https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

第16回:ステイシー・ウォーデン - アルゴランド財団CEO by Finoverse


第16回:ステイシー・ウォーデン - アルゴランド財団CEO by Finoverse

2022年12月20日


アルゴランド財団のCEOであるステイシー・ウォーデンと、競争が激しく、炭素をほとんど排出しない「プルーフ・オブ・ステーク」の世界に飛び込み、なぜ一部のDAppsや開発者がアルゴランドに向いているのかを探りました。さらに伝統的な金融のベースから出発した後にブロックチェーンの世界へと入った彼女の方向転換についても話を聞きました。


*ポッドキャストを聞きながら読むと英語の勉強にもなる(かも)。



ウォルター:「Waves in the Finoverse」へようこそ。私は、Finoverse がお届けするポッドキャストのホストであるウォルター・ジェニングスです。私たちは、金融、クリプト、FinTech、Web3、そしてそれ以外の分野で、波紋、波、そして津波を生み出しているウェーブメーカーと話をしています。チェンジメーカーたちが、このダイナミックな業界で経験したことを直接語ってくれるのを毎週お聞きください。


Waves in the Finoverse へようこそ。私はホストのウォルター・ジェニングスです。今日はアルゴランド財団のCEO、ステイシー・ウォーデンさんにブースにお越しいただき、興奮しています。ようこそ、ステイシー。


ステイシー・ウォーデンです。お会いできて光栄です。


ウォルター:さて、ブロックチェーンを知らない人のためにステイシーさん、アルゴランドを紹介してもらえますか?


ステイシー・ウォーデン(以下、ステイシー):もちろんです。アルゴランドは、チューリング賞を受賞したMITのコンピュータサイエンスの教授、シルビオ・ミカリによって発明されました。シルビオは、エコシステム全体で使われている数多くのクリプトのプリミティブ、特にゼロ知識証明と検証可能なランダム関数(VRF)を発明しました。そして彼は、ビットコインからイーサリアムへと発展していく領域を見て、自分ならもっといい仕事ができるかもしれないと思ったのです。そして2017年、彼は従来型の方法で資金を調達したのですが、彼の名声とシニアチームの質の高さのおかげで、非常に簡単にそれを実現することができました。そして、2019年の6月に本稼働しました。そしてここに、アルゴランド・ブロックチェーンがあります。


ウォルター:ステイシー、他のブロックチェーンとの会話から、これが基盤となるユニークなビジネスモデルがあることを理解しています。なぜブロックチェーンが非営利団体や財団によって保有されているのか、理解を深めてもらえますか?


ステイシー:もちろん、そうですね。アルゴリズム技術開発の担当はアルゴランド・インクなんですね。暗号技術者、ソフトウェア・エンジニア、アーキテクトで構成され、ボストンに拠点を置いています。彼らは技術を運営し、プロトコルを構築し続け、プロトコルのアップグレード・リストも持っています。現在は1秒間に6,000件のトランザクションを処理していますが、今後は1秒間に10,000件のトランザクションを処理する予定です。またブロックのレイテンシを減らすことに取り組んでいます。超ハードコアな技術ですね。そして、エコシステム、コミュニティ、トークノミクスは財団が運営しています。この2つを分離することが非常に重要なんです。私たちがそうしているわけではありませんが、開発者が資金をすべて持ち逃げしてしまうのは困ります。ラグ・プルのようなことをするのでしょう。ですから、安全のためにそうしているのです。もちろん、私たちはお互いに友好的ですが、非常に独立した立場で仕事をしています。彼らはアメリカに拠点を置き、私たちはシンガポールに拠点を置いています。一言で言えば、「楽しいこと(Fun)はすべて財団が担当する」ということです。そして、アルゴランドは難しいこと(Hard)を担当しています。というわけで...


