アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス 第3期レビュー



アルゴランド・コミュニティ・ガバナンス 第3期レビュー

Massimo Morini, Chief Economist / Michele Treccani, Head of Market Analytics and Research.



ガバナンス第3期


期間開始:2022年3月31日

コミットメント終了:2022年4月14日

期間終了:2022年6月30日

コミットメント額:35億4300万ALGO

コミットメント時の流通量:67.1億ALGO

ガバナー:35,466ウォレット


第3期アルゴランド・ガバナンス投票が終了し、多くの重要なマイルストーンを記録しました。参加者は過去最大で、投票権は35億ALGOとなり、初めて流通するサプライの過半数を占めたことになります。この時期にはUSTとLunaの崩壊があり、クリプト市場の大規模な売り浴びせがあったことを考えると、この結果は特に注目されます。コミットメント期間中にアルゴランドのガバナーズ・ステークの10%のみが離脱しました。この参加者の増加は、ガバナンスの四半期利回りを第1期ガバナンス期間の4.1%から今回の1.99%に押し下げました。


また、今回のガバナンス期間では、初めて複数の施策が投票にかけられました。


  • 第1号議案では、Defiプロジェクトにガバナー資格を与え、その報酬は平均TVLに基づき、議決権は年末までその2倍とすることを議決するよう求めました。

  • 第2号議案は、コミュニティの誰もが施策を提案し、エキスパート・ガバナー(xGovs)が投票でガバナンス投票に進める仕組みについて投票を求めたものです。


第1号議案は33%の賛成にとどまりましたが、第2号議案は98.69%の賛成で承認されました。どちらの議案も財団が支持していたため、第1号議案の結果は、ガバナンス・コミュニティが財団のソフト的な推奨と異なる意見を表明した初めてのケースでもあります。



Algosとウォレットによる票の分配


ブロックチェーンの透明性のおかげで、投票結果をウォレット別、ステーク別に分類することができます。以下では、ウォレットのサイズによって集計され、ALGOの数とAまたはBに投票したガバナーの数の両方で表された第2号議案の投票結果を提示します。公式の投票結果はステークによって重み付けされていますが、投票者数を見ると、投票分布について興味深い別の見解が得られることに注意してください。


第2号議案は、下の表から理解できるように、投資家規模に関わらず一貫していました。



第1号議案では、投票にもっと異質性がありました。



この分析では、ウォレットのサイズや出資比率に関係なく、ほぼ2対1の割合でこの指標を拒否していることがわかります。唯一のわずかな例外は、中型のウォレット(「ドルフィン」)であり、そこでは投票が少し接近していました。


まず、選択肢Aの勝利によって次のステップが決定された第2号議案の解説から始めます。第1号議案に関する解説と次のステップの可能性については、その後に報告します。



xGovsのデザイン。第2号議案の次のステップ


選択肢Aの圧倒的な勝利により、コミュニティ提案のためのエキスパート・ガバナー(xGov)レイヤーは2回の投票により熱狂的に支持されましたので、今後は財団がパートナーと協力してこのレイヤーを実装する責任があります。私たちは、必要なコンポーネントの構築に協力したいと考えるコミュニティのメンバーが、私たちに連絡することを強くお勧めします。前回の施策で説明したように、実際に2つのシステムを実装することを想定しています。


  • アルゴランド・コミュニティーの誰もが参加できる、提案議案のリストアップ・システム。

  • xGovレイヤー自体のための「DAOファクトリー」で、次のガバナンス期間に投票にかけられる提案を進めるための投票を実装。


以下では、後者のコンポーネントについてもう少し詳しく説明します。このコンセプトとその実装を発展させながら、今後数週間でより多くの情報を提供する予定です。アルゴランドのガバナーは誰でもxGovになることができ、必要なのはより強いコミットメントであることを再度強調することから始めます。具体的には


  • 私たちのパートナーの助けを借りて、財団はDAOファクトリーの実装を公開する予定です。そのファクトリーから派生するすべてのスマートコントラクトは、xGovのDAOになります。

  • アルゴランド・ガバナーは、デプロイされたxGov DAOにガバナンス報酬を指定することで、xGovになることができます。これらの報酬は、少なくとも1年間はDAOにハードロックされ、ガバナーはその期間中ガバナンスに参加し続けなければなりません。

  • xGov DAO に報酬を送ると、ガバナーはプロポーザルの推進に投票できるようになりますが、その投票は DAO 自身で行われます。


DAO ファクトリー


DAO ファクトリーは、すべての xGov DAO が従わなければならない最小限のルールを実施します。たとえば、それは報酬の最低1年のロック期間を強制します。DAO は、ロックされている期間中にガバナンス期間に登録するなど、これらの報酬 Algos に関する追加のルールを持つことができます。


