アルゴランド・ウォレットの設定/操作

◆始めよう!

 

アルゴランド・ウォレットでは、AlgosやAlgorand Standard Assets(ASA)を保有し、取引を行うことができます。ウォレット自体はアカウントで構成されており、それぞれ固有のアドレス、バックアップ・フレーズ、アセットを持っています。アカウントを作成し、取引を行うためには、まずアルゴランド・ウォレットの設定を行う必要があります。

1.初期設定

アプリを初めて起動すると、まずウォレット用の6桁のパスコードを作成し、オプションで生体認証(FaceIDやFingerprintIDなど)を有効にする必要があります。このパスコードは、携帯電話を紛失したり、アプリをアンインストールしたりした場合にアカウントを復元するものではなく、単にウォレットに入るためのセキュリティ対策となります

1. 最初に表示される画面で、「Add Account(アカウントの追加)」をタップします。

2. 次に、このウォレットのロックを解除するための6桁のパスコードを選択します。FaceIDやFingerprintIDなどの生体認証によるロック解除オプションをお持ちの場合は、それらを有効にするオプションも表示されます。

以上で初期設定は完了です。

2.新規アカウントの作成

ウォレット自体はアカウントで構成されており、それぞれが固有のアドレス、バックアップ・フレーズ、アセットを持っています。これらの用語を聞いたことがない方は、他のチュートリアルをご覧になることをお勧めしますが、ここでは簡単に説明します。

アドレスは、お客様のアカウントを特定するために使用されるユニークな文字列です。これは、あなた(または他の人)があなたのアカウントにアセットを送信する際に使用されます。お客様のアドレスは例えば以下のような文字列になります。

例>rl6vdlxcn5g7n2grts7ylvdsft4pvbbuovtvs7t26oq5mlxyqkrmi5adxy

復旧用パスフレーズ(Recovery Passphrase:バックアップ・フレーズまたは復旧フレーズとも呼ばれます)は、アカウントを復旧するための25語の文字列です。バックアップ・フレーズを正しく記録し、安全に保管することが非常に重要です。アルゴランドのアカウントを回復する唯一の方法は、このバックアップ・フレーズを使用することです。

注:バックアップ・フレーズにアクセスできる人は、お客様のアカウントを完全にコントロールすることができますので、絶対に共有しないでください。アルゴランド・ウォレットのサポート・チームがお客様のパスフレーズを尋ねることはありません。

お客様のアセットには、Algosや、USDT、USDCなどのAlgorand Standard Assets (ASA)が含まれます。

 


新規アカウントの作成

アルゴランド・ウォレットを設定した直後にこのワークフローに入っているかもしれませんし、追加のアカウントを作成しているかもしれません。いずれにしても、ワークフローは同じです。

1. アカウント(Accounts)画面の右上にある緑の+アイコンをタップします。

2. アカウントを追加(Add Account)をタップして、ウォレットにアカウントを追加します。

3. 「新規アカウントを作成(Create New Account)」をタップして、フローを開始します。

この時点で、今後のバックアップ・プロセスについての情報を示すいくつかの画面が表示されます。これらの画面をよく確認して、パスフレーズを書き留め、安全に保管する準備をしてください。

注:復旧用パスフレーズを安全にバックアップするための重要な情報は、「復旧用パスフレーズのバックアップ」をご参照ください。

4. アカウント作成の概要画面を確認し、「I understand(了解)」をタップします。

5. 重要な事前準備の内容を確認し、「I'm ready to start(準備できました)」をタップします。

 

この時点で、25語の復旧用パスフレーズ(recovery passphrase)を表示します。このチュートリアルでは、このページのスクリーンショットはありません。これは、パスフレーズを記録する際にスクリーンショット機能をブロックまたは制限したためです。お使いのデバイスで復旧用パスフレーズのスクリーンショットが可能な場合でも、この重要なデータを保存するために写真以外の方法を検討することをお勧めします。パスフレーズを安全に記録する方法がわからない場合は、「回復用パスフレーズのバックアップ」を参照してください。

