アルゴランドCBDCレポート:エグゼクティブサマリー




アルゴランドCBDCレポート

エグゼクティブサマリー


*7月に発表されたレポートのエグゼクティブサマリーの翻訳になります。


デジタル経済は経済成長に大きなチャンスをもたらしますが、同時に新たな課題も発生します。それは、まだ金融インフラが十分に整備されていないため、中央銀行の従来の運営方法に近いうちに影響を与えることになるでしょう。同時に、世界の多くの中央銀行が、金融サービス部門の効率性と競争力を高めるために既存の決済インフラの見直しを進めています。


本稿では、デジタル経済がもたらす機会を取り入れ、通貨主権を維持し、自国の決済システムを近代化するために、中央銀行は中央銀行デジタル通貨の発行を慎重に検討すべきであると主張します。アルゴランドのような次世代ブロックチェーンにより、分散型台帳は将来の金融システムの重要なインフラとして機能する技術的成熟度に達しています。ブロックチェーンに基づく中央銀行デジタル通貨は、決済システムの進化における次の自然なステップであり、その設計と実装は以下の6つの検討事項によって推進されるべきであると考えます。


1. 新しい決済手段に対する信頼をどのように確保するか?


CBDCを発行する際の重要な課題は、少なくとも物理的な対応策と同等の価値を維持することを確実にするために、新しい決済手段に信頼を生み出すことです。これは、現金の発行が非常に高価である主な理由の一つです。支払手段としての現金に対する信頼には、中央銀行が紙幣の偽造ができないことと現金のサプライチェーンが安全であることを保証することが必要です。分散型台帳で発行されたCBDCは、台帳の暗号プリミティブのおかげで偽造が不可能です。


これとは対照的に、中央集権型台帳は、台帳のデータベースがハッキングされたり、その他の方法で侵害されたりすると、エントリーが操作される可能性があります。このようなサイバーセキュリティ上のリスクやコストがかかるため、中央集権型のデジタル通貨は、分散型台帳上で発行されるデジタル通貨に比べて、本質的に効率が悪いのです。


現金での取引は、少なくとも取引相手が同じ物理的な場所にいる場合は、すぐに決済が完了します。従って、現金のデジタル・アナログも即時決済が可能でなければなりません。そうでなければ、その金融商品にはカウンターパーティー・リスクがあり、CBDC導入のメリットのいくつかが台無しになります。ほとんどのブロックチェーンは即時決済の最終性を持っていませんが、アルゴランドの純ピュア・プルーフ・オブ・ステーク(PPoS)プロトコルはこれをネイティブに実装しています。即時決済の最終性と、CBDCを発行する際に中央銀行が得る追加の監視能力は、CBDCが少なくとも現金と同じくらい信頼できることを意味しています。



2. シームレスなユーザー体験のためのスケーラビリティをどのように実現するか?


これまでのほとんどのブロックチェーン、特にビットコインやイーサリアムのようなプルーフ・オブ・ワーク・アルゴリズムに基づくブロックチェーンは、スケーラビリティの問題に悩まされ、アーリーアダプターによって現在課されている軽い負荷にさえ対応するには秒当たりの取引数が不十分でした。しかし、約5000万人のCBDCユーザーがおり、それぞれが1日に約2~3回の取引を行う大規模な国の取引を確実に処理するためには、CBDCは1秒間に平均1500件の取引を処理しなければならないでしょう。これは、今日の標準的なプルーフ・オブ・ワーク型ブロックチェーンが処理するよりも100倍も多い数字です。


スケーラビリティは、シームレスなユーザー体験の鍵であり、ひいては新しい決済手段の採用と受容の鍵になります。もしユーザーが低額の取引でも決済に数秒待たなければならないなら、現金に不可欠な多くのユースケースがCBDCにとってアクセス不能になります。アルゴランドはスケーラブルに設計されており、分散型システムで1秒間に数千件の取引を容易に実現します。



3. 匿名性と説明責任のバランスをどうとるか?


プライバシーは人権の一つであり、CBDCを広く採用するための必要条件です。そのため、特にリテールCBDCの文脈では、この権利と、取引がKYC/AML に準拠することを保証する規制上の必要性とのバランスを慎重にとることが最も重要です。このため、完全な非公開取引、部分的な非公開取引、および完全な透明性のある取引につ いて調整可能な限度を持つ、プライバシーに対する階層的なアプローチが必要です。重要なのは、中央銀行がプライバシーの異なるレイヤー間の閾値を完全に制御し、必要に応じて変更できるようにしなければならないことです。


