https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

デジタルIDスタートアップのFlexID、アルゴランド財団から資金受領



デジタルIDスタートアップのFlexID、アルゴランド財団から資金受領


2022年5月25日 - シンガポールに拠点を置くブロックチェーン・スタートアップのFlexID Technologies(旧FlexFinTx)は、同社のSelf Sovereign Identity(SSI)プラットフォームをさらに開発・拡大するために、アルゴランド財団とSAFE(株式に関する簡易協定)を締結しました。このスタートアップは、10億人以上が正式な身分証明書を持たないとされる新興市場において、分散型デジタルIDネットワークを利用できるようにすることを目的としています。


アルゴランド財団からの資金提供は、FlexIDをグローバルな金融包摂に必要な触媒として認識したインパクト部門に該当するものとして実行されるものです。今回の資金調達は、ジンバブエのスタートアップのエコシステムにとって初めてのことです。これはFlexIDチームが2020年に受賞したアルゴランド財団開発者賞に続くものです。


ジンバブエの連続技術起業家であるVictor Mapungaが設立したFlexIDは、身分証明書を持たない人々を排除する銀行システムに対する創業者の不満から生まれました。Mapungaは、アフリカに4億人以上いる身分証明書を持たない人々と同じように、面倒な書類作成や身分証明書の必要性から銀行口座を開くことができなかったのです。


「IDは現代の商業活動の基礎となるものです。IDがなければ、基本的な通信サービスやモバイルマネー、銀行へのアクセスなど、最も基本的なレベルでさえ経済に参加することができません」と、FlexIDのCEOであるMapungaは嘆いています。


また、「IDがなければ、教育や医療にアクセスすることは非常に困難です。一方、国家記録の不備は、ビジネスを行う上でのコストをさらに増大させます。FlexIDを使えば、インフォーマル・セクターでさえ、孤立した見方から正式な経済活動へと移行することができます。農家は簡単にクレジットや投入資材にアクセスできるのです」。



今年4月初め、マサチューセッツ工科大学のアフリカ・イノヴェイト会議(マサチューセッツ州ケンブリッジ)にて講演するVictor Mapunga(ビクター・マプンガ氏)



FlexIDにアクセスできるようになるとどうなるのでしょうか?その人の生活はどう変わるのでしょうか。


FlexIDによると、このスタートアップは本質的に、人間の分散型市場を構築しているのだといいます。人間とは、あなたが通信するAPIであり、その通信形態は、商業、教育、健康関連サービスなどです。FlexIDは、社会的な移動を可能にするクレデンシャルを次々と積み重ね、これはすべてAlgorand ブロックチェーン上で行われる予定です。このスタートアップのプラットフォームは、以前は利用できなかったアフリカ市場へのアクセスを可能にします。



Algorandブロックチェーン技術を取り込む


ジンバブエのスタートアップとして初めて世界経済フォーラムのテクノロジー・パイオニアに選ばれたFlexIDは、分散型の鍵管理システムと、その後の金融取引の実行にAlgorandブロックチェーンを使用します。FlexIDのCTOであり、MITで訓練を受けたソフトウェア・エンジニアのKudzai Zharareによると、このスタートアップは「クレデンシャル発行と検証をオンチェーンで行い、ユーザーがコントロールできる完全に非中央集権のレイヤー2を実現する」といいます。Algorandブロックチェーンは、ブロックチェーンのトリレンマの課題を真に解決した唯一のチェーンであり、2019年のメインネット立ち上げ以来、ダウンタイムがゼロであるため、FlexIDはこの偉業を達成できます」とZharareは付け加えます。



Algorandはブロックチェーンのトリレンマ問題を解決


  1. セキュリティ(これはIDであり、高い安全性が必要です)

  2. スケーラビリティ(FlexIDは毎日数十億のトランザクションを処理する計画です)、そして

  3. 分散化(このようなプラットフォームは、中央集権的であってはスケールしません)


また、Algorandエコシステムは、間違いなく世界で最も発展したブロックチェーン・エコシステムであり、現在、より多くの認知を得ています。つい最近、Algorandは世界のサッカー統括団体であるFIFAの公式ブロックチェーン・パートナーに指名されました。Mapungaによれば、「世の中には、サッカーを観戦しながらも金融サービスを受けられない人々が存在します。Algorandが行ったことで、最も遠隔地にいる人々でもFlexIDのようなプラットフォームを使って移行できるようになり、このような活気あるエコシステムの中で構築できることに興奮しています」と述べています。


FlexIDはまた、エコシステム全体にわたって完璧なモビリティを可能にするために、DeFiやNFTのものを含む既存のAlgorand dAppsとそのプラットフォームを統合することに投資する予定です。


「私たちは、金融包摂のためのツールとして、そして社会と環境に大きな影響を与えるために私たちのブロックチェーンを使用することに専念している個人と起業家に資金を提供することを約束します。FlexIDは、この技術を利用して、世界で最も疎外された人々があらゆる金融サービスにアクセスできるようにしようとしている情熱的な問題解決者の好例です。このようなインクルージョンは、今後数年間、多くの人々に収益と安定性をもたらすでしょう」 アルゴランド財団インパクト&インクルージョン担当ディレクター Matt Keller


FlexIDの詳細については、同社のウェブサイト(https://www.flexfintx.com/)をご覧いただくか、Twitterでフォローしてください。



FlexIDについて


FlexID Technologiesは、Algorandブロックチェーン上で動作するデジタルIDプラットフォームFlexIDを通じて、アフリカで正式なIDを持たない4億人以上の人々や、その他世界中の数十億人のアイデンティティを再構築し、金融サービス、電子政府、ヘルスケアサービスなど多くのサービスへのアクセスを可能にするために存在しています。

https://www.flexfintx.com/



アルゴランド財団について


Algorandブロックチェーンは、MIT教授でチューリング賞を受賞した暗号学者であるシルビオ・ミカリによって設計され、国境のない世界経済の約束を実現することができるユニークなものです。このブロックチェーンは、従来の金融のスピードに匹敵する取引量を達成しながら、即時決済、取引コストほぼゼロ、そして24時間365日体制で取引することができます。そのカーボン・ニュートラルなプラットフォームと独自のPure Proof of Stakeコンセンサス・メカニズムは、分散型プロトコル上でセキュリティとスケーラビリティの両方を実現し、2019年の稼働以来1秒のダウンタイムもなく、「ブロックチェーンのトリレンマ」を解決しています。


アルゴランド財団は、Algorandブロックチェーンの健全な通貨供給経済、分散型ガバナンス、健全で豊かなオープンソース・エコシステムに責任を持ち、世界的な約束を果たすための支援に取り組んでいます。

https://algorand.foundation



元記事:https://algorand.foundation/news/flexid-digital-identity