6. パスフレーズの中のいくつかのキーワードを選択して、パスフレーズが正しく記録されていることを確認します。

7. この時点で、便宜的にアカウントに名前を付けることができます。これはブロックチェーンとは全く連動しておらず、単なる組織的な機能です。

8. これで完了です!「アカウント(Accounts)」画面に新しく作成したアカウントが表示されているはずです。今回初めてアカウントを作成した場合は、1つのアカウントしか表示されません。

重要な注意事項:
ウォレット内にアルゴランド・アカウントをいくつでも作成することができますが、各アカウントには独自のバックアップ(復旧用)パスフレーズがあります。セキュリティ上の理由から、ウォレット全体の復元はなく、個々のアカウントの復元のみとなります。


パスフレーズを記録・保存する際には注意が必要です。それが、あなたのアカウントを回復する唯一の方法です。

3.アルゴランド・アドレスの検索

アドレスとは、アカウントの公的な識別子です。これは、銀行の口座番号や電話番号(Venmoなどの特定の決済アプリの場合)に類似していると考えることができます。各アカウントのアドレスは例えば以下のようなものになります。

例>RL6VDLXCN5G7N2GRTS7YLVDSFT4PVBBUOVTVS7T26OQ5MLXYQKRMI5ADXY

このアドレスは、Algosやその他のアセットをアルゴランド・ウォレットに入金する際に使用します。また、他の人やアプリがあなたにアセットを送りたいときにも、このアドレスを共有します。これらのアドレスは、コピー/ペーストで共有することも、アドレスのQR表示を共有することもできます(以下を参照してください)。

アカウントのアドレスの検索

アカウント画面(Accounts View)で、アルゴランド・ウォレットにあるアカウントを探します。この例では、「新規アカウント【New Account (Demo)】」というアカウントのアドレスを共有します。

1. アカウント名の横にあるQRアイコンをタップします。


2. ここから「QRを共有(Share QR)」をタップしてQRを共有するか、アドレスをコピーすることができます。

追加の注意事項
アドレスを送信/共有する際には、必ずコピー&ペースト(またはQR共有)を使用してください。手動でアドレスを入力すると、非常にエラーが発生しやすく、資金の損失につながる可能性があります。

 

4.アルゴランド・アカウントの復旧

このワークフローでは、25語の復旧パスフレーズを使用してアルゴランド・アカウントを復旧するために必要なステップを説明します。タイトルが示すように、これは以前に作成したアルゴランド・アカウントを回復(またはインポート)するプロセスです。これまでにアルゴランド・アカウントを作成したことがない(または25語の復旧フレーズを持っていない)場合は、このチュートリアルは不要です。


始める前に、25語の復旧用パスフレーズが手元にあることを確認してください。

 

アルゴランドのアカウントを復元する

1. ホームページから、右上の緑の+アイコンをタップします。


2. アカウントの種類を選択する際に、「パスフレーズから復旧(Recover from Passphrase)」をタップします。


3. 準備ができたら、「アルゴランド・アカウントを復旧する(Recover an Algorand account)」をタップします。

この次のステップ(ステップ4)では、パスフレーズが必要になります。このページでは、25語のパスフレーズを一語ずつ入力していきます。

各単語を入力すると、パスフレーズ生成に使用される単語の辞書にある単語の候補が表示されます。たとえば、「demand」は有効ですが、「demo」は無効です。赤色の単語や文字列を入力した場合は、その単語が有効でないことを意味しており、入力ミスの可能性があります。

注:パスフレーズを入力する際には、最初の単語から始めて、2番目の単語を入力するなど、正しい順序で入力することが重要です。

4. パスフレーズを一語一語、誤字脱字がないように入力してください。

5. パスフレーズを入力してエラーがなければ、「復旧(Recover)」をタップします。

6. これで完了です。アカウントが認証され、「アカウント(Accounts)」画面のアカウント一覧に追加されます。


追加情報
パスフレーズの復元は、人やカメラが見ていないようなプライベートな場所で行うのがベストです。復旧用のパスフレーズを誰かに見られたくはないでしょう!