ウォルター:わかりました。さて、ブロックチェーンでは、プルーフ・オブ・ワークや、二酸化炭素排出量の多い技術についてよく耳にしましたが、アルゴランドは異なるモデルのもとで運営されています。そのことについて、また炭素問題をどのように克服したのか、紹介してください。


ステイシー:ええ、とても興味深いことです。ブロックチェーンの基本は、お互いを知らないコンピュータ、お互いを信頼できないコンピュータがあるというものです。その中には、取引の順番に合意するために悪事を働くものもいるかもしれません。この取引の順番に合意するために協力させる、コンピュータ間の合意形成メカニズムとは何なのでしょうか?サトシ・ナカモトが天才なのは、このプルーフ・オブ・ワーク(PoW)というアイデアを思いついたからです。最も多く仕事をした人が、一種の競争を勝ち抜くのです。次のブロックを追加することができ、その対価として報酬が支払われます。これは非常に面白いモデルですが、ご指摘の通り、軍拡競争になります。このモデルには、大量のエネルギーを使うという性質があります。そこで、他がやってきて、「じゃあ、エネルギーを使わないようなプルーフ・オブ・ステーク(PoS)モデルを使おう」と言い出したのです。


最大の出資者が次のブロックを追加するための報酬を得られるので、より公平になります。しかし、この方法の問題点は、本質的に不平等であることです。金持ちはより金持ちになる。最大の出資者であれば、お金をもらって、より金持ちになるわけです。また、攻撃対象がわかるということになり、安全とは言えません。大きなステークを持つあの人を攻撃すればいいのか?そこでシルビオは、ピュア・プルーフ・オブ・ステーク(PPoS)という合意形成の仕組みを考え出しました。このモデルはランダム性に基づいています。ランダム性に基づいているので、安全性と分散性とスケーラビリティを同時に実現することができます。また、二酸化炭素排出量も非常に少なくなっています。参加ノードをすべて稼働させれば、高性能のノートPCでも稼働させることができるからです。つまり、数百台からせいぜい千台のノートパソコンに匹敵するパワーでいいのです。1年間の7〜8軒の家の電気代で済む計算です。大したことではありません。


ウォルター:そうですね。つまり、二酸化炭素の排出を劇的に削減することができたわけですね。


ステイシー:そうです。また、私たちが排出した炭素については、取引手数料でカーボン・オフセットを購入しています。ですから、私たちはブロックチェーンとして常にカーボン・ネガティブなのです。


ウォルター:それは素晴らしい成果ですね。おめでとうございます、そしてありがとうございます。


ステイシー:そうなんです。もちろん、私たちはブロックチェーンなので、これをかっこよくブロックチェーン方式で行う必要がありますから、スマートコントラクトを使って、それを確実に行うようにしています。


ウォルター:十分すぎますね。では、ブロックチェーンの中でアルゴランドはどのような用途に最適なのでしょうか?


ステイシー:そうですね。私たちはスケーリングが可能で、おそらく唯一、非中央集権的な方法でスケーリングが可能だと言えるでしょう。この点については、2つのことが言えます。1つは、先ほど申し上げたように、1秒間に6000件の取引ができるようになったことです。最終的な決済は3.9秒後に行われます。つまり、3.9秒の時点で取引は確定し、取り消すことはできませんし、チェーンがフォークすることもありません。フォークしないのではなく、フォークできないのです。私たちは稼動以来1秒たりとも停止したことがなく、取引手数料も0.1円以下です。私たちの取引手数料は、みなさんが気にならないようなわずかなものです。そのため、2つほど明らかなことがあります。まず、私たちのNFTのマーケットプレイスが急成長しているのは、低価格の商品を扱っている場合、高いガス代を支払うことができないからです。


アーティストやミュージシャンは、0.1円以下の取引手数料が必要なのです。また、彼らは環境問題にも非常に敏感です。ですから、この分野では私たちは非常に注目されています。そして次は、規模を拡大できるようになったので、実際に決済ビジネスの一部を狙えるようになると考えています。まだ大規模な決済事業は行っていませんが、可能性はあります。例えば、アメリカの災害支援団体と連携しています。その仕組みについては、今、とんでもない話が飛び交っています。これをチェーン化すれば、自動化することも可能です。家が水浸しになった人たちにとって、より良いものになるでしょう。詐欺が行われていないことを理解するためにも、より良い方法だと思います。このようなことは、ブロックチェーンに非常に適しています。


ウォルター:ええ、低コストの取引はとても望ましいことです。あるおばあちゃんが、孫のアート・プロジェクトのために135ドルのガス代を支払わなければならなかったという話を聞いて、とても納得しました。


ステイシー:私たちのDeFi責任者がいるのですが、彼はコアなOG DeFiで、Web3やNFTの人なんですが、ガス代だけでイーサリアムに9000ドルも使ったと言っていましたよ。NFT代ではなくガス代です。


ウォルター:他チェーンの数千ドルに対して、小銭でNFTを利用する素晴らしい事例ですね。さて、最近FIFAの公式ブロックチェーンになられましたね。FIFAがアルゴランドを公式ブロックチェーンとして選んだ理由は何だったのでしょうか?


