金融におけるスマートコントラクト:金融機関とフィンテックのためのガイド



金融におけるスマートコントラクト:金融機関とフィンテックのためのガイド


スマートコントラクトは、グローバル金融の将来において重要な役割を果たすことになります。このガイドでは、スマートコントラクトとは何か、それがどのように機能するのか、そしてグローバル金融の未来にどのように展開されるのかを知ることができます。


スマートコントラクトとは?


一言で言えば


スマートコントラクトとは、2つ(またはそれ以上)の当事者間の契約条件がコードに書き込まれ、分散型ブロックチェーン・ネットワーク上で自律的に動作する自己実行型の契約のことです。

基本的に、スマートコントラクトは、契約の条件が満たされた場合に当事者間の価値の移転を提供するブロックチェーンに埋め込まれたコンピュータ・プログラムです。


金融スマートコントラクトは、中央機関を必要とせずに金融ルールを実行し、自律的に機能するコンピュータコードで構成された契約です。アルゴランドのブロックチェーンは、フィンテックや金融機関がスマートコントラクトを大規模な業務に統合できるようにするプラットフォームを提供しています。


暗号学者のニック・サボ(Nick Szabo)は1994年に、コンピュータコードを使って契約を記録することを提案し、これがスマートコントラクトのアイデアの最初に提唱となりました。当時はこのアイデアは流行らなかったものの、10年以上後にブロックチェーン技術の開発により実現可能になりました。


サボのアイデアは、契約条項の履行を自動化するためにコンピュータ・プログラムを使用することで得られる効率性の利点に基づいていました。この方法で契約の完了を自動化することで、契約の履行を文書化する安全な方法が提供され、プロセスを検証するために第三者の仲介者を介在させる必要がなくなります。


当時はまだ技術の準備ができていませんでしたが、1996年に発表されたサボのスマートコントラクトに関する論文では、詐欺の削減や契約期間の執行などの基本的な機能や、デジタル・キャッシュやスマート・プロパティなどの破壊的な用途での技術の可能性が概説されています。


スマートコントラクトは、グローバルな規模でシームレスで摩擦のない取引を促進するためのブロックチェーンの使用を論理的に拡張したものです。



スマートコントラクトの仕組み


スマートコントラクトは、コンピュータ・プログラムのif/then機能と同じ原理で動作します。契約の基礎となるプログラムに埋め込まれた条件が満たされた場合、契約に記載されたアクション(または複数アクション)が行われます。条件が満たされていない場合、取引は発生しません。


例えば、買い手がある日までに指定された金額を入金した場合、契約で指定されたように購入される商品はその日にリリースされます。しかし、お金が入金されなかったり、指定された日時までに商品が入手可能にならなかったりすると、取引は発生しません。


これらの契約は、ブロックチェーンの不変性、つまりブロックチェーンに記録された取引は永続的であるという事実によって可能になります。このような取引は複数のネットワーク・ノードに記録されるため、一人の参加者によって遡って変更されることはありません。



スマートコントラクトには以下のようなメリットがあります。


  • 高い信頼性:従来は、お互いを知らない2つの当事者が取引を行う場合、信頼できる第三者が取引を検証するために参加していました。スマートコントラクトとそれが生成する記録は、共有台帳上で暗号化を使用して検証可能に保存されるため、お互いを知らないユーザーは、信頼できる仲介者に頼るのではなく、ブロックチェーンに信頼を委託することができます。