パスフレーズが機能しない場合は、各単語を入力し直してみてください。セキュリティの高いフレーズ(25語)なので、エラーが発生する可能性があります。また、パスフレーズが正しい順序であることを確認してください。


パスフレーズをコピー/ペーストできる形式で保存している場合は、復旧画面の右上にある3つの点をタップすると、クリップボード経由でペーストするオプションが表示されます(コピー後)。下のスクリーンショットをご覧ください。

画面右上の3つの点をタップした後、QRまたはペーストでパスフレーズをインポートすることができます。
 

◆セキュリティ

 

1.「Ledger Nano X」とのペアリング

 

アルゴランド・ウォレットでは、Ledger Nano Xハードウェア・ウォレットを使ってアカウントを作成することができます。これにより、お客様の秘密鍵が携帯電話に触れることはありません。Ledgerでバックアップされたアカウントからの取引には、Ledger Nano Xによる認証が必要です。

<免責事項>
Ledger Nano Xとのセキュリティ強化のための統合を提供できることを嬉しく思いますが、Ledgerはサードパーティのツール/アプリケーションであることをご理解ください。可能な限りのサポートを提供しますが、これらは高度なワークフローであり、お客様ご自身のリスクで実施してください。特定の質問を理解するために、Ledgerのサポートが必要になる場合もあります。Ledgerについての詳細は、Ledgerのウェブサイトをご覧いただくことを奨励します。


Ledger Nano Xのセットアップ

アルゴランド・ウォレットのワークフローに入る前に、Ledger Nano Xデバイスをセットアップする必要があります。詳しい手順はLedgerのサポートサイトでご覧いただけます。 

Ledger Nano Xのセットアップが完了したら、Ledger Liveでアルゴランド・アプリをダウンロードして、Nano Xデバイスにインストールする必要があります。このアプリをインストールして開いたら、ペアリングを開始する準備ができています。


Ledger Nano Xをペアリング

1. アカウント表示から、緑の+アイコンをタップして、新しいアカウントを追加します。

2. ここで、「Pair Ledger Account」オプションをタップして、ペアリング・プロセスを開始します。

ペアリングの際には、Ledger Nano Xの電源が入っていることを確認し、デバイスのアルゴランド・アプリを開いてください。その他のトラブル・シューティングの手順は、ステップ#3で確認できます。

3. 画面の指示に従い、「Search for Ledger」をタップします。

4. 見つかったデバイスの横にある「Connect」をタップします。

追加したいアカウントを選択する画面が表示されます。これが新しいLedgerデバイスである場合、選択できるアカウントは1つだけです。お使いのLedgerデバイスで複数のアルゴランド・アカウントを作成した場合(またはアルゴランドのRekeying機能を利用した場合)、複数のアカウントが表示されることがあります。

5.アルゴランド・ウォレットに追加したいアカウントを選択します。

6. 以上で完了です。ホームページに新しく追加したアカウントが表示されているはずです。

<追加情報>
Ledger Nano Xの復旧用パスフレーズは、通常のアルゴランド・アカウントの復旧用パスフレーズと同じように扱ってください。Ledger Nano Xデバイスを紛失した場合、アカウントを復元する唯一の方法は、Nano Xのセットアップ時に取得したパスフレーズを使用することです。
このアカウントを使ってトランザクションを送信したり、アセットを追加したり、ブロックチェーンを操作したりする際には、必ずこのデバイスを手元に置いておく必要があります。

 


2.復旧用パスフレーズ(Recovery Passphrase)のバックアップ

もうお気づきだと思いますが、アルゴランドのアカウントを作成する際には、25語の復旧用パスフレーズを安全にバックアップすることが非常に重要です。これが非常に重要な理由は、アカウントへのアクセスが失われた場合に、アカウントへのアクセスを回復する唯一の方法だからです。

例えば、以下のような状況に陥ったとします。

  • 携帯電話をトイレに落として壊してしまった。

  • 携帯電話が盗まれた。

  • アルゴランド・ウォレットのアプリが携帯電話から削除されてしまった

  • アルゴランド・ウォレットにアクセスするための暗証番号を忘れてしまった。

  • 復旧用パスフレーズを記憶していたが、ある日起きたら思い出せなくなっていた。

これらの状況は、自分には起こり得ないと思われるかもしれませんが、可能性は十分にあります。しかし、25語のパスフレーズをバックアップしておけば、いつでも各アカウントにアクセスすることができます。


復旧用パスフレーズ(Recovery Passphrase)とは何ですか?

