https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

中央銀行、そして銀行口座を持たない人々が共にブロックチェーンに注目する理由



中央銀行、そして銀行口座を持たない人々が共にブロックチェーンに注目する理由 by JOHN GILBERT


倒産とパンデミックの懸念にもかかわらず、2022年にブロックチェーンと暗号通貨の導入が新記録を達成



倒産やパンデミックの懸念はあったものの、2022年はブロックチェーンと暗号通貨の導入において、特にインフレが激しく、国民が世界の決済ネットワークから切り離された国々において新記録を樹立しました。


例えば、2022年のStatista Global Consumer Surveyのデータによると、インフレ率7位のトルコでは、暗号通貨の普及率が25%から40%に上昇したことが示されています。また、人口の60%が銀行口座を持たないナイジェリアでは、導入率が45%と過去最高を記録するまでに増加しました。


これらの地域の金融政策と決済インフラは、支配的な銀行システムの深刻な欠点を表しています。最近開催されたDecipherカンファレンスのパネルでは、現在の金融システムが銀行口座を持たない人々に手を差し伸べ、物価の安定を提供できていないことが、発展途上国がブロックチェーンの導入で世界をリードする原動力になっているという点で意見が一致しました。購買力を保護し、支払いを即座に決済する必要性は、依然としてこの技術の主要なユースケースです。


多くの中央銀行が、決済プロセスの中核であり続けるために、これらのソリューションに対抗する様々な方法を模索しています。また、中国のように権威主義的なCBDC展開で暗号通貨を非合法化している国もありますが、イタリアのようにブロックチェーンのセキュリティとデジタル資産のエコシステムの相互運用性を活用できる協調的なアプローチを検討している国もあります。



ブロックチェーン・ソリューションを模索する中央銀行


2022年7月、イタリア銀行は、決済目的でデジタル台帳技術(DLT)を使用することの利点を分析した報告書を発表しました。この報告書の目的は、トークン化された証券、暗号通貨、デジタル資産のようなものを購入するために、中央銀行の資金を安全かつ確実に使用できる方法を発見することでした。その結果、TIPS Hash-LinkとTIPS-Algorandの両方の決済モデルが実現可能なソリューションを提供し、さらなる実験のために検討されることになりました。そして2022年12月13日、アルゴランドは、イタリア銀行がデジタル保証プラットフォームをサポートするためにレイヤー1ブロックチェーンを使用した国家プラットフォームの立ち上げを承認したことを発表し、ブロックチェーンと中央銀行の統合に向けた一歩を踏み出しました。


プラットフォームを調整する技術・イノベーション・金融研究センター(CETIF)の教授であるフェデリコ・ラジョラは、プレスリリースで次のように述べました。「私たちがアルゴランドを選んだのは、パーミッションレスDLTの中でも比類のないレベルのイノベーションとセキュリティ、そして持続可能性におけるリーダーシップがあったからです。私たちは、(アルゴランドがサポートするデジタル・シュアティーズのプラットフォームのような)この国の競争的持続性に劇的に貢献でき、すべての人にとって有益になると信じています」。


このアプローチは、暗号通貨に対する中央銀行の代替的な対応策を表しています。厳格な検閲措置を実施するために設計されたCBDCで対応するのではなく、既存のブロックチェーン・インフラと連携し、決済プロセスの不可欠な部分であり続けようとしているのです。これは、パーミッションレスのブロックチェーン暗号通貨が成功するためには、CBDCを打ち負かしたり、中央銀行に取って代わる必要はないことを示しています。アルゴランド、イタリア銀行、その他のイタリアの公共団体や機関の間のこのコラボレーションは、クリプトと中央銀行のお金のためのエコシステムが互いに利益を得ることができる潜在的な未来を示唆しています。



ブロックチェーン導入を推進する「銀行口座を持たない人々(The Unbanked)」


ほとんどの国では、ブロックチェーン・ベースの暗号通貨を禁止する体制が整っていません。例えば、ナイジェリアは2021年にクリプトを禁止したにもかかわらず、2022年には採用率で世界をリードしています。また、ブルームバーグのレポートによると、ナイジェリアの人口2億1700万人のうち、政府発行のデジタル通貨を使用しているのは、その発行から1年後で0.5%未満だそうです。そのため、クリプトを利用して購買力を維持し、金融サービスを利用する人が増えれば、中央銀行に相互運用性の高いソリューションの追求を強いることになるかもしれません。


とはいえ、銀行口座を持たない人々へのサービスについては、クリプトでさえも課題があります。2021年8月のタリバンのアフガニスタン占領により、同国の銀行システムはほぼ即座に崩壊寸前まで追い込まれ、現在も危機的な状態が続いています。一部の人にとって、クリプトやその他のブロックチェーン・ベースのソリューションは、脆弱な人々が援助を受け、医療費や食料などの重要なものを安全に支払うための安全な代替手段となりました。 しかし、多くの人々がスマートフォンにアクセスできず、クリプトの送受信に必要な技術的なリテラシーもないことが課題でした。HesabPayという暗号決済システムの創設者であるSanzar Kakar氏は、このニーズに応えるためにQRコード・カードの利用を開始しました。Decipherカンファレンスの「Payment Revolution is Now」パネル・ディスカッションで、彼は次のように述べています。


「私たちのニッチな対象は、必ずしも(クリプトの送受信方法を)理解している人ではなく、スマートフォンとインターネット・アクセスを持っているわけでもありません。そこで、QRコードを使っています。最近、アフガニスタンの未亡人に7500個を提供しました。彼らはブロックチェーンの仕組みを理解したり、スマートフォンにアクセスしたりすることなく、このコードを使って支払いをすることができます。彼らは毎月QRコードカードを持ってお店に行き、店員に見せてスキャンしてもらうだけで、寄付された資金がアルゴランド・ウォレットから引き落とされるのです」


ブロックチェーン・ウォレットと連動したこのQRコードは、中東や南アジアなどで未だに一般的なインフォーマルな送金システムに存在するセキュリティ・リスクからも守ってくれるのだそうです。HesabPayを使えば、QRコード・カードウォレットを持っている人なら、従来の銀行がないところでも、外部からの寄付や送金を受け取ることができます。


こうした革新的な取り組みは、ブロックチェーン決済のレールに乗ることが難しい人々でも利用を始めることができる、拡張性のあるモデルを提供する可能性があります。したがって、ナイジェリアのCBDCなどが一般住民にすら届かないことから、各国政府は最も遠隔な地域で機能しているシステムとの相互運用性を高めることを求めるかもしれません。


*本コンテンツはアルゴランドの提供によるものです。


元記事:https://blockworks.co/news/central-banks-unbanked-looking-at-blockchain


Comentários


bottom of page