アルゴランド上での安全な分散型取引を支えるTinyman(タイニーマン)の仕組み

更新日:9月25日



アルゴランド上での安全な分散型取引を支えるTinyman(タイニーマン)の仕組み



中央集権的な取引所は暗号通貨の普及に大きな役割を果たし、発展途上国の17億人の銀行口座を持たない人々を含む世界中の人々が、代替資産や新しい形態のお金にアクセスできるようにしました。


しかし、非中央集権的な分散型取引所(DEX)は、それをさらに発展させます。DEXは、分散型金融(Decentralized Finance: DeFi)セクター全体とともに、ユーザーにファイナンスに関するより一層の自由とコントロールを提供します。


Tinymanは、アルゴランド上に構築された新しいDEXプラットフォームであり、包括性と平等性に基づいて構築された公正な経済を促進することで、あなたや私のような一般の人々のコミュニティに力を与えるという野心的な目標を持っています。アルゴランドに搭載された最新のDeFiアプリケーションであるTinymanについてご紹介します。



Tinymanの誕生秘話


Tinymanは、アルゴランドのような真の意味での分散型ブロックチェーン・ネットワークの存在や、創業者のKaan Eryılmazが率いる才能あるチームの野心など、さまざまな要因が重なって生まれました。しかし、DeFiエコシステム全体への成長が期待されるDEXの開発に至った最大の原動力は、誰もが恩恵を受けられる公平な経済環境の必要性です。


残念ながら、従来の金融システムは、インフレや負債を通じて富の不平等や経済の不安定さを生み出しています。Oxfamによると、世界の1%の富裕層は69億人の2倍以上の富を持っています。他にも、クレディ・スイス社が発表した「グローバル・ウェルス・レポート」によると、1万ドル未満の資産を持つ成人は人口の53.6%を占めますが、世界の富の1.4%しか保有していないといいます。


COVID-19のパンデミックは、富の不平等に悪影響を及ぼしています。中央銀行によるゼロ金利や国債購入プログラムなどの金融政策は、一時的には経済を活性化させたかもしれませんが、これらの施策によってインフレが加速し、結果的に各国の通貨が切り下げられ、貧富の差が拡大しています。


ブロックチェーンは、分散型の安定した経済を実現し、誰もが勝者になれる技術であるため、コミュニティは代替のエコシステムを開発することができます。これがTinymanのビジョンであり、あらゆるレベルの分散化を取り入れることを計画しています。実際、Kaan Eryılmazは、DeFiエコシステムがコミュニティに焦点を当てていることから、これを「自分のプロジェクト」とは考えたくないといういます。


Kaanは、Tinymanが金融債務と富の不平等によって破滅した神秘的な銀河から地球にやってきて、ブロックチェーン技術と恋に落ちるメタバースのキャラクターだと考えています。主人公は、ブロックチェーン上に金融のエコシステムを構築したいと考えており、Kaanのチームが行うのは、そのビジョンを実現するための支援です。


チームについて言えば、Kaanは2人のバックエンド開発者、フロントエンド開発者、スマートコントラクト開発者、そしてデザイナーによって支えられています。このチームは、フィンテックやネオバンク、トレーディング・プラットフォームなどのUX・UIデザインやアプリを制作しているHipoLabsで10年以上働いていたKaanのように、強力なバックグラウンドを持っています。あるとき、Hipoがアルゴランドの仕事をしていたときに、Hipoでデザインとクリプト・プロジェクトを担当しているKaanは、ブロックチェーンの大きなメリットを体験し、その上でDeFi製品を作ることを決意したといいます。


それがTinymanの始まりです。



Tinyman DEXの仕組みは?



Kaanが想定しているTinymanエコシステムの最初の主要なアプリケーションは、ユーザーが市場レートで資産を交換できる分散型取引所(DEX)です。アルゴランドの資産のためのUniswapと考えることができます。これは自動マーケットメーカー(AMM)として機能するもので、スマートコントラクトがすべてのルールを執行し、典型的なオーダーブック機能を代替することを意味します。このように、Tinymanは完全に分散化された、ノン・カストディアルの取引所です。


典型的なDEXと同様に、このプラットフォームの主なプレイヤーはスワッパー(swapper)とプーラー(pooler)、つまり流動性提供者(LP:liquidity provider)と呼ばれる人たちです。スワッパーとは、自分のウォレットから暗号資産を売り、プラットフォームのプールからトークンと交換するユーザーのことです。スワッパーは、交換サービスに対して少額の手数料を支払います。他にも、プーラーはスマートコントラクトで資産のペアをロックして流動性を提供し、スワッパーが支払う取引手数料から受動的な収入を得ます。


Tinymanを使えば、ALGOやアルゴランドのアセットを簡単に別のアセットと交換することができます。あなたがすべきことは、あなたのウォレットをプラットフォームに接続し、スワップを行うことです。ユーザーのウォレットとプールの間で直接交換作業が行われるため、DEXはユーザーの資金を保持しません。


DEXであるTinymanは、KYC認証を受ける必要がなく、自分の暗号資産を完全にコントロールすることができます。


現在、Tinymanはテストネット版を提供しており、メインネットの立ち上げは今四半期後半に予定されています。


テストネットの最初の1週間で、同プラットフォームでは4,729件の取引が行われ、78のプールが作成されました。そのうちのいくつかは、複数のプロバイダーから追加の流動性が流入し、プール操作は1,169件、スワップは1,363件に達しました。合計で617のアカウントがMyAlgoウォレットを使ってDEXに接続されました。このパフォーマンスは、Tinymanエコシステムの急速な成長を予期させるものであり、アルゴランド指向の取引所に対する需要の高まりを反映しています。



Tinymanはアルゴランドの機能を活用


Tinymanは、アルゴランド上に構築された最初のDEXプラットフォームであり、この真の分散型ネットワークのユニークな機能すべての恩恵を受けています。


アルゴランドは現在、分散性とセキュリティに妥協することなく、比類のないスケーラビリティを達成することで、いわゆるブロックチェーン・トリレンマを解決する唯一のネットワークです。


さらに、アルゴランドは取引手数料が低いため、Tinymanは低い手数料を請求することができ、最終的にはブロックチェーン・ネットワーク自体ではなく、流動性プロバイダーに利益をもたらします。それに加えて、アルゴランドは非常に高速で、各取引は5秒以内に最終的なものになります。


アルゴランドのもう一つの優れた点は、Pure Proof of Stake(PPoS)アルゴリズムによる高い安全性です。また、TEAL(Transaction Execution Approval Language)と呼ばれるプログラミング言語を採用しており、開発者はミスの少ないスマートコントラクトを作成できるため、ハッカーに悪用されるような抜け道が少ないことも安全性を高めています。


アルゴランドを使うことで、TinymanはDEXを超え、ユーザー志向でコミュニティのすべてのメンバーに利益をもたらす経済システム全体を構築することができます。


未来への準備をしよう。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/tinyman-powers-secure-decentralized-trading-algorand