簡単に言うと、復旧用パスフレーズとは、アルゴランド・アカウントへのアクセスを可能にする25個の単語からなる文字列です。基本的には、これはお客様のアカウントとそれに付随するすべての取引能力を解除する鍵です。お客様の復旧用パスフレーズを持つ人は、お客様のアカウントとそれに含まれる資産を完全にコントロールすることができます。

アルゴランド・アカウントを作成すると、パスフレーズのバックアップを作成するよう促されます(ステップ1)。この25の単語は、アカウントを回復するときに使用するものです。

1. アカウント作成時の復旧用パスフレーズのバックアップ・ステップ

パスフレーズのバックアップはどのように行えばよいですか?

パスフレーズをバックアップする際には、さまざまな選択肢があります。パスフレーズを安全にバックアップする方法を選択する際に考慮すべき点は、誰かがパスフレーズにアクセスする可能性がどの程度あるかということです。

パスフレーズの保存方法にはそれぞれデメリットがありますが、一般的に最も安全な保存方法は、インターネットにアクセスできるあらゆるデバイスから完全に切り離されたストレージです。最も安全性の低い保存方法は、簡単にハッキングされる可能性のあるデバイスやクラウド・アカウントにパスフレーズを保存する方法です。以下に、ご紹介しましょう。

<優れたパスフレーズ保管方法>
耐候性のあるCryptosteelにパスフレーズを書き、安全な場所に保管する。
パスフレーズを紙に書いて、安全な場所に保管する。
信頼できる友人や家族などとパスフレーズの一部を共有する。

<合格範囲のパスフレーズ保管方法>
Lastpassや1Passwordなどのパスワード・マネージャを使ってパスフレーズを保存するこ。

<駄目なパスフレーズ保管方法>
携帯電話にパスフレーズのスクリーンショットを保存する。
自分にパスフレーズをメールで送る。
パスフレーズを誰かにメールする。
iCloud、Google Photos、Dropbox などのクラウドベースのサービスにパスフレーズをアップロードする。


パスフレーズのバックアップ保存方法についてのより多くの情報は、どこで確認できますか?

「Recovery Passphrase」、「crypto storage」、「seed phrase storage」などの言葉でGoogle検索すると、このテーマについて書かれた何千もの記事が見つかります。


<追加情報>
パスフレーズは大文字と小文字を区別しません - 大文字と小文字を気にする必要はありません。
ここでは、復旧用パスフレーズを安全に保管するための概要を説明しました。人によって状況は異なります。自分にとって何がベストなのか、自分で調べてみることが大切です。
パスフレーズは絶対に公開しないでください。
お客様のパスフレーズをアルゴランドの従業員と共有しないでください。当社がお客様のパスフレーズの確認を求めることはありません。
お客様のアルゴランド・ウォレットには、複数のアカウントを含めることができます。作成した各アカウントの復旧用パスフレーズをそれぞれ保存する必要があります。

 

 

◆トランザクション

1.取引所とのトランザクション

将来的には、法定通貨や暗号資産をAlgosやその他のアルゴランド資産と交換するためのアプリ内ソリューションを提供したいと考えています。現時点では、サードパーティの取引所を経由する必要があります。取引所の全リストはこちらでご覧いただけます。

前提条件として、お客様のアルゴランド・ウォレットが設定されており、少なくとも1つのアカウントがある必要があります。まだ設定されていない場合は、取引を試みる前に他のチュートリアルをご覧ください。

警告:このチュートリアルは、単にこのプロセスの高レベルのビューを提供しています。取引所はそれぞれ異なります。取引所での取引方法について具体的な質問がある場合は、取引所のカスタマーサービスチームにお問い合わせください。

