VeriTX、アルゴランドと提携し、航空宇宙製造業のための最先端のデジタル・マーケットプレイスを提供



VeriTX、アルゴランドと提携し、航空宇宙製造業のための最先端のデジタル・マーケットプレイスを提供


3Dプリントとブロックチェーン技術を活用して航空機部品をオンデマンドで提供、2025年までに100億ドル以上の市場を予測



ニューヨーク州バッファロー - 2020年10月22日 - 分散型製造を可能にするデジタル資産の信頼できるマーケットプレイスであるVeriTX Corp.は本日、アルゴランドのブロックチェーン技術を利用した航空機部品のデジタル・サプライチェーンを開発すると発表しました。VeriTXデジタル・マーケットプレイスを利用することで、国防総省や民間航空会社などの顧客は、航空機部品の製造にかかる時間とコストを大幅に削減し、効率を最大化するために使用できる貴重な経済・物流データを得ることができます。米陸軍、海軍、空軍がデジタル・サプライチェーンに向けて動き出す中、デジタル航空機部品の市場規模は2025年までに31億ドルに達すると予想されています。ある空軍の整備司令官は、VeriTXによって30%のコスト削減、廃棄物の90%削減、航空機の性能(稼働時間)の25%向上が可能になると見積もっています。


使用時点でオンデマンドで3Dプリントできる航空機部品の買い手と売り手を直接結ぶデジタル・マーケットプレイスであるVeriTXプラットフォームは、アルゴランドのパブリックで純粋なプルーフ・オブ・ステークスのブロックチェーン上に構築されています。これにより、注文から納品までの部品を改ざん不可の分散型台帳上で追跡し、部品の来歴(出所と真正性)を検証することで、30億ドルに上る偽造部品の問題を緩和するという付加的なメリットが得られます。


VeriTXの最高経営責任者(CEO)である米空軍のジェームズ・アレン・レゲナー大佐(退役軍人)は、次のように述べています。「いくつかのテクノロジー・プロバイダーを検討し、厳格なデューデリジェンスを行った結果、我々のプラットフォームを支えるブロックチェーン・インフラとしてアルゴランドを選びました。アルゴランドは、その柔軟なアーキテクチャ、低いトランザクション手数料、トランザクション・スループットのスケーラビリティの観点から、エコシステム・パートナーをネットワークに導入するための理想的なソリューションでした。」


これまで航空宇宙産業の製造業は、1980年代に開発されたビジネス・システムに大きく依存していました。VeriTXは、部品製造プロセスを4つのステップに分解してデジタル化し、分散化します。


  1. 売り手はデジタルで部品を設計します。これには、伝統的に鍛造された金属製のエンジン部品から、航空機のキャビンに使用されるポリマー成形された内装部品に至るまでの部品のアイデア、プロトタイプ、および最終設計が含まれます。

  2. 売り手はVeriTXプラットフォームに部品をアップロードします。価格、仕様、および出所などの必要な情報がすべて含まれています。

  3. 買い手はデジタルパーツを購入します。このプラットフォームはデジタル資産の交換を可能にし、最終的には最後のステップで有形になります。

  4. 使用場所へ推し進められ、そして3Dプリントします。3Dプリント機を持っていない人のために、VertiTXには、部品をプリントし、引き取りや配送の準備ができる機械パートナーがいます。


VeriTXデジタル・サプライチェーンの効果は、実世界のユースケースで証明されています。


  • F15-イーグル戦闘機の金属製航空機部品:通常、注文から納品まで265日かかります。VeriTXはリードタイムをわずか6時間にまで飛躍的に短縮しました。

  • ポリマー製航空機部品:注文から納品までの時間が133日から1時間に短縮されました。プロセスは完全にデジタル化されているため、部品が注文されると、すぐに待機中の3Dプリンターに送信されました。部品を作る(プリントする)のに約40分かかりました。航空会社の整備工場で製造されたので、完成後すぐに納品となりました。

  • 民間航空会社:オークランドからロサンゼルスへのフライト中、機内の部品に不具合が発生し、ビジネス・プレミアクラスのシートが使用できなくなりました。VeriTXを使用して、航空会社はデジタル交換部品を注文し、この部品を1時間で製造することができました。飛行機がロサンゼルスに着陸した際、部品が取り付けられ、キャビンは運行を再開しました。リードタイムが50倍に短縮されました。シートの費用と、必要な部品を入手して修理を行うためのフライトの費用から失われる可能性のある収益を30,000ドル節約できました。


「VeriTXが行っていること、つまり取引の摩擦を取り除くことは、アルゴランドの第一の使命です。VeriTXは、製造業のような確立された産業を分散化した方法で再発明するためのブロックチェーンの力を示す、非常に具体的な方法で技術を適用しています」と、アルゴランドのCOOであるW.ショーン・フォードは述べています。「VeriTXは、買い手と売り手を直接接続して効率を最大化し、製造業の未来を積極的に再構築しています。 」


航空宇宙産業は、VeriTXプラットフォームを導入した最初の垂直産業であり、医療・産業市場もそれに続きます。



VeriTXについて


VeriTX Corp.は、航空宇宙、医療、産業市場向けに信頼された高速で柔軟なデジタル・マーケットプレイスです。VeriTXは、最先端のテクノロジーの融合を活用し、企業のデジタル・サプライチェーン・ソリューションを開発するために限界に挑戦しています。同社の詳細情報は、www.veritx.co をご覧ください。



アルゴランドについて


アルゴランド・インク(Algorand Inc).は、次世代の金融商品のために、世界初のオープンソース、パーミッションレス、純粋なプルーフ・オブ・ステークのブロックチェーン・プロトコルを構築しました。このブロックチェーン、アルゴランド・プロトコルは、チューリング賞を受賞した暗号学者シルビオ・ミカリ(Silvio Micali)の発案によるものです。金融取引所の摩擦を取り除くことに特化したテクノロジー企業であるアルゴランド・インクは、価値の創造と交換を可能にし、新しい金融ツールとサービスを構築し、資産をオンチェーンに持ち込み、責任あるプライバシーモデルを提供することで、DeFiの進化を後押ししています。