ステイシー:多くの企業やクリプト企業は、スタジアムの中やビルボードなどに名前を載せてもらうためにお金を払いますよね。私たちは、ブロックチェーンが使用されるようなユースケースがないようなパートナーシップは結んでいません。これが第一段階です。FIFAは、ブロックチェーンというものを使って何かする必要があると理解しました。選手のNFTはもちろん、チケットの二次販売や、最終的には選手のトレードなども考えていたようです。しかし、まずはNFTのマーケットプレイスから始めたいと考えました。そこで、彼らは実際にコンサルタントを呼んだのです。「私たちはFIFAです。私たちはFIFAという非常に大きな名前と評判を持っています。このままではいけない」と。そこで彼らはコンサルタントを雇い、レイヤー1のブロックチェーンをすべて調査したところ、「アルゴランドを使うべきだ」と言われたのです。


ウォルター:それは素晴らしいお墨付きですね。ステイシー、このチェーンに開発者を呼び込むにはどうしたらいいのでしょうか?アルゴランドがもっと広く使われるようにするために、どのようにエコシステムを構築するのですか?


ステイシー:それはとてもいい質問ですね。シルビオが最初に行った「悪魔との取引」とでもいうのでしょうか、Solidityは正直言って、十分な言語ではないと判断したのです。SolidityはFacebookを書くような言語ではありますが、私たちが使っているTEALという言語は、飛行機を飛ばせるような言語です。ミスを許さないんです。そのため、Solidityの開発者をイーサリアムから数千人集めるというわけにはいきませんでした。最初から新たな開発者を集めなければならなかったのです。この新しい言語を学ぶために開発者を説得しなければならなかったので、スタートが少し遅かったのも理由のひとつです。


今、私の最優先事項は、「開発者、開発者、開発者」の3つです。新しいCTOのジョン・ウッズは、開発者向けツールを最優先事項として取り組むことを決意しています。1月、あるいは2月かもしれませんが、1月に新しい開発者向けツール群を発表する予定です。そして、コンシェルジュを置く予定です。彼は常にこのことを話していますが、コンシェルジュ・レベルの開発、デベロッパー体験を提供するのです。開発者を支援するために、まさにホワイトグローブ的な存在です。そして、開発者が集まってきています。私たちのDiscordでは多くの逸話的証拠を目にすることができ、さらに多くの人を採用しなければならない状況です。ですから、多くの関心を集めています。そして3つ目は、開発者の教育です。新しい開発者教育ツール群を立ち上げ、開発者教育全体、つまりゼロからヒーローになるまでの体験を刷新する予定です。このように、良いことがたくさん待っています。


ウォルター:開発者についてお聞きしてよかったです。アルゴランドやすべてのブロックチェーンは、分散型台帳技術であるため、単一の中心を持たない真にグローバルなものです。しかし、アルゴランドを最も早く導入しているのはどの市場でしょうか。また、他の地域よりも注目されている地域はありますか?


ステイシー:最も急速に成長している地域は、間違いなくインドです。ウォレットの開設数が非常に多いのです。どのように、どこでウォレットが開かれているかを見ることができます。また、ナイジェリアでも多くの支持を集めています。もちろん、大きな市場は常に私たちの大きな市場であることに変わりはありません。しかし、インドは非常に大きな成長を遂げています。インドには新しいアルゴランド・チームがあり、大学と連携してあらゆる種類のハッカソンを開催しています。来年にはインドでアクセラレータを立ち上げる予定です。インドの開発者コミュニティは非常に強力です。私たちはこのことにとても興奮しています。


ウォルター:環境への配慮とともに、ブロックチェーンの多くのユースケースは、銀行口座を持たない人々やアイデンティティを持たない人々を支援するものです。出生証明書がない場合、どうやって銀行口座やパスポートを取得するのでしょうか?あなたが成長を実感している市場の中には、このようなツールを必要とする発展途上国でクリプトが使われているようなところもあるのです。それが、大きな成長を遂げている理由の1つなのでしょうか。