パート1:取引所からアルゴランド・ウォレットのアカウントへのAlgosの引き出し


取引所経由でAlgosを取得した場合、その取引所のWithdraw、Send、Transferワークフローを使用して、Algosをお客様のアカウントに送ることができます。これらのワークフローは、Algosやアルゴランド資産を送るためのアルゴランドのアドレスを尋ねてきます。このチュートリアルの後で見つけることができる、お客様のアカウントに関連付けられたアドレスを提供してください。

注:送信先の取引所やアプリケーションによっては、このプロセスに時間がかかる場合があります。アルゴランドのブロックチェーンでは取引は5秒以内に行われますが、取引所やアプリケーションでは遅延が発生したり、時間制限が課されている場合があります。詳細については、取引所のカスタマーサービスチームにお問い合わせください。
 

パート2:アルゴランド・ウォレットのアカウントから取引所へのAlgosの転送


Algosを取引所に戻したい場合は、再度、取引所が提供する指示に従ってください。多くの場合、(取引所を経由して)これを行うためのワークフローは、「Deposit」ワークフローと表示されます。取引所は、お客様がAlgosまたは他のアルゴランド資産を送ることができるアドレスを提供します。

Algorand Walletのアカウントから、取引所から提供されたアドレスをペーストするだけです。このアドレスは、Algorand Walletで取引を行う際に「To: 」フィールドに貼り付けてください。トランザクティングの詳細については、他のトランザクティングサポート記事をご覧ください。


追加情報

新しいアカウントにアセットを送信する場合や、これまで使用したことのないワークフローを使用する場合は、アドレスや設定が正しいことを確認するために、「テスト」トランザクションを送信することをお勧めします。手順は上記と同じですが、多額の金額を送信するのではなく、少額(例えば1ALGO)の取引を送信してください。送信先のウォレットや取引所で成功したことが確認できたら、自信を持って全額を送信することができます。

取引所などから初めてALGOを受け取ったとき、その送信アドレスを取引所の連絡先として保存したくなるかもしれません。取引所は複雑なアプリケーションなので、最初に保存したアドレスが再送先のアドレスになるとは限りませんのでご注意ください。必ず取引所専用の入金ワークフローを使用してください。間違った取引所アカウントにアセットを送ってしまったと思われる場合は、取引所のカスタマーサポートチームにご連絡ください。

 

2.基本的なトランザクションの送信

アルゴランド上でのトランザクションの送信は、迅速かつ簡単です。超高速なだけではなく、超低額です。このチュートリアルを書いている時点では、トランザクション手数料は1000分の1(0.001)Algoしかかかりません。トランザクションを使用して、Algosやアルゴランド標準アセット(ASA)を他の人、ウォレット、または取引所に送ることができます。また、アルゴランド・ウォレット内のアカウント間でアセットを送ることもできます。

このチュートリアルを始める前に、以下の要件を満たす必要があります。

  • アルゴランド・ウォレットにアカウントを作成している必要があります。

  • お客様のアカウントには、トランザクション手数料の支払いに必要なAlgosが必要です。

  • 受取人が必要です。あなたのアセットを誰に送るのか?これは、アドレス、ウォレット内の別のアカウントなどの形があります。これについては以下で詳しく説明します。

 


トランザクションの送信

このチュートリアルでは、アルゴランド・ウォレットのアカウントの1つから別のアカウントに0.5Algosを送信するだけです。しかし、トランザクションの作成と送信は、どこに送信するかに関わらず同じです。

1. アカウント・ビューに移動してください。送信したいアセットをタップします。このチュートリアルでは、Algosを送信することにします。

2. アセット・ビューで、赤い「Send(送金)」ボタンをタップします。

3. トランザクション画面が表示されます。

それぞれのフィールドに入力するだけでも構いませんが、ここでは各フィールドとそれに付随するオプションを見ていきましょう。

Amount(金額):
これはあなたが送金する額です。Algosの場合は、マイクロ・アルゴ(Algoの10万分の1)が最小の金額となります。また、便利な使い方として、「Max(最大)」をタップすると、残高全額(取引手数料を除く)を送金することができます。

To(送金先):
トランザクションの受信者です。トランザクションは、アルゴランドの有効なアドレスに送ることができます。このフィールドへの記入方法には4つのオプションがあります。

