが始まる少し前の2019年に発表されました。意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、直近のデータによると、米国では700万世帯以上が銀行口座を持っていないことになっています。この数は、パンデミックが家庭の社会経済状況に与える影響により、2021年には増加すると予想されています。


銀行口座を持っていないことは、深刻な問題です。銀行口座を持たずに、例えば住宅ローン、自動車ローン、大学ローンなどの支払いや金融サービスを受けることは、不可能ではないにしても非常に困難です。銀行口座を持っていない人は、小切手ではなく、現金や郵便為替などの基本的で高価な決済手段に頼らざるを得ません。


銀行口座がないことは、個人が経済的に完全に包摂されるために必要な金融包摂と金融リテラシーの最大の障害となります(ちなみに、4月は金融リテラシー月間でしたので、このトピックについてお話しできてとても嬉しいです!)。そして最悪なのは、このような経済システムの摩擦は、個人の機会を減少させるだけでなく、国全体の経済的潜在力をも低下させるということです。


しかし、良いニュースは、先進的な次世代ブロックチェーン技術によって提供されるいくつかのCBDC設計ソリューションを採用することで、例えば銀行口座を持たない人々の状況を改善するなど、CBDCが金融包摂、経済成長、そして国家の幸福を促進することができるということです。


それでは、これらのCBDCの設計原則について詳しく見ていきましょう。


  1. CBDCシステムは、オープン性によってイノベーションを促進するものでなければなりません。オープンソースの分散型台帳に基づくCBDCソリューションは、CBDCブロックチェーン上の分散型アプリケーションの開発を強力にサポートし、促進します。ブロックチェーン技術のオープン性は、ネットワーク自体やエコシステムの参加者によってイノベーションが促進される、ボトムアップ型のエコシステムの構築に最適です。革新的な決済・金融サービスは、必ずしも従来の仲介者に頼ることなく、CBDCのインフラ上で直接機能するように設計することができます。例えば、CBDCのデジタル・ウォレットを利用することで、銀行口座を持たないエンドユーザーに新しく便利な決済サービスを提供することができます。同様に、分散化やスマートコントラクトを活用した革新的な金融商品は、新たな投資機会を生み出し、金融サービスへのアクセスを拡大するでしょう。

  2. CBDCシステムは、金融サービスのコスト削減を実現するために、競争を促進しなければなりません。参入障壁のないオープンなシステムは、金融・決済サービスの提供者間の競争を促進します。競争の主な効果は、CBDCブロックチェーンにおけるエンドユーザーのサービス・コストの削減です。逆にクローズドなリューションは、プロバイダーがさらにバリアフリーのシステムを維持することに利便性を感じないため、同じ結果を得ることはできません。CBDCは、伝統的な金融機関と大手ハイテク企業の間に、より公平な競争の場を作り出すこともできます。大手ハイテク企業は、従来の金融機関に対して圧倒的な情報取得の優位性を持っており、その優位性は、既存の規制の枠外で新しいビジネスモデルに変換されています。CBDCは、金融機関がより迅速に技術革新を行い、より安価なサービスを提供することを可能にし、大手ハイテク企業とのギャップを縮めることができます。

  3. CBDCは、インフォーマル経済の人々を含む幅広い層の消費者に届くものでなければなりません。決済手段が普遍的に受け入れられ、信頼されるためには、誰もが利用可能である必要があります。この目標を達成するためには、CBDCシステムへの完全なアクセス性とユニバーサル・デジタルIDという2つの関連する課題の解決策を見つけることも必要です。この2つの課題にうまく取り組まなければ、人口のかなりの部分がCBDCを使った取引に苦労するだけでなく、アクセスすることすらできなくなります。これは、新興市場の銀行口座を持たない人々に特に関係します。例えば以下のようなことです。

  • CBDCへの完全で途切れないアクセス性、特にオフラインでのアクセス性は、中央銀行にとってCBDCの重要な特徴です。デジタル・ウォレットやモバイル機器に頼ることで、アクセシビリティを強化できる可能性があります。しかし、スマートフォンの普及率は完全ではなく(米国でも約80%)、そのため、リテール向けCBDCの設計では、オフラインでのユースケースやスマートフォンなしでの操作性も考慮しなければなりません。

  • ID文書の入手は、特に新興国では、一部の個人にとって必ずしも容易ではありません。ユニバーサルで容易にアクセスできるデジタルIDインフラを構築することは、CBDCシステムの成功にとって最も重要です。例えば、認定投資家として資産を保有したり、AMLコンプライアンスの証明を提供したりするなど、何らかの形のオンチェーンID認証がCBDCブロックチェーンの特定のタイプの取引に必要になると思われます。CBDCを発行する中央銀行は、デジタルIDの課題を解決するために、幅広いステークホルダーの参加を求めなければならないでしょう。特に、強力な現実世界のIDが特定のオペレーションに必要な場合はなおさらです。この場合、ライセンスされた信託プロバイダーは、エンドユーザーがKYC/AMLプロセスに合格した後、追加のID情報を含む公開鍵を認証するために中央銀行をサポートしなければなりません。