ステイシー:私がアルゴランド財団に来たのは、このことが非常に重要な理由です。これは、私の人生の中でずっと情熱を傾けてきたことです。金融包摂、資本へのアクセス、この地球上の17億人の人々がいかなる金融サービスにもアクセスできていないのです。それなしで人生を送ることを想像できますか?ですから、あなたのおっしゃるとおりです。私たちは、アイデンティティにとても関心があります。私たちは、アルゴランドの上に2つのアイデンティティを構築しています。ジンバブエのチームはFlex idというアプリケーションを運営しており、アフリカにおけるIDの問題を解決しようとしています。実にエキサイティングなことです。


ウォルター:第一世界で開発されたかもしれない技術やツールが、世界中で本当に困っていることを解決しているというのは、本当に画期的なことだと思います。


ステイシー:そうですね。 つまり、2種類の痛点があるのですが、私はアイデンティティに関して言いたいのです。アイデンティティは基本的なものですが、それには2つの側面があります。ひとつは、自分自身のアイデンティティがない場合です。そのため、自分が行ったことのあるさまざまな証拠からアイデンティティを構築する必要があります。これが1つ目の要素です。もうひとつは、自分のアイデンティティのどの部分を共有したいのか、共有する必要があるのか、ということです。例えば、もうこの問題を抱えるほど私は若くはないけれど、若い女性でバーに行きたいと思ったとき、バーテンダーにそのバーで飲める年齢であることを示せるかどうかが重要でしょう。でも、なぜバーテンダーに自分の住んでいるところを見せなければならないのでしょうか?これでは、特に安全とは思えませんよね。ですから、自分の身分をすべて明らかにしなくても、身分の重要な部分を証明し、示すことができるという考え方は、ブロックチェーン技術にとって非常に画期的なものでもあります。


ウォルター:ああ、なるほど、そのキラー・アプリケーションをありがとうございます。「合法的な酒飲みかどうか」を聞かれるのは久しくないですが。


ステイシー:私もです。これは個人的なニーズではない、と言っておきます。


ウォルター:さて、ここ「Singapore FinTech Festival」で聞いている皆さん、私はブースで、世界で最も急速に成長しているブロックチェーンの1つであるアルゴランド財団のCEO、ステイシー・ウォーデンさんと一緒にいます。ステイシーさん、夜眠れなくなるようなことは何ですか?


ステイシー:私が夜眠れないのは、クリプトのエコシステムがより広く誇大広告に見合うものであることを確認することだと思います。私たちは何年も前から、ブロックチェーンは現実世界の問題を解決するソリューションになり得ると言ってきました。そして、エコシステムとして、私たちはまだその約束を実現するための初期段階にあると言えるでしょう。そして、私にとっては、本当にこれらのことが重要なのです。前にも言いましたが、私は金融包摂、世界の貧困層の救済、権利を奪われた人々の救済にとても関心があります。正直なところ、私はこの20年間、職業上のキャリアでずっと心配してきたように、夜中にそのことを心配しているのだと思います。しかし、アルゴランドのテクノロジーは、一度もダウンしたことがなく、性能も高いので、心配はしていません。だから、ありがたいことに、心配する必要はないんです。


ウォルター:あなたの経歴を見ると、米国財務省に勤め、NASDAQのマイクロキャップ市場を運営していました。JPモルガンでは欧州・中東・アフリカ地域の公共部門を担当し、最近ではミルケン研究所のグローバル市場開発プラクティスを担当されていましたね。これらはすべて、伝統的な金融の重鎮のような仕事です。それが突然、ブロックチェーンに携わるようになった。何があったのでしょうか?


ステイシー:私はミルケン研究所で働いたので、ウサギの穴に落ちるようなユニークな物語を持っていると思います... まず第一に、私は金融包摂に対する伝統的な金融のアプローチにいつも失望していました。そして、ある日ビットコインに関するセッションを行うよう要請されたのです。これは2013年のことです。その2週間後に教えるために、私はビットコインについて学ばなければならなかったのです。それで、自宅を改装している間、小さなアパートに住んでいたんです。6日間、そこに閉じこもって、それが何なのか、プルーフ・オブ・ワークとは何なのか、と考えていました。


そして、6枚のピザを食べながら、ビットコインのブロックチェーンというアイデアに惚れ込んでしまったんです。しかし、私が関心を寄せていたものには早すぎましたし、ビットコインはまだ用途に合っていません。その後、そのことに気づきましたが、私はそのときから夢中になっていました。そして、いつもちょっとした副業だったんです。それがどんどん大きくなって、フルタイムでやらないとついていけなくなった。すべてのことに言えることですが、その仕事に携わるか、携わらないかは、あなた次第なんです。そうでなければ、やっていけない。私はアルゴランド財団の役員としてヘッドハンティングされましたが、恥ずかしながらアルゴランド財団が何なのかよく分かっていませんでした。でも、すでに世界規模のブロックチェーン・ビジネス協議会の役員を務めていました。


