https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

Plausible(旧AlgoPOAP) - なんでも証明プロトコル


なんでも証明プロトコル Plausible

Plausible(プラウジブル)とは


Plausible (旧AlgoPOAP)はAlgorand上のProof Of Anything(なんでも証明)Protocolであり、誰もが簡単に証明やNFTの配布を分散型、トラストレス、パーミッションレスで作成・利用できるツールです。


Plausible dAppは、Algorand、IPFS、cloudflareの技術スタックを用いて、分散型でスマートな方法で証明サービスを提供します。



Proof of Anything(なんでも証明)プロトコル


Plausibleプロトコル(Proof Of Anything)は、POAPの構成に応じた基準データを提示することで、何らかの交流、運動、目的、グループ、イベント、会場の参加者が、ラップされた証明トークン(通常はNFT付き)を請求できるプロトコルです。これらの請求は、請求が行われる前にPOAP作成者によってオーサリングされます。


Plausibleプロトコルは、完全な分散型、パーミッションレス、動的であり、マルチチェーン、メタバース、Web2.0への移行を目的としています!


POAPの定義

  1. POAPはプロトコルの略称(Proof of Anything Protocol)です。

  2. 各POAPは、Proof Of Anything Packageの略称でもあります。


Proof of Anythingパッケージ


パッケージ:

Plausibleパッケージ・アイテムは、Algorandスマートコントラクトと、子として1つまたは複数のAlgorandスタンダード・アセットの組み合わせです。ASCアイテムはPlausibleの親(メイン)スマートコントラクトの子であり、その親へのABIコールと作者によるC2Cコールによって生成、更新、または削除されます。ASAは、Algorand ARC3標準のもと、Plausibleパッケージ・アイテムのスマートコントラクト(作者が所有している)内で、そのコントラクトへのABIコールによって厳密に作成されます。


Plausibleパッケージはそれぞれ、1つまたは複数のARC3 NFTトークン、いくつかのAlgos(MBRトップアップとプリペイド請求料をカバーする)、Web2.0とWeb3.0の両方の世界で請求にアクセスできるようにするためのマジックリンク、オプションとして請求できる配送を簡単かつブランド志向にするためのダイナミック・ページからなります!



マルチチェーン対応Proof Of Anythingプロトコル


今後の予定

Algorand StateProofsによるProof Of Anythingプロトコル


State Proofs(状態証明)は、ブロックチェーンの機能を、Web3.0の内部やWeb3.0で可能な範囲を超えて、効率的かつ身近な方法でゼロ知識証明を使用する方法を文字通り切り開くものです。


Plausibleは、プロトコルをマルチチェーンに昇華させることを計画しており、EVMチェーンをサポートすることから始めています!



<使い方>


◉作者向け:準備


ステップ1:Plausibleにアクセス

ステップ2: ウォレットを接続

Plausibleは現在、以下のウォレットをサポートしています。




ステップ3: ディスペンス

十分なAlgosがない場合は、ディスペンス(ただで少しもらう)する必要があります。


ステップ4: Plausibleへのオプトイン

Plausibleを使用するためには、オプトイン・ボタンをクリックして、メイン・スマートコントラクトにオプトインする必要があります。



◉作者向け:POAP作成


ステップ1:Plausibleにアクセス


ステップ2:「New POAP」ボタンをクリック

ページ上部にあるボタンをクリックします。


ステップ3:POAPコントラクトの作成

「POAPコントラクトを作成する」ボタンをクリックします。


ステップ4:POAP情報フィールドを指定

POAPの情報フィールドを指定し、ウィザードを終了します。

名前以外の項目はすべて任意です。


POAP生成フォームの各フィールドは何をするのですか?



POAPの基本情報

  • 請求数:POAPを請求できるユーザーの数(オプション)

  • タイトル:POAPのタイトル!このフィールドは唯一の必須フィールドであり、あらゆる場所であなたのPOAPタイトルとして使用されます!

  • 説明:POAPの詳細と簡単な説明(オプション)

  • 物理的設定:アクティブである場合、物理的なアドレスを追加することができます、これは物理的な会場、イベント、製品のためです...(オプション)!

  • 物理的なアドレス:POAPの物理的な住所(オプション)



POAPクラス


  • シングルリンク/QRCode:POAPが作成するマジックリンクには、シングルとマルチの2タイプがあります!シングルリンクは、リンクと関連するQRCodeで、対象者の総数と同じ回数だけPOAPを請求するのに使用できます!マルチリンクは、参加者1人につき1つのマジックリンクを生成するため、リンクの数は対象者数と同じになります!