  1. Accounts(アカウント) - お客様の他のアルゴランド・ウォレットのアカウントにトランザクションを簡単に送信する方法です。

  2. Contacts(連絡先) - アルゴランド・ウォレットに保存されている連絡先に送信するには、このオプションを選択します。

  3. Address(アドレス) - ここに有効なアルゴランドのアドレスを簡単に貼り付けることができます。

  4. Scan QR(QRコードをスキャン) - このオプションでは、アドレスのQRコードをスキャンして、アドレスを入力することができます。

どの方法でも、必ず正しいアドレスが入力されていることを確認してから進めてください。

Add Note(メモの追加):
ここでは、必要に応じてメモを添付することができます。受信者への個人的なメッセージかもしれませんし、このトランザクションを送信する理由を自分自身に思い出させるためのものかもしれません。ただし、トランザクションは公開されており、誰でもこれらのメモを見る可能性があることを忘れないでください。

4. トランザクション項目を入力したら、「Preview(プレビュー)」をタップして内容を確認します。

 

5. 内容を確認したら、「Send Asset(アセット送金)」をタップしてトランザクション内容をネットワークに送信します。

6. トランザクションを送信すると、ブロックチェーンが処理する間、トランザクションはお客様のトランザクション履歴に保留されます。

7. これで完了です。通知の設定によっては、トランザクションの確認も表示されます。更新された残高は、「Accounts(アカウント)」画面で確認できます。

<追加情報>

  • トランザクションを取引所に送る際には、まず上記「取引所とのトランザクション」の警告を確認してください。

  • 今まで取引したことのない新しいアドレスやウォレットにトランザクションを送信する場合は、まずテストとして少額を送信することをお勧めします。そのアドレスでの取引が成功したことを確認してから、自信を持って全額を送信することができます。

  • アドレスを入力する際は、必ずコピー&ペースト(またはQRスキャン)を使用してください。手入力は非常にエラーが発生しやすく、資金を失う可能性があるため、絶対にしないでください。

3.Ledgerでトランザクションを送信する

このチュートリアルでは、Ledger Nano Xでの送信に必要な部分を中心に、プロセスの概要を詳しく説明しています。

また、このチュートリアルは、その名の通り、Ledgerデバイスで保護されているアカウントのトランザクションを送信するためのチュートリアルです。

Ledger Nano Xを使ったトランザクションの署名と送信

まず、トランザクションを送信したいLedgerがバックアップしているアカウントを探します。このチュートリアルでは、"My Nano X Account"という名前のアカウントからトランザクションを送信します。

1. アカウント・ビューで「Send(送金)」をタップして、トランザクションの送信を開始します。

2. 必要な項目を入力します。

トランザクションをLedgerで署名するための準備として、Ledger Nano Xの電源を入れ、Ledgerデバイスでアルゴランド・アプリを開きましょう。そして、「Preview and Sign with Ledger(Ledgerでプレビュー&署名)」をタップしてください。

接続が成功すると、アルゴランド・ウォレットはトランザクションをLedgerに送信し、署名を求めます。Nano Xの画面には、トランザクションをスクロールしてフィールドが正しいかどうかを確認するプロンプトが表示されます。トランザクションを確認したら、Nano Xでそれを確定します。これにより、トランザクションはアルゴランド・ウォレットに戻り、ネットワークに送信する準備が整います。

3. ここで、Ledgerデバイスでトランザクションを確認します。

4. 署名済みのトランザクションをアルゴランド・ウォレットに送信したら、「Send(送金)」をタップします。

これで完了です。次の画面では、トランザクションがネットワークに送信されているのがわかります。数秒後、トランザクションが完了します。

<追加情報>
Ledgerへの接続を必要とするワークフローでは、ワークフローがタイムアウトすることがあります。これは正常な動作であり、何が悪かったのかを知らせるメッセージが表示されます。送信前には必ずトランザクションをプレビューすることができます。

 

