分散型VCモデルは、アーリーステージ投資の未来に何を意味するのか?



分散型VCモデルは、アーリーステージ投資の未来に何を意味するのか?

by AlgoDAO


分散型自律組織(DAO)は、新しい試みです。私たちは、DAOが、一見不可能に見える偉業を達成するために、一般の人々が共同ミッションのもとに団結する手段となり得ることを目の当たりにしてきました。昨年は、ConstitutionDAOを通じて、米国憲法の原版を購入しようとする人たちが集まりました。


入札には敗れたものの、DAOは72時間以内に17,437人の寄付者から4000万ドル以上を集め、クラウドファンディングの世界記録を塗り替えました。最も優れているのは、寄付金額の中央値が206.26米ドルであったことです。小さな水滴が集結して大海原になり得ることを証明しました。


2021年、VCはクリプトとブロックチェーンのスタートアップに300億ドルを投資しました。この記事では、分散型VCモデルが、Web3、クリプト、ブロックチェーン・スタートアップのベンチャーキャピタル(VC)資金調達業界に破壊の手を広げていることを探ります。



分散型VCとは?


分散型VCは、個人投資家にパーミッションレスで透明性の高い投資機会を提供する、新しい形のベンチャー・ファンディングを表します。分散型VCは、ブロックチェーン技術とその応用であるスマートコントラクト、ファンジブル・トークン、NFT、DAOに依存し、何千もの個人投資家がWeb3エコシステムの初期段階のプロジェクトを支援するために資金をプールすることを可能にします。



分散型VCの種類


分散型VCは、大きく4つのカテゴリーに分類されます。


  1. ローンチパッド:アイデア出しからプロジェクト開発、そして最終的には投資家がプロジェクトのトークンを購入するIDO(Initial DEX Offerings)までスタートアップをサポートします。AlgoDAOは、VCとして機能するローンチパッドの良い例であり、時間の経過とともに分散化が進むと思われます。

  2. 投資クラブ:個人投資家に対して、プロジェクト・トークンの使用を伴わない割引モデルやプレセールモデルを通じて、アーリーステージ投資に参加する機会を提供します。

  3. 投資プール:プールが投資するプロジェクトへのエクスポージャーを与えるETFのようなトークンを通じて、アーリーステージ投資の機会を提供します。

  4. 投資型DAO:割引価格やプレセール・モードを使用しますが、ユーザーが個々のプロジェクトに投資するのではなく、プロジェクトのバスケットのための特定のファンドに投資する点で投資クラブとは異なります。



なぜ分散型VCモデルが重要なのか?


かつてアーリーステージへの投資は、認定投資家、ファミリーオフィス、富裕層、ファンドの独占的な領域でした。これは、個人投資家がアーリーステージ投資で失うことのできない資金を投入しないように保護するためのものです。


しかし、この保護措置は、アーリーステージ投資の成功によってもたらされるアップサイドの可能性を、個人投資家から奪ってしまうことにもなります。また、哲学的に言えば、障壁を設けることは人々を幼稚化し、自分自身で経済的な決断を下す主体性を奪ってしまうのです。



投資家にとって


  • 民主的なアクセス

分散型ベンチャーキャピタルは、アーリーステージ投資へのアクセスを民主化することができます。アーリーステージへの投資を資金力のある人たちだけのものにするのではなく、分散型ベンチャーキャピタルは投資への参入障壁を低くします。分散型ベンチャーキャピタリスト・モデルでは、人々が財務的な決断を下し、自分が信じるプロジェクトを支援することができるようになります。


  • 代表性の向上

分散型VCモデルは、世界のあらゆる地域の人々が、人種や地理的な位置、その他の階級による偏見なしにアーリーステージ投資を行う機会を得られるようにすることで、キャップテーブルの代表性を向上させます。


  • お金を超えた投資の向上

従来のVCモデルは、小切手を発行できる投資家のみに焦点を当てています。分散型VCモデルでは、他の無形の貢献を通じてアーリーステージ投資から利益を得る機会を得ることができます。例えば、コミュニティのメンバーは、バグの発見、コミュニティ構築、市場教育などの対価としてトークンの割り当てを受けることができます。



開発者にとって


  • 代替資金源へのアクセス

分散型ベンチャーキャピタル・モデルは、スタートアップ企業、開発者、創業者、起業家に、代替的な資金源へのアクセスを提供します。多くの創業者は、典型的な創業者のように見えない、適切なネットワークにアクセスできない、ピッチのやり方がわからないなどの理由で、従来のVCから資金調達することができないかもしれません。分散型ベンチャーキャピタルは、プロジェクトが技術的、ビジネス的に優れているかどうかで判断されるため、こうしたバイアスを排除することができます。


  • 製品市場適合性への明確な道筋

分散型ベンチャーキャピタル・モデルは、プロジェクトを審査し、資金提供の可否を決定する人々のプールを大幅に拡大します。一握りの人たちだけがあなたのアイデアを見る従来のVCモデルとは異なり、分散型VCモデルではコミュニティのフィードバック・ループが可能になる可能性があります。また、プロジェクトへの資金提供に対するコミュニティの反応は、製品市場適合性を得るためにアイデアを微調整するのに役立つ貴重なシグナルを提供することができます。


  • より低い手数料で加速する資金展開

資金調達を行う場合、従来のベンチャーキャピタル・モデルでは、不換紙幣を使用するため、調達した資金を利用するまでにさらなるハードルをクリアしなければならない場合があります。一般的には、タームシートが署名されてから資金を受け取るまで、30日から60日程度かかると予想されます。しかし、分散型ベンチャーキャピタルでは、ほぼ即座に資金調達が可能で、しかも取引手数料はほとんどかかりません。



分散型VCモデルは、アーリーステージ投資の将来にとってどのような意味を持つのでしょうか。


分散型VCモデルの出現と発展については、まだ初期段階にあると言えます。しかし、AlgoDAOのような分散型VCモデルは、特にWeb3のエコシステムにおいて、アーリーステージ投資の重要なドライバーになると合理的に予想することができます。


AlgoDAOのような分散型VCモデルがスマートコントラクトを搭載しているという事実は、すでに広範なWeb3業界に対してスムーズなオンランプを提供しています。したがって、分散型ソリューションの作成においてビルダーをサポートすることに情熱を注ぐブロックチェーンとWeb3愛好家の臨界量を引き付けるために成長することは理にかなっています。


AlgoDAOでは、AlgoDAOエコシステムにおけるアーリーステージ投資の民主化のためのペースを設定しています。そのようなモデルの1つが私たちのリバース・ハッカソン・オファリング(RHO)で、VCや他の伝統的なプレーヤーよりも先にアーリーステージのプロジェクトに投資する機会を提供します。


AlgoDAOのRHOの仕組みに関する私たちの投稿をチェックしてください。


また、RHOに関する重要な更新を見逃さないよう、当社のソーシャルメディア・チャンネルで当社とのつながりを保つようにしてください。




元記事:https://medium.com/algodao-fi/what-do-decentralized-vc-models-mean-for-the-future-of-early-stage-investing-8a53181b47c3