  • 直接請求のみ:ウォレット(オプション)を使用しての請求のみ可能です。




Plausibleタイム


  • 開始時間:POAPが請求可能になるタイムスタンプ(オプション)

  • 終了:POAPが請求できなくなるタイムスタンプ(オプション)

  • タイムゾーン:POAPのデフォルト・タイムゾーン(オプション)!


POAP Web2


  • URL:ウェブサイト、ツイッターURL、リンクトイン・グループURLなど、POAPに付随するウェブアドレス(オプション)

  • メール:POAPに添付するメールアドレス(オプション)


POAPメディア


  • NFT:POAPで使用するNFT画像ファイルを選択します(オプション)!

  • ロゴ指定:POAPのロゴ画像(png, jpeg, jpg, gif)を指定します(オプション)

  • PDF発行:POAPにPDFファイルを添付できるようにします(オプション)!

  • PDFを添付:POAPに添付するPDFファイルを選択します!


POAPの特徴


  • ジオ・フェンシング(地理的制限)を搭載:許可国、禁止国を設定することができます(オプション)

  • 許可された国:許可する国を選択します

  • 禁止国を設定:禁止国を選択します

  • カラー:POAPのカラーを設定します(オプション)

  • ページを持つ:POAPのページを有効にする(オプション)


POAPのプレビュー


  • プレビューして進む:セットアップ前にPOAPのプレビューを行い、その後セットアップに進む。




◉作者 POAPsをアクティベートする


注:アクティベーションの仕組みは、間違った情報やタイプミスのあるPOAPsに資金が使われることを避けるために設計されています!すべての手数料とMBRプリペイド金額を、作成時ではなくアクティベーション時に支払うことで、著者はアクティベーション前に確認し、支払いを行うことができます。


ステップ1:アクティベート・ボタンをクリック

POAPを選択し、アクティベート・ボタンをクリックします。


ステップ2:アクティベーションの確認

OKボタンをクリックし、POAPの有効化を確認します。



◉作者向け フェッチ・マジックリンク


注:POAP Magic Linkをアクティベートすると、利用可能になります!


ステップ1: マジックリンク・ボタンをクリックします。

ステップ2: リンクをコピーするボタンをクリックするか、QRをスキャンします。



◆エンドユーザー向け:ウォレットでPOAPsを請求する


ステップ1:「続ける」ボタンをクリック

ステップ3:ウォレットを接続する

すでにウォレットを持っている場合は、ウォレットでPOAPを請求することができます

ステップ4: POAPを確認する



◆エンドユーザー向け:ウォレットなしでPOAPsを請求する


ステップ1:「続ける」ボタンをクリック

ステップ2: 接続して請求する

ウォレットを持っていない場合は、「ウォレットなしで請求する」をクリックして請求することができます。



◆エンドユーザー向け:ローカルで請求されたPOAPをエクスポートする


ステップ1:POAP請求

ステップ2: 「エクスポート」ボタンをクリック

ステップ3: ウォレットを接続する

POAPをエクスポートするウォレットを選択し、それに接続します。



◆Plausibleのメトリクス&統計

Coming soon...



<機能>



特徴

Web3.0に対応したデザイン

パーミッションレス、分散型、トラストレス


スマートNFT

各POAPは、独自のスマートなARC3/19/69 NFTコレクションを持っています。


マルチ&シングル・マジックリンク

プリペイドとMBRに対応したマジックリンクとQRCodeを配布し、クレームを受けることができます。


BYON(Bring Your Own NFT)

NFT、ASA、またそれらセットをお持ち込みください。


時間制限

発行されたPOAPには、請求の拘束が開始される日付があり、それ以降に請求の対象となります。


地理的制限(Geo Constraint)

経度/緯度の位置を中心とした半径の範囲に請求を制限するためのオプションの制約です。


リリース制限

POAPの利用者が請求する際に、作者の署名を要求するためのオプションのパラメータです。


共有秘密制限

QRCodeとして発行される、暗号的に検証可能な共有秘密を、1つまたは個別に提供するためのオプション・パラメータです。



<ユースケース>


◆NFTデザイナーズ

デザインから流通まで


これからの機能

Plausibleは、スマートNFTを必要な数だけ配布することができます!

Web2.0とWeb3.0の両方を利用して、NFTとベクター・グラフィックス・スタジオを組み込むことで、NFTのデザインと配布がこれまで以上に容易になります!


◆観光

チケットから思い出の本まで...


楽しい時間を証明する:

Plausibleは、POAPsとしてあらゆるタイプのチケットを発行するために使用することができ、また、観光地や場所は、訪問者と永続的に関わるために独自のPOAPsを使用できます。今後、NFTスタジオを組み込むことで、「I was in ...」や「I Love ...」といったNFTテンプレートを、数クリックで簡単に編集・造形することが可能になります!