アルゴランド・ブロックチェーンは、CBDCシステムがイノベーション、金融包摂、経済的パフォーマンスを促進することを確実にすることができます。


アルゴランド・ブロックチェーンのユニークな機能により、私たちが提案するCBDCモデルは、CBDCがイノベーション、金融包摂、成長を促進するために必要なすべての要件を満たすことができ、人々、組織、政府が金融と決済の未来において成功することを可能にします。



アルゴランドは、強力なCBDCの実装を後押しするユニークな立場にあります。


オープン性:新しい金融インフラを設計する上で最も難しいのは、レガシー・システムと互換性があり、かつ金融の未来を創造するための要件を満たす、堅牢で弾力性のある方法でプロトコルとプロセスを開発することです。アルゴランドが採用しているエコシステムの考え方では、この作業は前倒しで行われ、私たちのオープンソースのブロックチェーン技術の基本設計に反映されています。多くの企業向けブロックチェーン・プロバイダは、中央銀行を単一のソリューション・プロバイダに拘束するような壁のある仕組みを構築していますが、アルゴランドのシステムは、競争を促進し、ベンダーのロックインを防ぐオープンAPIを持つように設計されています。アルゴランドのオープン・アーキテクチャは、銀行から電子マネー会社、決済プロバイダまで、様々なエコシステム・パートナーとのシームレスな相互作用を促進するプロトコルで、エコシステムを構築します。


革新とコスト削減:開発者、アプリケーション、そして革新的なアイデアを持つ大規模なエコシステムが、すでにアルゴランドのブロックチェーン技術を使用しています。彼らはアルゴランド標準アセット(ASA)を使用して、ブロックチェーン空間における実世界の資産とデジタル資産をモデル化し、Layer-1スマートコントラクトを活用して、これらの資産に、関連する手数料を伴う第三者の仲介者を必要としない機能を与えています。また、オンライン・ドキュメントやサンプルを用いた広範な開発サポートにより、イノベーターの導入が大幅に促進され、アイデアの市場投入までの時間が短縮されます。これらのソリューションは、CBDC自体に対する中央銀行の権限を損なうことなくサポートすることができます。


イノベーションに適した環境を構築するため、ネットワーク・アーキテクチャは2つのネットワークで構成されています。1つは、すべての機関が製品をプログラムするために使用できるプレ・プロダクション・ベータネットで、もう1つはエンド・ツー・エンドのテストを行うためのベータCBDCです。中央銀行の十分なレビューと承認を得た後、ベータネットで立ち上げたアプリケーションは、メインのCBDCネットワークに昇格し、展開することができます。現在、アルゴランドは、各国の特性やニーズに合わせたソリューションを提供するために、現地のコンソーシアム・パートナーやグローバルなテクノロジー企業と協力して、上記のモデルを実施しています。


アルゴランドのオープンソース・デザインを採用することで、すべての参加者は、システム的な保護を遵守しながら、オープンな競争から利益を得ることができます。アルゴランドのブロックチェーンのオープン性により、CBDCエコシステムの参加者は、より安価な新しい金融商品やサービスを生み出すことでイノベーションを促進することができます。


IDとアクセシビリティ:CBDCシステムへのアクセスを可能にするためには、デジタルIDインフラの問題を解決することが、経済的・金融的包摂を拡大するための基本となります。アルゴランドのデザインの基本方針の一つは、一般化された柔軟なツールを作ることです。この理由から、アルゴランドはID企業と協力して、W3C Decentralized Identifiersなどの多くの新興ID標準で使用でき、多くの異なるプラットフォーム間で容易に移植可能なオンチェーンID認証を作成しました。


アルゴランドは、CBDCシステムにおけるオフライン取引のためのソリューションも提案しています。ホワイトペーパーでは、断続的にしか接続できないユーザーやスマートフォンを持っていないユーザーを、接続性が良くスマートフォンを持っているユーザーと全く同等の条件で参加させる方法について述べており、CBDCの根本的な参加性に焦点を当てているアルゴランドの姿勢を強調しています。



おわりに


アルゴランドのCBDCモデルは、暗号学者、経済学者、技術者、政策専門家を含む学際的なチームによって設計されており、摩擦のない経済のための最も革新的で効果的なソリューションを見つけるというアルゴランドのコミットメントを体現しています。


アルゴランドでは、各国のデジタル通貨プロジェクトでの経験が増えるにつれ(例えば、アルゴランドはマーシャル諸島の新しいデジタル通貨であるSOVを支えるインフラとなっています)、最近の一連の投稿で説明したCBDCのオリジナルで徹底したモデルを開発しました。アルゴランドのCBDCモデルについてご興味のある方は、「Issuing CBDC using Algorand」レポートをダウンロードしてください。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/blockchain-cbdc-inclusion-innovation-economic-performance