そのため、アルゴランドについてなんとなく知ってはいましたが、どんなものかは知りませんでした。しかし、その時、私はよく調べました。役員になり名前を貸すのですから当然です。だから、前と同じように深く掘り下げる必要があったんです。そして、2013年に感じたのと同じような感覚を覚えました。「これは本物だ。これこそ本物だ」と。それで私は役員になり、今年CEOに就任しました。


ウォルター:2013年当時、あなたはカリキュラムをトークン化しませんでしたね。今、私は、教育のトークン化によって、教育者に報酬を提供することができると考えています。多くの潜在的なユースケースがあるのです。


ステイシー:そうですね、100%そうです。また、大規模な金融資産のトークン化にも興味があります。市場に流動性をもたらし、個人投資家も参加できるようになるからです。賃貸物件を所有するには、どれくらいのお金持ちでなければならないのでしょうか? それは家賃収入を得ることができます。物件を購入し、借り手を見つけ、弁護士を雇い、その他いろいろなことをしなければならないので、相当な金持ちでなければなりません。でも、それをトークン化して100や1000に分割すれば、誰でも家賃収入を得ることができますよね?これがブロックチェーンのマジックです。


ウォルター:そうです。当初セキュリティ・トークン・オファリングをみんなが話し始めた頃、IPOと混同しました。公開株式市場には一連のユースケースがあり、それによって企業がNASDAQのトップに躍り出るのは確かですが、トークン化はそれとは異なります。トークン化は全く異なるユースケースに使われます。賃貸マーケットでIPOをすることはできません。


ステイシー:NFTのようなもので、芸術品ではありません。現実の世界と対話するものですが、非常にミクロな形のユニークな資産です。マイクロフォームの資産があれば、流動性が向上し、より多くの人々が参加できるようになります。


ウォルター:さて、ステイシーさん、私たちは今、シンガポール・フィンテック・フェスティバルでお話を伺っています。このイベントで見聞きしたことの中で、興味をそそられたものはありますか?何か新しいテクノロジーはありますか?アルゴランド財団とは関係ないですが。


ステイシー:そうですね。最も環境に優しいブロックチェーンのパネルに座る機会があったのですが、これは本当に楽しくて良いものでした。スチュアート・ヘイバーとバラジ・スリニバサンの基調講演の司会をする機会もありました。バラジ・スリニバサンのネットワーク国家という考え方は、ネットワーク化された方法で、同じ考えを持つ人々や団体による新しい国を作ることができ、物事への関心や同じ考えに基づいてコミュニティを形成することができる、というものです。そして、ここが彼の構想のすごいところです。もしかしたら、彼らは実際に一種の国、ネットワーク国家のようなものになり、認知度などを持つことができるかもしれません。つまり、彼の性格として、とても最先端なのです。メインステージで彼とそのような話をすることができたのは、本当に素晴らしいことだと思います。


ウォルター:地政学が狂っている今日、同じ志を持つ人たちの国を見つけるのは良い機会だと思います。


ステイシー:ええ、100%そうです。


ウォルター:さて、ステイシー、私たちは番組の最後に「Tracks in the Finoverse」というコーナーを設けているんです。そこで、どんな音楽が自分の役割の旅を支えているのか、人々に尋ねています。


ステイシー:なるほど。では、有名なトップ40のヒット曲を選びましょう。「ブロックチェーンでは最高の技術が常に勝利する」。あなたはを知っていますか?


ウォルター:そうそう。これは本当にホットですね。


ステイシー:これは、私が毎朝、朝起きる時にかけている曲です。でも、もっと多くの人が聞いたことがあるような曲がいいのなら、「Don't stop thinking about tomorrow」でしょうね。明日のことが頭から離れない......自分の年齢とルーツがバレますね。


ウォルター:さて、そうですね。リスナーの皆さんもご一緒にどうぞ。素晴らしい曲です。そして、「Waves in the Finoverse」に参加していただき、本当にありがとうございました。


ステイシー:ウォルター、お招きいただきありがとうございます。ありがとうございました。



元記事:https://www.finoverse.com/podcasts/episode-16-staci-warden-ceo-of-algorand-foundation


Comentários


bottom of page