NFTの活躍:アルゴランドでの大規模な権利のトークン化



NFTの活躍:アルゴランドでの大規模な権利のトークン化


ノン・ファンジブル・トークン(NFT)は、様々なユースケースで採用する伝統的な市場の企業が増えており、話題を集め続けています。NFTの最も関連性の高いユースケースの一つは、著作権管理です。


イタリア最大の著作権収集機関であるSIAE(Società Italiana degli Autori ed Editori)は、著作者の権利を表すNFTをアルゴランド・ブロックチェーン上で展開しています。



SIAEはアルゴランド・ブロックチェーンをどのように活用しているのか?


1882年に設立されたSIAEは、95,000人以上の会員著作者を抱えています。この機関は音楽著作者や作曲家を中心に活動していますが、書籍の著作者や出版社などにもサービスを提供することができます。著作者と消費者の間の仲介者としての役割を果たしています。その影響力は、著作権で保護された音楽や書籍などのコンテンツの印税から、その著作者にお金を分配することにも及びます。


SIAEは1世紀以上の歴史を持ち、音楽や出版業界のさまざまな時代を通じて、変化する市場環境に対応してきました。しかし、最大の課題は、世界中の人々があらゆる形態のコンテンツを数秒で共有できるようになったインターネットの出現でした。


インターネットは、他のテクノロジーとは異なり、明らかな利点とは別に、コピーフラウドやその他の著作権侵害を助長します。幸いなことに、同じ技術がブロックチェーンを可能にし、SIAEは著作権業務を改善するためにブロックチェーンを使用しています。


SIAEは、数百万人の会員の著作者の権利のデータベースの主要なインフラとしてアルゴランドを選択しました。同社とは、NFTの流行が始まるよりもかなり前の2019年から協業しています。


SIAEと、MIT教授のSilvio Micaliが設立したアルゴランドは、現在、透明で効率的な方法で著作者の権利管理を可能にするブロックチェーン・ベースのオープン・プラットフォームの開発に取り組んでいます。このプロジェクトの最初の大きなマイルストーンはすでに達成されています。3月中旬、SIAEは95,000人以上のメンバーである著者の権利を表す400万以上のNFTを作成しました。

NFTで権利をデジタル化することで、その管理がより安全で透明性のあるものになります。非営利団体であるSIAEは、著作者に最善のものを提供することに関心があります。


SIAEのジェネラル・マネージャーであるGaetano Blandiniは次のように説明しています。「創造性の保護を保証することは、139年前からのSIAEの使命であり、今回のプロジェクトは、次の139年も保証し続けることが我々の目標であることを示しています。」


「ブロックチェーン技術は、その透明性と効率性(設計による)という特徴から、今後も探求を続けていくべき興味深い分野であることは間違いありません。これは、私たちのように、他人の勤勉な仕事の給料を管理する者にとって基本的なことです。」


出版知的財産権の未来


SIAEは、自社のような仲介業者がその役割をアップデートし、著者により多くのコントロールを与える未来を想定しています。SIAEは、ブロックチェーンが他の多くの著作権収集団体のビジネスモデルを変革することを期待しています。SIAEとアルゴランドが立ち上げたプロジェクトの主な目標は、著作権データの真の分散化を実現することです。


最終的にSIAEは、権利メタデータの分散管理を促進するために、プロジェクトの結果を国際社会と共有することを計画しています。世界第6位の著作権収集会社であるSIAEの結論は、知的財産(IP)分野における今後の世界的なトレンドを決定づけるものとなるでしょう。



NFTで著作権管理を改善して収益源に


ブロックチェーンとNFTは、著作者の権利の管理を改善することができます。Z世代のインターネット・ユーザーが、他の人々よりも著作権侵害による音楽へのアクセスを好むことを考えると、この技術は今日、かなり重要な意味を持っています。



出典: https://www.statista.com/statistics/609114/music-copyright-infringement-by-age/


ブロックチェーンは、著作権の所有権を追跡し、創作の記録を保存するために使用することができます。作者はNFTを通じて自分の作品をトークン化し、より便利に権利を管理することができます。NFTは、追跡可能で非常に安全でありながら、ユニークなものを表すことができるという点で優れています。


NFTは、音楽、書籍、視聴覚コンテンツなど、アーティストの作品のユニークなコピーを販売することで、新たな収入源を確保することができます。また、NFTのもう一つの大きなメリットは、作家やアーティストがファンとより良い関係を築けることです。


NFTは様々な方法で利用することができますが、すべては作者の創造性にかかっており、彼らの活動の性質上、広く普及するはずです。



なぜアルゴランドがNFTを提供するのか?



NFTの作成を可能にするブロックチェーン・プラットフォームはいくつかありますが、SIAEはその特徴からアルゴランドを選択しました。


アルゴランドは、理想的なブロックチェーンの3つの重要な要素であるスケーラビリティ、分散性、セキュリティを一つも犠牲にすることなく実現し、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決した唯一の分散型ネットワークです。


誰でも便利にアルゴランドでNFTを発行することができます。開発者は、アルゴランドのLayer-1ブロックチェーンにおいて、誰もが直接、ファンジブル、ノン・ファンジブルを問わず新しい資産を発行できる機能であるアルゴランド標準アセット(ASA)を介してNFTを鋳造することができます。


Layer-1は現在、最も迅速かつ安全なブロックチェーン・アーキテクチャであり、素晴らしいレベルのスケーラビリティを提供しています。


アルゴランドがNFTトークンに最適な技術を提供するのは、以下の理由によります。


  • アルゴランド・ブロックチェーンは、スケーラビリティを中心に構築されています。高い取引速度と、これも非常に重要なことですが、迅速なファイナリティ(最終確定性)を誇ります。NFTトークンの鋳造は、他のブロックチェーンと比べて手頃な価格です。

  • アルゴランドのブロックチェーンは安全で信頼性があります。潜在的な51%の攻撃の試みに耐えることができ、フォークレス(フォークしない)です。

  • アルゴランドでNFTを作成すると、柔軟性、拡張性、低コストなど、Layer-1のすべての機能を利用できます。また、特定の国や地域の規制に準拠したNFTを作成することができます。

  • アルゴランドのユーザーは、分割されたNFTを発行することができます。これは、複数のシェアで取引可能な高価な芸術作品をトークン化するために使用することができます。

  • 最後になりますが、アルゴランドはProof of Workを使用していないため、カーボン・ニュートラルです。


SIAEは、アルゴランドの技術を利用できることを嬉しく思いますし、このコラボレーションの最初の成果をすでに評価することができます。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/nfts-large-scale-tokenization-of-rights-algorand