AlgoDAOのRHOの仕組み:具体的にどのように機能するのか?


AlgoDAOのRHOの仕組み:具体的にどのように機能するのか?


6月初旬に、AlgoDAOのRHO(Reverse Hackathon Offering)を紹介しました。これは、コミュニティを中心としたハッカソンを提供するための革新的なデザインです。RHOは、コミュニティとベンチャーキャピタルの競争の場を均等にすることが大きな差別化要因となっています。つまり、RHOの成功は、DeFiの世界を変えることができるコミュニティの協力にかかっているのです。RHOでは、開発者、プロジェクトリーダー、ビジネスリーダー、Web3愛好家などが一堂に会し、大規模なコラボレーション・イベントを開催できることを紹介しました。


本日は、AlgoDAOのRHOの仕組みをより深く掘り下げ、RHOに至るまでの各ステップについて、RHOの仕組みについてより深くご理解いただけるような情報を提供します。ハッカソンには何度も参加していますが、主催するのは今回が初めてで、とても楽しみです。



まずは「Why」から


IDOは、コミュニティメンバーがWeb3プロジェクトの初期段階の資金調達に参加する機会を得ることができるので、素晴らしいものです。しかし、IDOは通常、少なくとも2回の資金調達ラウンドの後に行われ、それらのラウンドでは一般からの参加は認められていません。ほとんどの場合、Web3プロジェクトがIDOを実施するまでに、シードラウンドとプライベートラウンドを通じて、ある程度の資金を調達しているはずです。


つまり、IDOに参加するコミュニティメンバーは、後発のラウンドに参加していることになるのです。そしてIDOの価格は、シードラウンドやプライベートラウンドの参加者が同じトークンに支払った価格に比べて割高に設定されています。ただし、IDOの参加者は通常、より有利な権利確定条件を持っていますが、それは重要な点ではありません。もちろん、シードラウンドやプライベートラウンドの参加者は、IDOの参加者よりも大きなリスクを負います - プロジェクトが失敗し、すべての資金が流出する可能性があります。つまり、より高いリスク指数は、シードやプライベートラウンドの参加者が得る割引価格と潜在的な複数のリターンに反映されています。


それでも、DAOにとっては、すべての参加者に可能な限り公平な競争条件を提供することが基本的な必要条件となります。したがって、シードラウンドとプライベートラウンドは、AlgoDAOのハイカウンシルとバンガード会員にのみ開放されていますが、私たちは、AlgoDAOコミュニティのすべてのメンバーが、IDOの準備ができる前のプロジェクトでも、初期の資金調達ラウンドに参加できる機会を意図的に作り出しているのです。


RHOは、アルゴランド・エコシステム内のWeb3、DeFi、およびdAppsのアーリーステージの資金調達ラウンドに参加するために、すべてのAlgoDAOメンバーが利用できる機会を均等にするために設計されたユニークなメカニズムです。


RHOは、他の通常のIDOから得られると期待される報酬よりも、かなり高い報酬を提供する可能性があります。例えば、通常のIDOは、1000万米ドルから6000万米ドルの評価額で、トークン供給全体の1%以下しか放出しません。RHOの場合、各資金調達プールは、3つの異なるプロジェクトからのトークン供給総額の2%と引き換えに、15万米ドルを調達するように設計されています。


つまり、RHOsは250万米ドル(150/0.06)の評価額で約6%のトークン供給量をアンロックすることになります。簡単に言えば、RHOはIDOよりも少なくとも4倍良いリターンをもたらします。そして最も良い点は、IDOの1つのプロジェクトではなく、3つのプロジェクトの分散されたポートフォリオを得られることです。


もちろん、RHOプールからのトークンは権利確定条件の対象となりますが、権利確定に関する詳細はIDOでRHO資金調達ラウンドが始まる前に発表される予定です。



RHOは具体的にどのように機能するのですか?


RHOは、AlgoDAOでインキュベートされるプロジェクトのための初期段階の資金調達のためのコミュニティ中心のメカニズムです。RHOを通じたプリマネー・ファイナンスへの参加に対するコミュニティの基本的な関心が確立されれば、あとはそれを実現するために一歩一歩進んでいきます。


最初のステップは、AlgoDAOプラットフォーム上にRHOプールを作成することです。RHOへの参加に関心を持つコミュニティのメンバーは、「通常の」IDOに参加するのと同じように、RHOトークンを購入することによって、このオファーに関心を示すことになります。


RHOプールは、コミュニティがRHOに設定されたソフトキャップ目標に達するだけのRHOトークンを購入し、RHOプールの有効期限が過ぎると、正常に「終了」したとみなされます。


RHOプールがソフトキャップ目標に達するだけの資金を調達できなかった場合、プールは失敗したとみなされ、参加者はRHOサブスクリプションの自動払い戻しを受けることになります。


しかし、RHOプールがソフトキャップに達し、RHOイベントの開催を開始した場合、ハッカソンが失敗した場合のリスクが内在しています。例えば、十分な参加者を集めることができなかったり、参加者がプロジェクトを成功させるのに必要な経歴や経験を持っていなかったりした場合、ロジスティクスや組織に関する費用が発生する可能性があります。この場合、投資した資金は完全には返却されず、それぞれの経費報告書がコミュニティに提供されます。他の取引と同様、投資にはリスクが伴います。


RHOを進める上で問題がなければ、AlgoDAOチームはRHOで集めた資金を元にRHOハッカソン・イベントを開催します。この資金には、ロジスティクスや運営費、優勝チームへの賞品、プロジェクトをアイデアから製品化するためのGTM(Go-to-Market)活動に必要なその他のサービスなどが含まれます。


実際のRHOハッカソンは2部構成で、まずオンライン・セッションで、開発者チーム、プロジェクト、個人が協力して、高品質で市場性のあるWeb3ソリューションを構築します。RHOハッカソン・イベントの第2部では、3日間の対面式イベントが行われ、すべてのプロジェクトチームがコラボレーションを行い、業界の専門家に会い、プロジェクトを改良し、大きなDEMO DAY(発表会)に備えます。


DEMO DAYでは、参加プロジェクトがAlgoDAOインキュベーター内の3つのスポットとその他の報奨金をかけて競い合います。上位3つのプロジェクトは、AlgoDAOでのインキュベーション・プロセスを経て、技術的、非技術的な指導やその他のエコシステムのサポートを受け、公開IDOに備えます。



なぜRHOに参加する必要があるのですか?


インキュベートされた3つのトークンはそれぞれ、そのトークン供給量の2%をRHOプールに割り当てることが要求されます。RHOに参加するAlgoDAOコミュニティのメンバーは、RHOプールに割り当てられたトークンの比例配分分を得ることができます。


したがって、プロジェクト・トークンを購入する前に公開IDOラウンドまで待つ代わりに、RHOの参加者は3つのプロジェクトからトークンを大幅な割引価格で取得したことになります。


簡単に言えば、RHOは機関投資家よりも早くアーリーステージの資金調達に参加する機会を与え、IDO価格よりも大幅に割引された価格で資金調達ラウンドに参加でき、3つのプロジェクトからトークンを取得して複数のプロジェクトに対するエクスポージャーをより分散させることができるのです。


AlgoDAOの最初のRHOのために、私たちはすでにその方法をまとめています。


*********


RHOに関する重要なアップデートを見逃さないよう、当社のソーシャルメディア・チャンネルを活用してください。




元記事:https://medium.com/algodao-fi/mechanics-of-algodaos-rho-how-exactly-does-it-work-913313329eb5