  • オートノミー(自律性):当事者の1人以上が条件を満たしていることの証明を提出することで契約が成立します。

  • セキュリティ:ブロックチェーンの暗号化設計と分散ノードの使用により、ハッキングやセキュリティ侵害に対する耐性が非常に高くなっています。

  • エラーの最小化:自動化された契約は、人間のトランザクション処理に典型的に関連するエラーを回避します。

  • スピード:手動でフォームを記入したり、中間者が確認して処理するのを待つ必要がないため、取引の迅速な処理が可能になります。

  • コスト削減:処理速度を飛躍的に向上させることで、取引を完了させるためのコストを削減します。

  • 精度:コードを使用して契約条項を実装することで、契約条項の曖昧さを回避し、意見の相違につながることを防ぎます。



グローバル金融におけるスマートコントラクトの活用事例


スマートコントラクトは、お互いを知らない人々がお互いに簡単に契約を結ぶことを可能にすることで、デジタル取引の潜在的な参加者の数を飛躍的に拡大させました。例えば、分散型アプリケーション(DApps)には、サービスを提供するために連携して動作する複数のスマートコントラクトが含まれており、通常は従来のアプリケーションのようなユーザー・インターフェースを備えています。


スマートコントラクトは、不動産、保険、ヘルスケア、クレジット認証、法的プロセス、オンラインゲームなどで使用されています。しかし、スマートコントラクトの利用で最も有望な分野は、間違いなくグローバル金融です。


DAppsの開発をサポートするブロックチェーンは、開発者にスマートコントラクトを様々な目的に利用する革新的なソリューションを設計する機会を提供します。DAppsは、従来の金融サービスと同様のサービスを含む、個々のスマートコントラクトよりも複雑な取引を提供することができます。


金融アプリケーションでのスマートコントラクトの最も一般的な用途には、以下のようなものがあります。


  • 一定の時期に一定の金額の従業員への給与支払い

  • 世界のどこからでも可能な暗号通貨トークンの取引

  • ユーザによるが暗号資産の貸し借りの両方

  • 現物資産を表す非代替性トークン(NFT)のユーザー間での交換


以下は、アルゴランドのネットワーク上に構築されたスマートコントラクトを動力とするアプリケーションです。


  • IDEX:リアルタイム取引と高い取引スループットをサポートする世界有数の分散型取引所であるIDEXは、アルゴランドの今後の革新的で高性能なプリミティブを使用して、スマートコントラクトの複雑さをアルゴランド・プラットフォームのネイティブ機能にオフロードすることを計画しています。

  • Archax:デジタル証券取引所としてFCAの認可を受けた最初の取引プラットフォームであるArchaxは、アルゴランドの最近のスマートコントラクトのアップグレードを利用して、スマート・ステーブルコインや流動性のあるオルタナティブ投資を含む多くの新商品を開発することができます。

  • Cudo:企業や個人が未利用のコンピューティング・パワーを持つデバイスのネットワークを活用して、独自のビジネスプロセスをスケールアップすることを可能にする分散コンピューティング・プラットフォームであるCudoは、アルゴランド財団の助成金の受領者に選ばれており、Cudoがアルゴランドの開発者コミュニティにチューリング完全コンピューティングを提供するためのサービスを構築するための専門知識と資金を提供することになります。このパートナーシップにより、特定のブロックチェーン向けのアプリケーションを構築する開発者は、スマートコントラクトの展開により、不変性のために必要なデータをオンチェーンでプッシュするだけなので、効率的なコストポイントでCudo Computeのリソースを消費することが可能になります。

  • Stonize: 証券化を利用しやすく透明性の高いものにすることを使命とし、より包括的な金融システムへの移行を目指すイタリアのフィンテック企業で、アルゴランドのアトミック・トランスファーとアルゴランド・スマートコントラクト・イン・レイヤー1(ASC1)を活用して、より迅速で安全な決済・決済プロセスを顧客に提供しています。

  • Monerium:デジタル通貨へのアクセス、安全性、取引の簡素化を使命とする金融テクノロジー企業で、ステートレス・スマートコントラクトやスケーラブルなプルーフ・オブ・ステーク・コンセンサスなど、多くの主流のユースケースに対応する主要な機能を備えていることから、アルゴランドを活用しています。

  • Blockstack:アルゴランドとBlockstackは、Clarityスマートコントラクト言語の将来の設計と開発をサポートするために、独立したオープンソースのプロジェクトで協力しています。

