NFTの基本がわかる包括的ガイド by Mateusz Raczyński, ULAM LABS



NFT(ノン・ファンジブル・トークン:Non-Fungible Token)の基本がわかる包括的ガイド by Mateusz Raczyński, ULAM LABS


過去10年間で、ブロックチェーン技術は私たちの生活のほぼすべての分野を変えてきました。ほぼ指数関数的に成長しているだけでなく、この間に領域は多様化しています。ノン・ファンジブル・トークン(Non-Fungible Tokens:NFT)は、このような多様化の最も顕著な成果の1つです。


現在、NFTはブロックチェーン技術の分散型の世界で起こっていることの中心となっています。この記事では、NFTとは何か、なぜ重要なのか、どのように機能するのか、などについて包括的に解説します。



NFTとは?


では、まず最初に、NFTとは何か?簡単に説明します。


NFTは、ブロックチェーン上の物理的およびデジタル資産を表すことができる、ユニークで交換不可能なトークンです。NFTには、アートワーク、ゲーム内資産、コレクターズ・アイテムなど、幅広い範囲があります。

データの不変性などにブロックチェーン技術を活用することで、NFTは知的財産権の保護に大きな変化をもたらしています。また、前述の資産クラスでは、これまでほとんどなかった流動性、検証可能性、取引可能性が強化されています。



NFT vs 暗号通貨


そうは言っても、素人はNFTを暗号通貨と簡単に混同してしまいます。これは避けなければならない間違いです。一般的に、暗号通貨はファンジビリティがありますが、NFTは定義上、ファンジビリティがありません。ファンジブルとは、ある資産のすべての単位が同じ価値を持ち、交換可能で、時には分割可能であることを意味します。例えば、アリスとマリアがそれぞれ1ビットコインを所有していれば、同じ価値を持つことになります。


しかし、NFTの場合はそうではなく、それぞれのトークンが固有の価値を持っています。NFTの中には、1枚しか存在しないものもあり、非常に希少価値が高いです。しかし、NFTには1枚しか存在せず、非常に希少性の高いものもあれば、ある種類のものが複数枚存在するものもあります。それでも、その価値のユニークさは変わりません。つまり、アリスとマリアが同じ種類のNFTを持っていたとしても、その価値は異なるのです。



最初のNFTは何?


最初のNFTについては、誰が最初かという判断と同様に、コミュニティ内でも意見が分かれています。さて、NFTの主流の例で行くと、CryptoKittiesが間違いなく最初でした。2017年10月に開始されたこのゲームは、プレイヤーがデジタルの猫を飼育、繁殖、取引することができるゲームでした。特徴に応じて、それぞれの子猫には異なる価値があり、中には10万ドル以上で売られているものもありました。


最初のNFTとしてCryptoKittiesを選んだ根拠はもっともなものですが、多くの人は異なるものを選びます。彼らにとっては、2017年6月に作成されたCryptoPunksが最初のNFTです。興味深いことに、それらは基本的なERC-20規格に従ったものでも、ERC-721をベースにしたものでもありません。1万個の限定供給で、このアルゴリズムで生成されたキャラクターはユニークなコレクターズ・アイテムとなり、その一部は現在750万ドルもの高値で取引されています。さらに、NFTのコンセプトを、2012年から13年にかけて発売されたColored Coinsに求める人もいます。



NFTはどのようなトークン規格を採用しているのですか?


急速な技術革新により、NFTは基盤となるブロックチェーン技術とともに、それ自体が大きく多様化しています。現在、いくつかの主要なブロックチェーン・エコシステムがNFTの規格を設けています。しかし、Ethereumの標準規格であるERC-721とERC-1155は、その幅広い互換性を主な理由として、最もよく使用されています。


2018年1月、ウィリアム・エントリケン(William Entriken)、ディーター・シャーリー(Dieter Shirley)、ジェイコブ・エヴァンス(Jacob Evans)、ナスタシア・サックス(Nastassia Sachs)の各氏は、第721回Ethereum Improvement Proposal(EIP)を行い、新たなトークン規格を導入しました。これはERC-721として知られるようになり、ユニークで識別可能な実世界の資産を参照するための手段となりました。


このERC-721の限界に気付いたウィテック・ラドムスキー(Witek Radomski)やアンドリュー・クック(Andrew Cooke)らは、進化した規格を提案しました。それがERC-1155(Multi Token Standard)であり、1つのスマートコントラクトでファンジブルな資産とそうでない資産の両方のデータを保持することができます。これにより、トークンの作成がより柔軟に行えるようになったことなどが挙げられます。スケーラビリティを損なうことなく、トークンをより複雑にすることができます。



他のプラットフォームでもNFTをサポートしていますか?


はい、その通りです。実際、いくつかのプラットフォームでは、NFTの作成、保存、転送をより快適に行うことができます。フォークレス・ブロックチェーンであるアルゴランドは、摩擦のないNFTを可能にするとともに、CPU使用率を最適化することで二酸化炭素排出量を最小限に抑えています。イーサリアムはDeFiを提供しましたが、アルゴランドはFutureFiを約束します。


アルゴランドでのNFT取引は、ブロックが瞬時に最終確定するにもかかわらず、わずか0.011ドルと非常に安価になっています。これにより、NFTは、例えばトレーディング・カードゲームのような、日常的で実用的な目的のために、よりアクセスしやすくなります。さらに、アトミック・トランスファーは、P2PのNFT取引所で最適なセキュリティを確保しており、必ずしも独自のマーケットプレイスを必要としません。


アルゴランド標準アセット(ASA)を活用することで、開発者はアルゴランド上で直接NFTを構築・発行することができます。このプラットフォームの高度なスマートコントラクトは、操作のリスクを軽減する一方で、フォークレスの性質により、NFTの複製を防ぐことができます。また、アルゴランドでは、指定されたアカウントにしか送金できない制限付きバージョンのトークンも用意されています。これは、不動産やデジタル・レジストリなどの分野に大きく関連しています。


さらに、アルゴランドの開発パートナーは、幅広いカスタマイズ、パフォーマンス・ブースター、その他のイノベーションを通じて、NFTの構築プロセスを強化しています。



NFTはどのようにして、そしてなぜ主流の市場でトレンドになっているのでしょうか?



Source: Coinmarketcap.com


ご注意:このセクションは長くなりますが、いろいろな出来事があるからです。もしあなたがNFTの愛好家であれば、それは良いニュースです。


先に、ブロックチェーン領域の多様化によりNFTが登場し、時間の経過とともにそれ自体も多様化していることを述べました。CryptoKittiesは大成功を収めましたが、大量のトラフィックが発生したことで、Ethereumネットワーク