アルゴランド財団、Wilmore Academyと「Entangled Life:Worldbuilders」に関して協業



アルゴランド財団、Wilmore Academyと「Entangled Life:Worldbuilders」に関して協業


2022年2月1日 - アルゴランド財団は本日、アーティスト、学者、ブランドがNFTを制作・発売することで研究を支援することを約束したマーケットプレイスであるWilmore Academyへの助成を発表しました。Wilmore Academyは、NFTをスポンサーに販売することで学術的・教育的な研究を支援し、探究心の解放を目指すマーケットプレイスです。アーティスト、学術関係者、ブランドがNFTを発売し、大学や財団への寄付などを通じて研究を支援することができます。


Accursed ShareとWilmore Academyは、『Entangled Life: How Fungi Make our Worlds, Change Our Minds and Shape our Futures(菌類が世界を救う:キノコ・カビ・酵母たちの驚異の能力)』(2020年)のベストセラー作家であり、英国王立協会の科学図書賞を受賞したMerlin Sheldrake(マーリン・シェルドレイク)と、アルゴランドのカーボン・ネガティブ・ブロックチェーンでのコラボレーションを発表します。Entangled Lifeは、Anna Lowenhaupt Tsingの『The Mushroom at the End of the World(世界の果てのキノコ)』(2015年)や、Louie Schwartzberg’のドキュメンタリー『Fantastic Fungi(ファンタスティック・ファンギ)』(2019年)など、近年、人気の高い真菌学への取り組みを冠したもので、真菌類とその驚くべき共生関係が生命の歴史を大きく変え、私たちの住む地球を理解する鍵となっていることを探求しています。


Merlinは、ギリシャ語で「菌」を意味する「mykes」と「根」を意味する「rhiza」に由来する「菌根菌」と呼ばれる、植物の根に生息する共生菌と植物の間に形成される関係を研究しています。植物の90%以上は、このようなパートナー関係に依存しています。菌根菌は、花、果実、葉、木、根などよりも植物の根幹をなすものであり、ほぼすべての陸上生物を支える食物連鎖の根幹をなすものです。植物の根から細い管状の菌類の細胞(菌糸)が出てきて、周囲の土壌に入っていきます。植物と菌類は、高度な取引戦略を駆使して、目まぐるしいほど複雑なトレードオフを解決しながら妥協点を探っています。このような分散型のネットワークは、異なる植物を地下でつなぐことができるため、「Wood Wide Web」と呼ばれることもあります。これから紹介するように、このネットワークは、Web3で生まれた構造や文化にも似ています。


農業でも林業でも、劣化した生態系の修復でも、私たちは菌根関係が健全に機能するかどうかに大きく依存しています。しかし、菌根は植物の根に隠れていたり、土の中に埋もれていたりして、私たちには見えにくい存在です。Merlinは、根の中の空間に前例のないアクセスを可能にする新しい技術を用いて、共生する根の風景のNFT限定コレクションを制作しました。


Entangled Life:Worldbuildersの収益の一部は、真菌ネットワークの分散型問題解決能力に関するMerlinの研究を支援するために使用され、一部はFungi Foundationの活動を支援するために使用されます。



Wilmore Academy(ウィルモア・アカデミー)について


Wilmore Academyは、NFTをスポンサーに販売することで学術的・教育的研究を支援し、探究心の解放を目指すマーケットプレイスです。 テクノロジー、デザイン、マーケティング、ビジネス開発におけるWilmore Academyの専門知識により、アーティスト、学者、ブランドは、大学や財団への寄付を通じて研究を支援するNFTを立ち上げることができます。各プロジェクトのスポンサーは、専用のディスカッションチャンネル、進捗状況のアップデート、実際の体験への参加を通じて、研究に特化したコミュニティに参加することができます。



Merlin Sheldrake(マーリン・シェルドレイク)について


Merlin Sheldrakeは生物学者であり、『Entangled Life: How Fungi Make Our Worlds, Change Our Minds, and Shape Our Futures』(2020年)の著者です。スミソニアン熱帯研究所のプレドクトラル・リサーチ・フェローだったパナマの熱帯林における地下真菌ネットワークに関する研究で、ケンブリッジ大学から熱帯生態学の博士号を取得しています。


Entangled Lifeは、ニューヨーク・タイムズ紙とサンデー・タイムズ紙のベストセラーで、22カ国語に翻訳されており、批評家からも広く賞賛されています。ウォール・ストリート・ジャーナル紙では「心の糧」、ガーディアン紙では「輝かしい」「魅惑的」、オブザーバー紙では「驚異的」、メール・オン・サンデー紙では「目を見張る」、スペクテイター紙では「真に驚くべき」、テレグラフ紙では「心を奪われる」と評されました。Entangled Lifeは、2021年ウェインライト賞と2021年英国王立協会科学書賞を受賞しました。その他にも、British Book Awards Book of the Year 2021やRathbones Folio Prize 2021など、数多くの賞にノミネートされ、The Times、Daily Telegraph、Sunday Times、New Statesman、TimeなどでBook of the Yearに選ばれています。


マーリンの作品は、以下のような数多くの科学者、文学者、公人に支持されています。マーガレット・アトウッド、タイラー・コーエン、エリザベス・コルバート、ジャロン・ラニアー、ラッセル・ブランド、ヘレン・マクドナルド、マイケル・ポーラン、デビッド・バーン、ロバート・マクファーレン、ポール・スタメッツ、エド・ヨン。彼の著作は、アイリス・ヴァン・ヘルペンのクチュールコレクション(「Roots of Rebirth」、2021年)にインスピレーションを与えた。


マーリンは、アムステルダム・ヴリエ大学のリサーチ・アソシエイトであり、Fungi FoundationSociety for the Protection of Underground Networksと協力しています。



元記事:https://algorand.foundation/news/wilmore-academy-grant