第3期アルゴランド・コミュニティ・ガバナンスの投票施策について

更新日:5月21日



第3期アルゴランド・コミュニティ・ガバナンスの投票施策について


2022年5月19日 - アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス最新情報:来るアルゴランド・コミュニティ・ガバナンス第3期の投票セッションで、ガバナーはAlgorandのDeFi参加者にガバナンス権と報酬を付与するよう求められます。また、エキスパート・ガバナー(xGov)層を通じて、コミュニティの提案をガバナンスの投票に持ち込むメカニズムに関する財団の計画を承認するよう求められます。投票する施策は以下の通りです。


投票1:DeFiの参加者をガバナンスに参加させる


投票2:XGovの最初のステップ:施策の提案とアップボーティング


アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス第3期の投票期間は、2022年6月1日から6月15日(11:59:59 SGT)です。



^^^


DeFi参加者のガバナンスへの参加

〜アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス投票1〜


アルゴランド財団は、分散型金融 (DeFi) への積極的な参加はAlgorandエコシステムの健全性の基本であると信じています。活発なDeFiはAlgorandエコシステムに資本を引き寄せるのに役立ち、Algorand上でロックされた総価値(TVL)を劇的に増加させ、Algoの投資家に収益を得る複数の方法とクレジットや他の金融商品へのアクセスを提供することが可能です。そのため、私たちのガバナンス・プラットフォームは、プロジェクトの種類を問わず、大小さまざまなDeFi参加者の多大な貢献を認識し、それに報いるためのより良い仕事をしなければならないというのが、私たちの考えです。


最近、フォーラムで幅広い提案とアイデアの募集を行ったところ、コミュニティからこのアイデアを支持する圧倒的なポジティブな反応があったことを嬉しく思っています。そこで、私たちは、資格のあるDeFiプロジェクトをAlgorandのガバナンスに含め、投票し、ガバナンス報酬を受け取ることを提案します。これらのプロジェクトは、Algorandガバナンス・セッションでの投票と、透明なプロセスによるユーザへのガバナンス報酬の分配に責任を持ちます。


DeFi参加者のAlgorandエコシステムへの貢献を認め、さらに分散化を進めるため、DeFi参加者の投票力をAlgo保有者の2倍とすることを提案します。したがって、DeFiの各Algoは、投票の目的上、2つの保有Algoとしてカウントされますが、1つの保有Algoと同じ報酬しか得られません。


この提案は、現時点では、Algoを保有するガバナーのステータスを変更することを想定していません。彼らは、Algoを3ヶ月間コミットし、すべての投票セッションで投票することを条件に、コミットした量に応じたガバナンス報酬の比例配分を引き続き得ることができます。DeFi参加者は投票権が2倍になりますが、報酬が2倍になるわけではないことに再度注意してください。


ガバナーは以下の2つのオプションのどちらかを決定する必要があります。


  • オプションA:ガバナンス期間中にコミットしたAlgo保有者への報酬プログラムを維持したまま、以下のように資格のあるDeFiプロジェクトにガバナー・ステータスと2倍の投票権を付与する。

  • オプションB:現状を維持し、ガバナンス期間にコミットしたAlgo保有者にのみガバナー・ステータスを与え、他のグループには与えない。


当財団は、より包括的なオプションAを支持します。当財団はガバナンスの投票権を持たないことにご留意ください。


DeFiプロジェクトの参加資格:DeFiプロジェクトは、以下の方法でAlgorandのガバナンスに参加する資格を得ます。


  • アルゴランド財団に登録し、参加者に代わって投票する目的でいくつかの管理用Algorandアカウントを提供すること、および

  • ガバナンス期間中の2週間のサインアップ・ウィンドウで、Algorand上の1日のTVLを平均1,000万Algo相当以上維持すること。第4期ガバナンス期間(2022年第3四半期)については、DefiLlamaで報告されたTVL量を使用します。


プロジェクト投票:有資格プロジェクトは、ユーザーを代表してガバナンス期間中の投票セッションで投票する権利を得ます。


  • 有資格プロジェクトの投票権は、サインアップ・ウィンドウの初日から投票セッション開始の前日までのAlgorandにおけるそのプロジェクトの1日平均TVLの2倍と設定されます。第4ガバナンス期間(2022年第3四半期)については、DefiLlamaで報告されたTVL量を使用します。

  • アルゴランド財団は、プロジェクトがユーザーから個別に希望を表明してもらい、その集計を投票することを推奨しています。しかし、分散化の原則に従い、各プロジェクトは独自のルールを設定することになります。従って、プロジェクトの投票ルールは、ユーザーがプロジェクトに参加するかどうかを決めるもう一つの要因となります。


報酬の分配:ガバナンス期間中の全投票セッションで投票を行った有資格プロジェクトは、ガバナンス報酬を獲得し、ユーザーに分配することができます。


  • 各プロジェクトに分配される報酬の額は、Algo保有者と全く同じ計算式で、ガバナンス報酬の比例配分となります。各プロジェクトのステークは、Algorandにおけるそのプロジェクトの日次TVLとし、全ガバナンス期間にわたって平均化します。第4ガバナンス期間(すなわち2022年第3四半期)については、DefiLlamaで報告された金額を使用します。

  • 投票セッションで投票できなかったプロジェクトは、そのガバナンス期間のガバナンス報酬を受け取ることができません。その場合、当該プラットフォームのユーザーは、財団に報酬を求めることはできません。


