分割NFTでアルゴランドがNFT市場へのアクセスを民主化する方法



分割NFTでアルゴランドがNFT市場へのアクセスを民主化する方法



ノン・ファンジブル・トークン(NFT)は、より多くのアーティストやクリエイターの可能性を引き出し、投資家やファン、コレクターも参入しています。そそいて分割NFTの登場により、世界中のより多くの人々がNFT市場にアクセスできるようになりました。


しかし、このような成功を収めているにもかかわらず、NFTはいわば排他的な存在です。その希少性や独自性が注目されていますが、個人投資家やファン、小規模なコレクターなど、より幅広い層へのアクセスが制限されているため、流動性が不足しています。


流動性を確保し、より多くの投資家にNFTに触れる機会を提供するために、多くのクリエイターやNFT発行者は、NFTの分割化に目を向けています。これは、新興産業を変革する可能性を秘めたトレンドとして注目されています。



分割NFTとは何か、そのメリットとは?


NFTは、ユニークで希少性の高いものとして設計されました。それがNFTのセールス・ポイントです。


しかし、逆にこれらのトークンに対する需要が高まると、流動性の低い不均衡な市場となり、価値あるNFTを購入できるのは一部の投資家に限られてしまいます。NFTの取引の大部分はオークションで行われており、これは流動性の欠如を端的に示しています。


ここでありがたいことに、NFT空間へのアクセスを民主化する分割NFTがあります。


NFTの分割化の際には、トークンはスマートコントラクトにロックされ、ファンジブル・トークンを表す複数のパーツに分割されます。ファンジビリティとは、トークンが同じ種類の他のトークンと交換できる能力のことです。NFTはまだ全体としてはファンジブルではありませんが、資産をファンジブル・トークンで表される小さなパーツに分割することで、より多くの投資家を呼び込むことができます。


例えば、モナリザについて考えてみましょう。それがNFTとしてトークン化されたらどうでしょうか。レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作は唯一無二のオリジナルであり、それをブロックチェーン上で表現するにはNFTが唯一のトークンとなります。この絵画は値段がつかないものですが、注目すべきは、絵画としては史上最高額の保険金がかけられており、インフレ調整すると約10億ドルになるということです。しかし、このような作品はオークションでしか販売されないため、その価格は10億ドルをはるかに超えて高騰する可能性があります。


NFT単体で販売される場合、イーロン・マスクやジェフ・ベゾスのような個人、投資ファンド、政府など、購入できる投資家は数えるほどしかいないでしょう。しかし、モナリザのような名画をNFTでトークン化し、さらに分割化すれば、上場企業が複数のステークホルダーに所有されているように、複数の投資家に所有されることになります。





将来的には、NFTを分割化して、より多くのNFTで構成することができます。つまり、内部のパーツはそれ自体でユニークな価値を持つことになります。


例えば、モナリザを例に挙げると、それぞれのシェアが絵のある部分を表すことができます。したがって、顔の一部を表すトークンは、背景を表すトークンよりも高価になります。もし、内部NFTの一部が値上がりすれば、それがプライマリーNFTやメインNFTの価格に影響を与えることになります。


このようなアプローチは、デジタルアート、オンラインゲーム、ファンタジー・スポーツなどに利用できます。


分割NFTには、いくつかの利点があります。


  • 複数の投資家が、デジタルアートや不動産など、NFTとしてトークン化されたデジタルまたは物理的なものを共同で所有できます。これにより、NFTの流通市場の流動性が高まります。

  • アーティストやNFTクリエイターは、自分の作品をより効率的かつ簡単にマネタイズすることができます。

  • 投資家は、NFTで表現された高価なアート作品の一部だけを購入することができ、これまでアクセスが難しかった市場へのエクスポージャーを得ることができます。個人投資家は、NFTを利用することで、利益を上げたり、価値を維持したりする機会を得ることができます。


美術品やコレクターズ・アイテムの市場は、流動性の低い資産で運営されているため、分割NFTの最初の恩恵を受けることになるでしょう。



分割NFTでNFT市場に流動性をもたらす


アルゴランドは、分割NFTの作成をサポートしており、フォークレス(フォークしない)であることが数学的に証明されている唯一の分散型ネットワークです。


MIT教授のSilvio Micaliによって設立されたこのブロックチェーン・プロジェクトは、価値のあるトークン化された資産をより多くの人に届けたいと考えているNFT発行者にとって理想的です。今では、価値ある物を表すNFTの端数を購入することができます。これにより、投資家にとってはより多様性が確保され、NFTの作成者にとってはより利便性が向上します。


開発者は、Algorand Standard Assets(ASA)機能により、デジタルおよび物理的な商品をトークン化することができます。ASAは、アルゴランドのLayer-1ブロックチェーン(高速、安全、フォークレスの高性能ネットワーク)でデジタル資産を作成することができます。ASAの機能は、特定のニーズに基づいてスマートコントラクトでカスタマイズすることができます。


ASAは、ファンジブル・トークンとノン・ファンジブル・トークンの両方をサポートしており、分割NFTの作成が可能です。アルゴランドを使ってNFTを構築し、それをファンジブル・アセットで表される任意の数のパーツに分割することができます。上記の良い例として、モナリザがありますが、これはアルゴランド・ブロックチェーン上で一瞬のうちに分断され、NFTとして展開することができます。


さらに、アルゴランドは、Pure Proof of Stake(PoS)アルゴリズムに依存した独自のプロトコルにより、お客様のNFTを保護し、ネットワークのフォーク不能性、分散性、安全性を実現しています。したがって、お客様のNFTは、フォークの結果として複製されたり、いかなる方法でも複製されることはなく、他のブロックチェーンで起こる可能性のある複製によって価値を失うこともありません。


アルゴランドは、ファンジブル・トークンとノン・ファンジブル・トークンをカスタマイズするための開発者ツールを完備しています。



アルゴランドでのNFTの作成については、以下のリソースをご確認ください。


  1. アルゴランドでのNFTの構築

  2. LaravelとIPFSによるノン・ファンジブル・トークンの構築と展開の仕方

  3. Algorealm - アルゴランドでロイヤリティ支払いを組み込んだNFTを構築する方法を教えてくれるシンプルなNFTゲーム

  4. アルゴランドでのステーブルコインとNFTについて説明した次のビデオをご覧ください



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/algorand-nft-market-fractional-nfts