アルゴランドは、政府や中央銀行が独自のプライバシー層を指定し、組み込み機能と強力なレイヤー1スマートコントラクトの組み合わせを使用して、必要に応じてシステム内の認定IDプロバイダにIDを委譲できる柔軟なフレームワークを提供します。このプライバシーに対する階層的なアプローチは、実用的であると同時に、プライバシーという概念が存在しないというプライベート暗号資産が選択したアプローチとは全く対照的でなのです。これらのブロックチェーンは、ユーザーのプライバシーを保護する手段として仮名アドレスに依存していますが、プライバシーに対するこのアプローチは、既存の顧客把握やマネーロンダリング防止要件と真っ向から対立しています。私たちは、このプロトコルの欠陥を修正するよりも、最初からプライバシーのために設計する方が良いと考えています。アルゴランドのCBDCのためのパーミッション型ブロックチェーンは、プライバシー・コンプライアンスの針に慎重に糸を通すことを可能にします。



4. 完全な包摂性を実現するには?


決済手段が普遍的に受け入れられ、信頼されるためには、その国のすべての人が利用できるようにする必要があります。スマートフォンの普及率は、米国でさえ約80%であり、インドのような新興市場では約37%であるため、中央銀行にとってこれは大きな挑戦です。そのため、リテールCBDCのデザインはスマートフォンを持っていないユーザーのために用意されなければなりません。


完全な包摂性を達成するためには、アイデンティティ(ID)とアクセスという2つの関連する課題に直面します。特に新興市場では、利用者は必ずしも身分証明書を持っているとは限りません。CBDCを発行する中央銀行は、デジタルIDの課題を解決するために、幅広いステークホルダーの関与を求めなければなりません。これは、完全な包摂性に対する第2の課題であるアクセス不足によって増幅されます。


アルゴランドは、スマートフォンを持たないユーザーを取り込むことを促進するなど、抜本的なインクルージョン(包括性)を受け入れています。アクセスを可能にするために、IDを解決することは、経済的包摂を拡大するための基本です。アルゴランドは、さまざまな問題に適用できる汎用的で柔軟なツールを開発することを設計の基本理念としています。アルゴランドは、ID会社と協力し、オンチェーンID認証を作成しました。これらの認証は、W3C Decentralized Identifiersのような多くの新しいID標準と一緒に使用することができ、IDを多くの異なるプラットフォーム間でポータブルにすることができます。


最近発表したホワイトペーパーでは、接続が断続的でスマートフォンを持たないユーザーが、接続が良好でスマートフォンを持つユーザーと全く同等の立場で参加できるように設計したソリューションの概要を説明しており、中央銀行デジタル通貨に対する根本的な包括性に焦点を当てたアルゴランドの取り組みを強調しています。



5. 相互運用性をどのように保証するか?


新しい金融インフラの設計で最も難しいのは、レガシー・システムだけでなく将来の要件とも互換性のある堅牢で弾力性のある方法で、プロトコルやプロセスを開発することです。アルゴランドが採用しているエコシステムの考え方では、この作業は前倒しで取り組まれており、私たちのオープンソース・ブロックチェーン技術の基本設計に反映されています。


アルゴランドの「オープンネス・バイ・デザイン」アーキテクチャは、プロトコルが様々なエコシステムのパートナー(銀行、電子マネー会社、決済プロバイダーなど)のシームレスな相互作用を促進するエコシステムを作り出します。その結果、私たちはプロトコルやプロセスの作成という大変な作業を前倒しで行い、特定の当事者が参入障壁を作ることなく、多様なエコシステムのプレーヤーが相互作用することを可能にしました。これは、壁のある庭を作ろうとする他のアプローチとは大きく異なります。アルゴランドは、中央銀行や政府機関がプラットフォーム上でどのユーザーやユースケースを許可するかを完全に制御できるようにしながら、あらゆる民間アクターによる捕捉を防ぐオープン・プラットフォームを作成しました。



6. 競争を促すには?


民間デジタル資産の台頭は、小規模な新興企業、大手銀行、大手ハイテク企業を問わず、イノベーションの嵐を巻き起こしました。アルゴランドの最初の1年間で、急速に成長するエコシステムは、500以上の組織が、より広いデジタル資産の領域で活動する革新的な何万もの企業に参加しました。競争を促進するためには、参入障壁のないオープンなシステムが最も重要です。壁で囲まれた庭というソリューションではこれを解決できません。なぜなら、このようなソリューションでは、プロバイダーが将来にわたって参入障壁を作らないことを約束することができないからです。壁で囲まれた庭のルールは、ソリューション・プロバイダーによっていつでも変更することができます。


分散型検証により実行されるアルゴランドのオープン・プロトコルは、我々のプラットフォーム上に構築されたシステムが常に競争を促し、規制の裁定を抑制することを保証します。一度確立されたシステムのルールを変更することを選択できるのは、認可された当事者の集合的な意志だけです。



>アルゴランドの2022年中央銀行デジタル通貨(CBDC)レポート:デジタル経済の効率と競争力を高めるハイブリッド・アプローチを推奨