プログラム可能なマネー:スマートコントラクトはいかにマネーをより良いものにするか



プログラム可能なマネー:スマートコントラクトはいかにマネーをより良いものにするか



プログラム可能なマネーとは?


ドイツ連邦銀行は、プログラム可能なマネーを「デジタル・マネー自体の属性に基づいて、あらかじめ定義された目的のために固有のロジックに従うようにユーザーがプログラムできるデジタル形式のマネー 」と定義しています。


簡単に言えば、プログラム可能なマネーとは、あらかじめ設定された基準に基づいて特定の行動をとるようにプログラムできるデジタル・マネーのことです。


最初に知られているプログラム可能なマネーは、2009年に登場したビットコインです。現在では、スマートコントラクト技術を用いて取引を実行するようにプログラムできる暗号通貨が何千種類もあります。


例えば、アルゴランド・ブロックチェーンで運用されているドル建てのステーブルコインは、スマートコントラクトを使ってプログラムすることで、企業の従業員に対する月末の給与支払いを実行することができます。


プログラム可能なマネーに不可欠なのは、スマートコントラクトです。暗号通貨をプログラム可能にするのです。



スマートコントラクトの威力


スマートコントラクトには、支払いを処理する従来の方法に比べて、いくつかの重要な利点があります。


  • セキュリティ:クレジットカードやデビットカードの番号を使った購入とは異なり、ブロックチェーン上の取引では、購入に必要な情報を信頼できる相手に伝える必要がありません。つまり、ハッカーがデータを盗み、それを使って不正な購入を行うリスクが非常に少ないのです。また、取引は最終的かつ不可逆的なものであるため、チャージバックや取引のキャンセルといった、もう一つの一般的な不正のルートとなるリスクもありません。

  • 透明性:スマートコントラクトによる取引は、パブリック・ブロックチェーン上で行われるため、誰でも各取引を確認することができます。

  • 自律性:スマートコントラクトは自律的であるため、第三者や仲介者による操作のリスクを排除することができます。これは、特に国際的な取引において、他国の企業や機関が信頼できるかどうかわからない場合に、取引を容易にするのに役立ちます。

  • コスト削減:スマートコントラクトは、複雑な支払いを処理するために複数の仲介業者を必要としません。これらの第三者はそれぞれのサービスに対して手数料を取るため、スマートコントラクトはコストを大幅に削減することができます。

  • 正確性:計算は自動的に行われるため、人為的なミスがなくなります。

  • スピード:計算、検証、承認を自動化することで、作業時間を短縮できます。



プログラム可能なマネーでビジネスをパワーアップ


スマートコントラクトを導入することで、企業が利益を得られる分野としては、セキュリティの向上や自動化による効率化などが挙げられます。しかし、より基本的なレベルでは、プログラム可能なマネーは信頼を築くことができ、これは非常に価値のあることです。


ビジネスは人間関係に基づいており、人間関係は信頼に基づいています。つまり、信頼を構築するテクノロジーは、ビジネスに大きな利益をもたらします。スマートコントラクトで何ができるのか、いくつかの例を考えてみましょう。


エスクローサービス


不動産購入や貿易取引などの大規模な取引では、現在、販売が行われている間、信頼できる第三者がお金を預かるエスクローが必要です。スマートコントラクトは、お金を保持し、法的要件が満たされたら自動的に売り手に解放するようにプログラムすることができます。


グローバルな決済


スマートコントラクトを利用することで、国境を越えた2つ以上の当事者間で、あらかじめ設定された基準に基づいて、最小限のコストとほぼ瞬時の決済速度で、マルチレイヤーのグローバル決済を実行することができます。


給与計算


仕事の構造は変化しており、それに伴い給与の構造も変化しています。スマートコントラクトは、数千人の従業員であっても給与計算を自動化することができます。


時給制、月給制、ボーナス、コミッションなど、すべてスマートコントラクトにプログラムされ、瞬時に処理されます。


配当


多くの上場企業では、利益の一定割合を年または四半期ごとに株主に配当しています。スマートコントラクトを利用すれば、株式が変動しても、このプロセスを自動化することができます。


これにより、企業が投資家に株式を発行する際の障壁を劇的に下げることができる可能性があります。


財務管理


ブロックチェーン・ベースの財務管理は、特に大規模な組織に多くのメリットをもたらします。


例えば、企業の財務管理者は、世界中のさまざまな事業体の口座の処分状況をリアルタイムで確認することができます。これにより、キャッシュフロー予測の改善を通じた意思決定プロセスの強化や、短い時間枠の投資機会をより有効に活用することが可能になります。


プログラム可能なマネーは、将来を見据えた運営を望む企業にとって、大きなチャンスとなります。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/programmable-money-smart-contracts-make-money-better