◆音楽アーティスト

Web 2.0を守り、Web 3.0に進む


これからの機能

POAPsは、ロイヤリティやエンタメ・イベントの来場者追跡や分析に最適なツールです!POAPにロイヤリティが付与され、さらに音楽(WAV、MP4)をサポートするNFTスタジオが組み込まれることで、クリエイターはARC規格に準拠したカバーや音楽を添付したエキサイティングなNFTを簡単に作成することができます。


◆ファンクラブ&ソーシャルグループ

ファンとの絆を永遠に


生涯POAP

Algorandは永久的で、改ざん不可能で、不変なので、すべてのファンの出席と関与の証明はファンのウォレットに永久に保存されます!さらに、請求処理に使用されたマジックリンクは、バーンされた後に、忘れ去られて役に立たなくなることはもうありません!(バージョン3以降)それらは請求の証明となり、永遠に作者の所有となります(スマートコントラクトの所有)!


◆DAO

イベント、ミーティング、DAOの投票、ガバナンスのための出席証明...


DAO POAP...

DAOには、実用性や証拠として使用するための証明を必要とする多くの相互作用や共同作業があります。Plausibleは、それらの証明を作成し、Web2.0とWeb3.0の両方でエキサイティングなスマートNFTとして配布することができます!


◆gameFi

ゲーム資産、ゲートキーパー、達成証明の配布


プレイヤーの準備、セット、POAP...

GameFiのプロジェクトやサービスは、Plausibleを使って、ゲーム・オブジェクトのドロップからゲーム内のプレイヤーの達成証明まで、さまざまなユースケース・シナリオのPOAPシナリオを作成できます。


◆チケット・サービス

あなたのウォレットにあなたのチケットを!


チケットの発行と配布

AlgoPOAPの新機能であるカスタム・メタデータを使用することで、あらゆる価値ある情報を暗号的に保証された形で作成し、ターゲットのウォレットに配布することが可能です!


◆法律と法人

この証明は、暗号的に証明されます!


アテストの証明

出席証明やアテスト証明は、AlgoPOAPを使ってPOAPとして発行し、法律や法的プロセスで使用することができます。


‍◆エンターテインメント・サービス

レシートやリスト・タグをスマートなPOAP QRCodeに置き換える


出席とアクセス制御を1つのPOAPで実現

多くのエンターテイメント・イベントや会場では、管理プロセスが不正可能な状況であり、信頼性が低いことに直面していますが、もう大丈夫です。AlgoPOAPを使えば、出席証明やアクセス証明をオンサイトやオフサイトで発行・配布することができます。これからは、よりスマートで簡単な制御が可能になります!


◆スポーツ団体

スポーツのためのすべて、すべてのためのPOAP


FIFA Worldcupの決勝戦に参加した私のPOAPを紹介します:

スポーツ・イベントの記憶を永久に残すには、ファンがエキサイティングなNFTやサイン(自分で撮った写真付き)としての出席証明を請求し、ウォレットに永久保存するのが一番です!そのときゲームの歴史は分散型の方法で書かれることになります!重要なイベントのブラック・マーケットに対処する方法として、出席POAPを請求するためにはチケットPOAP保有ウォレットであるkとを条件づけすることで、コントロールも簡単に行うことができます!


◆会場・イベント主催者

出席率を読み解こう


出席証明パッケージ

出席証明パッケージ(POAP)はAlgoPOAPのメイン・エッセンスであり、アルゴランドの年次総会「Decipher」を皮切りに、イベントの出席と参加のトラッキングをカバーすることがAlgoPOAPのミッションとなっています。AlgoPOAPは、主にアルゴランドのイベントや会場で使用するために生まれました。


◆大学/教育機関

出席証明、達成/認定証明など


カウントされ、残る報酬:

出席証明、達成証明、認定証明と今後のツリー構造(DAG)により、AlgoPOAPは、教育機関が多くの側面的な使用と利点を持つエキサイティングなPOAPを使用して学生に報酬を授与したり学習履歴を追跡するための理想的なツールになります。


◆コミュニティ・マネジャー

AlgoPOAP Twitter/Discordボット(予定)


AlgoPOAPボットは、TwitterとDiscordに参加し、コミュニティ・マネジャーがPOAPを使ってゲートキープすることで、スペースやチャンネルを安全に保つことを容易にする準備を進めています。また通常、すべてのイベントや会議の参加者は、AlgoPOAPボットによる出席証明で表彰されることができます!



Comentários


bottom of page