4.トランザクティングに関するFAQ

Q. 間違ったアドレスにアセットを送ってしまったのですが、取り返してもらえますか?

残念ながら、ほとんどのブロックチェーンや暗号通貨がそうであるように、アルゴランド・ブロックチェーン上のトランザクションは最終的かつ不可逆的です。誰も(アルゴランドの従業員を含めて)トランザクションを元に戻すことはできません。これらのトランザクションを回復できる可能性がある唯一の方法は、受取人にそれらのアセットを送り返すことができるかどうかを尋ねることです。

取引所やアプリケーションが所有する間違ったアドレスにアセットを送ってしまったと思われる場合は、その取引所やアプリケーションに連絡して、意図せずに送ってしまったアセットを回復できる可能性があるかどうかを確認してください。

Q. 取引所からアルゴランド・ウォレットのアカウントの1つにAlgosを送ったのですが、まだ表示されていないのですが?

これにはいくつかの理由が考えられます。

  1. アルゴランド・ブロックチェーン上のトランザクションは5秒以内に完了しますが、各取引所は異なる方法でトランザクションを行います。トランザクションを送信するために使用しているメカニズムに遅れが生じている可能性があります。アセットを送信してから数時間(または数日)経ってもアセットが表示されない場合は、その取引所に問い合わせてみてください。

  2. Algosの送信先が間違っていて、Algosが失われている可能性があります。今後、正しいアドレスに送信していることを確認するために、アカウントのアドレスを見つけるためのチュートリアルを確認してください。

◆その他

 

1.アセットの削除

アルゴランド・ウォレットは、ネイティブ・トークン「ALGO(Algos)」とアルゴランド上で発行されたトークン(ASA:Algorand Standard Assets、たとえばアルゴランド版USDC)をサポートしています。アセットは、どのアルゴランド・アカウント内でも追加・削除することができます。時には、そのアセットをこれ以上受け取れないようにするために、アカウントからアセットを削除することが有益な場合があります。

<前提条件> 
アルゴランド・ウォレットのアカウントを持っていて、削除したいアセットがある。
アセットの残高は0。アセットを削除したいが、その残高が0ではない場合は、まずトランザクションを行い、その残高を他のアカウントに送る必要があります。

<追加情報>
アセットを削除すると、そのアセットでのトランザクションができなくなることに同意したことになることを覚えておきましょう。つまり、ウォレットからUSDCを削除した場合、UDSCを受け取ったり送ったりすることができなくなります。 
アセットを削除した後に再び必要になった場合は、いつでも追加することができます。

2.監視アカウント(Watch Account)

 

監視アカウントは、アルゴランド・ウォレットで追加できる特別なタイプのアカウントです。このアカウントは、その名の通り、任意の単一のアルゴランド・アカウントを監視する読み取り専用のアカウントです。この機能は、オフラインにしておきたいアカウントがある場合(コールド・ストレージとも呼ばれます)や、監視したいマルチシグ・アカウントがある場合に便利です。監視アカウント機能を使用すると、このアカウントとの間のあらゆるトランザクションが通知されます。


アルゴランド・ブロックチェーン上のアカウントはパブリックかつ匿名であるため、アカウントを所有しているかどうかに関わらず、誰でも任意のアカウントを監視することができます。必要なのはアカウントのアドレスだけです。

注意:アカウントを監視することは、そのアカウントを管理することを意味しません。対応する復旧用パスフレーズを所有していない限り、監視アカウントのアドレスにアセットを送信しないでください。これは、アカウントの読み取り専用の表示です。


監視アカウントの追加

1. アカウント画面右上の「+」をタップ。
2. 「Add Account(アカウント追加」をタップ。
3. 「Watch Account(監視アカウント)」をタップ。
4. 作成するアカウントの種類をよく確認してから、次のステップに進んでください。

監視アカウントを作成する準備として、監視したいアルゴランド・アカウントのアドレスをコピーします。

5. 監視アカウントに名前を付け、アルゴランド・アカウントのアドレスを貼り付けます。「Next(次へ)」をタップします。

6. これで完了です。あなたの監視アカウントが作成されました。

これは読み取り専用のアカウントなので、他のアカウントで表示されるオプションの多くは利用できないことに注意してください。これには、トランザクションの送信、アセットの追加、Rekeyingなどが含まれます。

