アルゴランドのパートナー、セキュリタイズ・ジャパンが始動!

最終更新: 5月23日



Securitize セキュリタイズ


アルゴランドのパートナーであり、VCパートナーのボーダレス・キャピタル(旧アルゴ・キャピタル)からも出資している米国セキュリタイズ社(Securitaize)が、日本市場における事業展開を本格化させてきています。


同社は昨年12月にBUIDL社を100%子会社化していましたが、4月1日よりセキュリタイズ・ジャパンと名称変更して、日本法人としての本格活動を開始。ブロックチェーン上でデジタル証券を発行するSTO市場の活性化の旗振り役として期待がかかります。


セキュリタイズは国内でも三菱UFJフィナンシャル・グループや野村ホールディングス、SBIホールディングス、KDDI、ソニーフィナンシャルホールディングスなど、大手企業からもの出資を受けており、日本市場における信頼度も抜群。


アルゴランドもこの頼もしいパートナーと共に、ブロックチェーンの普及に努めていきます。



>セキュリタイズ・ジャパン



<関連記事>

コインデスクジャパン:MUFGと野村が米セキュリタイズに出資──セキュリティ・トークン(デジタル証券)の可能性、STOが注目される理由


日経新聞:セキュリタイズCEO「日本でデジタル証券広げる」


ITMediaビジネスオンライン:日本法人も始動 デジタル証券発行の先駆者、セキュリタイズとは何か