  • Clarityは「決定可能な(decidable)」言語であり、開発者はプログラムが何をするのか、何をしないのかを数学的に確実に事前に知ることができます。



アルゴランドのブロックチェーンとスマートコントラクト:未来の金融(FutureFi)


スマートコントラクトは、既存のビジネス慣行を改善し、新しいビジネスを革新する大きな可能性を秘めています。オープンなブロックチェーン・ネットワークによって提供される包括性は、これまで構造上や物流上の障壁のためにアクセスできなかった多くの人々が経済的な機会を利用できるようにします。その結果、ブロックチェーンとスマートコントラクトの組み合わせによって生み出される新しいパラダイムは、多くのプロセスを民主化するのに役立ちます。


ブロックチェーンとスマートコントラクトが提供するイノベーションと効率性の向上の機会は、FutureFiの5つの原則に沿ったものです。


  • デザインによる分散化:次世代ブロックチェーンのような分散型ネットワークは、特定の事業体の中央管理下にはありません。

  • インクルーシブ(参加、パーミッションレス):オープン・アクセスは、そのパーミッションレスな性質から、当事者やグループが排除されない新しい経済を促進します。

  • フリクションレス(創造と交換):価値の交換はすべて当事者間でシームレスに行われ、コスト削減のような摩擦を引き起こす障壁がありません。

  • 相互運用可能:複数のシステムが連携して動作し、制限なく接続や通信を可能にします。

  • 安全(取引の完全性):非可逆性により、取引が取り消されることはないという信頼感が生まれます。


スマートコントラクトは、フィンテックや金融機関に、既存のプロセスを改善し、新しい製品やサービスを開発する機会を生み出すイノベーションの源を提供します。


そうすることで、これらの組織の収益を向上させるだけでなく、世界中の金融商品やサービスの潜在的なユーザーのプールを拡大することで、金融の民主化を促進することができます。


ブロックチェーンを活用したスマートコントラクトが提供するメリットは、グローバルな金融に革命をもたらす可能性を秘めており、技術革新を原動力とした経済の大幅な拡大を可能にする金融の未来をもたらす可能性を秘めています。



アルゴランド:金融イノベーションを可能にする


アルゴランドは、世界初のオープンでパーミッションレス、純粋なプルーフ・オブ・ステークのブロックチェーン・プロトコルを開発し、フォークすることなく、今日の経済に必要なセキュリティ、スケーラビリティ、分散化を提供しています。


数々の賞を受賞したチームにより、伝統的な金融と分散化された金融ビジネスが摩擦のない金融の世界を受け入れることを可能にしています。



アルゴランドは以下を提供しています。


  • スマートコントラクト:包括的なスマートコントラクト機能により、数十億人のユーザー、数千万件のデイリー・トランザクションにも対応可能なDeFiソリューションとDAppsを、わずかなトランザクション手数料で実現します。

  • ASA:アルゴランド標準資産(Algorand Standard Assets)は、Layer-1で直接、カスタマイズ可能なオプションを備えた標準的なブロックチェーン・アセットです。

  • アトミック転送:Layer-1に組み込まれたマルチパーティ・トランザクションの安全な転送と即時のトランザクション決済。


アルゴランドは、経済交流の未来のために、クラス最高のソリューションを継続的に開発することをお約束します。



ダウンロード:決済の未来レポート


アルゴランドは最近、OMFIF(Official Monetary and Financial Institutions Forum) DMI(Digital Monetary Institute)、Citi、Cypherium、GrabPay、Mastercard、Novi(Facebookより)、PayPal、SWIFTと提携し、「決済の未来」についてのレポートを発表しました。


本レポートの主な内容:


  • サービスやインフラを含む、現在の決済業界の評価

  • 国内および国境を越えて、人々が支払い、貯蓄、価値の移転を行う方法を形作ると思われる主なトレンドとイノベーション

  • リテール決済業界の洞察とホールセール決済の解説

  • 現在の通貨体制の問題点の概要

  • 新しい道への可能性




元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/smart-contracts-in-finance-a-guide-for-financial-institutions