7. 監視が Accounts ビューに追加されました。

 


3.復旧用パスフレーズの検索

アカウント作成時に復旧用パスフレーズをバックアップすることを強くお勧めしますが(「アルゴランド・アカウントの作成」を参照)、このステップを省略した場合でも、アプリ内でアカウントの25語の復旧用パスフレーズを見つけることができます。

場所はアカウント名の横の「…」をクリックすると表示される画面の「View Passphrase(パスフレーズの表示)」です。

人やビデオカメラが見ているような場所でパスフレーズを表示しないように注意してください。復旧用パスフレーズを安全にバックアップする方法の詳細については、チュートリアル「復旧用パスフレーズのバックアップ」をご覧ください。

 

4.取引履歴のダウンロード

記録管理や税金対応の際には、取引履歴をCSV形式でダウンロード(またはエクスポート)すると便利です。これは、個人的な会計処理や、暗号通貨用税務ソフトウェアへのアップロードに使用できます。

ダウンロードしたい取引履歴のある資産に移動します。そこから、export/shareアイコンを押して、取引履歴をダウンロードします。

<追加情報>
一部の税務申告ソフトと互換性を持たせるために、列や列見出しを手動で修正する必要がある場合があります。

◆Algo報酬 FAQ

Algo報酬とは何ですか?どのように獲得するのですか?

アルゴランドのプロトコル自体が、1 Algo以上を保有するすべてのアカウントに報酬を獲得する資格があることを保証しています。このプログラムのために何かに登録したり、サインアップしたりする必要はありません。Algosをアルゴランド・ウォレットに保有するだけで、自動的に報酬を得ることができます。

注:アルゴランド・ウォレットはAlgo報酬に何ら影響を与えるものではなく、単にプロトコルの報酬分配を反映したものです。

Algo報酬率は?

報酬率はアルゴランド財団によって設定されており、Algoの力学に関する詳細はこちらをご覧ください。 アルゴランド財団からの詳細情報によると、この記事を書いている時点では、100万Algosを保有しているアカウントは、年間約70,000Algosの報酬を得ることができ、実効的な報酬率は~7%となります。このレートは、報酬スケジュールの変更、総供給量の増加、取引手数料の増減によって時間とともに変化するため、保証されたものではありません。

Algo報酬利回りがCoinbaseとBinanceとアルゴランド・ウォレットで異なるのはなぜですか?

アルゴランド・ウォレットはノン・カストディアルで、獲得した報酬はすべてユーザーに直接発生します。 BinanceやCoinbaseなどの取引所はカストディ・サービスを提供しているため、取引所の規約に基づいてユーザーに報酬を分配することができます。少なくとも1Algoを保有する他のアルゴランド・アドレスと同様に、ステーク報酬を受け取ることができます。取引所のウェブサイトに掲載されている条件を参照してください。

報酬の複利化は自動的に行われるのですか?どうすれば報酬を複利化できますか?

アルゴランドの報酬はプロトコルによって自動的に計算され、分配されますが、複利計算は行われません。複利計算は、お客様のアカウントがAlgosを送信または受信するたびに行われます。お客様は、ターゲット・アドレスとの間でゼロAlgo支払いトランザクションを送信することにより、ご自身で複利計算を開始することができます。このトランザクションは、すべての未収報酬のコミットをトリガーし、アカウントのオン・チェーン残高に記録されます。

報酬を請求したのですが、なぜ残高が変わらないのですか?

アルゴランド・ウォレットでは、Algos残高と報酬残高を別々に表示していますが、Algos残高にはすでにそれらの報酬が含まれています。別々に表示されているのは、報酬はいつでも使うことができますが、技術的には、お客様のアドレスが取引に関与するまで報酬は請求されません。したがって、取引の送信または受信後、報酬残高がゼロになっていることに気づくはずですが、Algos残高にはすでにこの変更が反映されています。

私のアカウントがLedger Nano Xにあるものても、報酬を受け取ることができますか?

はい!Ledgerの個人アカウントで保有しているAlgosは、自動的に報酬を獲得できます。