この施策により、私たち財団は、報酬とガバナンスの責任強化の両方を通じて、DeFiコミュニティの重要性を明示的に認識したいと考えています。そのため、私たちはこの施策を、私たちの分散化の取り組み全体の重要な構成要素とみなしています。ディスカッション・メモで述べたように、私たちは、クリエイターやノード運営者など、Algorandエコシステムの他のメンバーにこれらの権利と責任をさらに拡大することを将来の投票にかけることを予見しています。私たちはまた、例えば専用のガバナンス報酬基金など、その時のエコシステムのニーズとそのニーズを満たすための最も適切なツールによって、これらの目標をサポートするための代替メカニズムを引き続き検討します。


https://algorand.foundation/algorand-governance-period3-voting-measure-1-defi-participation


ーーーー


XGovsのための最初のステップ:施策の提案とアップヴォーティング

〜アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス投票2〜



アルゴランド財団は、完全に分散化されたAlgorandエコシステムにコミットしています。私たちは、Algorandコミュニティが最も重要な経済、技術、政策の決定に影響を与えることができるガバナンス構造が、Algorandエコシステムの長期的安定性と継続的成長の基本であると信じています。


今年初めの第一回目の投票で、私たちのガバナーの大多数は、エキスパート・ガバナー(xGovs)という新しい層の創設に賛成しました。これらのガバナーは、DAO分散型アグリゲーションを通じて、四半期ごとのガバナンス投票に対策を提出する責任を持つことになります。


ここでは、xGov層の背後にある原則を運用ルールに変換するための提案を共有します。主要な原則を適用するための実用的な手順を概説しますが、私たちはこの提案をコミュニティとのより広い議論のための出発点として考えています。


ガバナーは以下の2つのオプションのどちらかを決定する必要があります。


  • オプションA:以下のメカニズムを承認し、コミュニティの施策をガバナンスの投票にかけるプロセスを確立する:コミュニティ全体が施策を提案でき、エキスパート・ガバナー(xGovs)が最終編集を条件として、それらのガバナンスへの導入について投票する。

  • オプションB:とりあえず現状を維持する。財団は、コミュニティの提案をガバナンスの投票に持ち込むための別のメカニズムを提案することを任務とする。


財団は、より包括的なオプションであるAを支持します。財団はガバナンスの投票に参加しないことにご留意ください。



提案された施策への普遍的なアクセス


この提案の重要な側面は、コミュニティの誰もが提案を行うことができるということです。世界史における最高のアイデアのいくつかは、個人の創意工夫から生まれたものです。この目的のために、財団はコミュニティ施策提案用のアプリを立ち上げ、すべてのAlgo保有者がそこで提案を作成できるようにします(スパムを減らすための何らかの仕組みも含みます)。作成された提案は、ハッシュ化されたユニークな識別子を持ち、アプリにリストアップされる予定です。


モメンタムの構築


提案者は、ガバナンス・フォーラムRedditチャンネルに提案内容を投稿し、提案のハッシュ値へのリンクと提案の根拠を説明することで、フィードバックを得て、そのアイデアへの支持を促進することができます。財団は、Algorandコミュニティのメンバーが自分のウォレットを使って、気に入った提案を支援できる仕組みを導入します。コミュニティからの支援によって、より良い提案が上位に湧き上がり、さらに支援されるという好循環を期待しています。この仕組みは、次の段階のxGov投票に取って代わるものではありません。その唯一の目的は、より関心の高い提案を強調し、xGovsの検討のためにそれらを並べることです。


xGovsへ


xGovsは、コミュニティからの提案をガバナンスの一般投票にかける権利を獲得している人たちです。特に、彼らの過去と現在のコミットメントは、彼らが所有するXGOVトークンに反映され、提案をアップヴォートするために使用されます。xGovアップヴォートは、時間とサポートできる提案の数が制限されます。xGovから最も高い支持を得たいくつかの提案は、以下に説明する編集段階を経て、投票に昇格することになります。


xGovsはそれぞれのDAOを介してアプリと対話することに注意してください。各xGov DAOは、独自の内部分散型ガバナンス・システムに基づいて、DAO内のxGovトークンを使用して施策をサポートすることができます。例えば、あるDAOは個々のxGovに提案をアップヴォートさせるかもしれませんし、別の DAOはDAO内部の投票を呼びかけ、そのメンバー全員のxGovトークンを使ってたった一つの提案をサポートするかもしれません。


投票にかけられる前に、勝利した提案は財団による編集プロセスを経て、正確な言語とAlgorand財団の細則とミッション・ステートメントとの互換性が保証されます。


最終段階:一般投票に向けた取り組み


編集プロセスの後、xGovsによってアップヴォートされた提案は、次のガバナンスの投票セッションで投票にかけられます。このようにして、私たちはガバナンス・フレームワークに対して、それぞれの特性を持つすべての異なるアクターの適切な貢献を得ると同時に、Algorandコミュニティ全体が参加する最終的な包括的投票を可能にすることができるのです。


既存のフレームワークからxGovフレームワークへのスムーズな移行を確実にするため、xGovsシステム導入後の最初の数期間は、上記のプロセスを通じて提案・承認されたコミュニティ施策は、財団が直接提案・投票した施策と並存することになります。


https://algorand.foundation/algorand-governance-period3-voting-measure-2-xgov