ファクトリーによって実施されるもう一つの側面は、xGov参加者が提案に投票し、その結果をすべてのxGov DAOからの投票を集計する「母船アプリケーション」に報告することを許可することです。ここでもバリエーションが考えられます。たとえば、ある DAO は内部で勝者総取りのポリシーを実装し、別の DAO は個々の xGov の票を母船に渡すだけということも可能です。DAOはまた、より長い期間報酬を固定するガバナーに多くの力を与えるなど、投票に対して異なる内部重み付けスキームを実装することができます。



ガバナンスにおけるDeFiの再設計。第1号議案の次のステップ


選択肢Bの勝利は明確だが狭き門であり、コミュニティとともに行われたオープンで詳細な議論により、財団は選択肢Aで提案されたものとは異なる、DeFiとガバナンスの関係へのアプローチに移行する予定です。


ガバナンスの進化に関する議論は、投票の数ヶ月前から始まりました。様々なソーシャル・プラットフォームにおいて、コミュニティのメンバーは、財団が提供するガバナンス報酬、特に2021年第4四半期に、アルゴランドのDefiエコシステムにおけるステークを「クラウディング・アウト(圧迫)」させ、やる気をなくさせる副作用があるとコメントしています。


このため、DeFiの開発者は、ガバナンスの中でDefiをサポートすることを目指し、いくつかの提案と貢献を行いました。3月には、最大のDefiプラットフォームであるAlgofiが、Defiの貸し手が現行のルール内でガバナンスにコミットするためのVaultを作成し、Folks FinanceやAlgoGARDなどの他のプロジェクトは、ガバナンスへのDefiの参加も可能にする流動性ガバナンス・ソリューションを開発しました。4月に財団のMediumに投稿された記事では、こうしたガバナンスの形態の妥当性と、ガバナンスを拡張し、経済プレーヤーでありリスクテイカーでもあるガバナーに特定のインセンティブを提供する必要性が述べられています。


https://medium.com/algorand-foundation/evolving-community-governance-c185f06cab7b


5月には、財団ブログの投稿で、コミュニティと財団の対話が始まり、多くのコミュニティメンバーやDeFi関係者が投稿しました。


https://forum.algorand.org/t/evolving-algorand-governance/6646/


コミュニティからのフィードバックは、Defiプレイヤーをガバナンスに参加させ、投票や提案において特定の報酬や役割を与えるというアイデアに対して概ね肯定的なものでした。コミュニティは一般原則のいくつかの異なる実装を提案し、議論してきました。これらはそれぞれ、コミットメントの測定、集計メカニズム、関連する投票権といった特定の側面について異なるニュアンスを持つものです。


当初、選択肢Aは、Defiプロジェクトの平均TVLに基づくガバナー・ステータスと報酬、および日次平均の2倍の議決権を付与することを提案しました。オプションBは、ガバナンス期間中にコミットしたALGOホルダーにのみガバナー・ステータスを付与し続けることを提案しました。投票日の2週間前にこの議案が発表されると、コミュニティは質問に含まれる実装仕様に否定的な反応を示しました。特に、コミュニティからの批判的な意見は、DeFiステークが人為的に膨れ上がり、他のガバナーの報酬やパワーに無制限かつ予測不可能な影響を与える可能性があるというものでした。


そこで、公式質問は、TVLの使用と投票権の倍増はいずれも一時的なものであり、財団は誤用や歪曲に対処することを指摘するよう、若干修正されました。投票の結果は、一時的とはいえ、これらの具体的な提案内容が、大多数のガバナーの支持を得られなかったことを明確に示しています。しかしながら、コミュニティでの議論に基づき、ガバナンスの決定やガバナンスの報酬にはDefiユーザの関与が必要であるという原則に大多数が反対しているわけではありません。


このため、財団は、異なる種類のブロックチェーン参加者のガバナンスへの関与について、当初の議論から議論を再開しているのです。



Vault、流動性ガバナンス、そしてDEXの可能な解決策


エコシステムの進化に伴い、他のカテゴリーのプレイヤーも、その声を聞き、その役割を構造的に認め、インセンティブを与える必要があるため、ガバナンスにおいて役割を持つ必要があるかもしれないと、財団は依然として考えています。これは、DeFiの参加を認める別の方法を見つけることと、「ガバナー」の定義を他の参加形態に拡大することを意味します。


投票で否決された方法とは異なるアプローチとして、異なる形態のエコシステム活動に対してガバナンスの報酬の一部をあらかじめ割り当てることが考えられます。例えば、報酬プールの10%(または約700万ALGO)を、Defiを通じてガバナンスに参加したガバナーへの報酬として割り当てます。この事前割当は、新しい活動の取り込みが一般的なガバナンスに与える最大の影響を明確に定義するものです。また、その恩恵は最も必要とされるときに最大化されるという利点もあります。例えば、DeFiガバナンスに700万ALGOを充当した例では、DeFiガバナンスに2億ALGOがコミットされると、参加者の報酬率は年率14%となり、成長のための強いインセンティブとなります。しかし、Defiガバナンスの参加者が10億ALGOに達すると、その報酬率は年率約3%に減少します。


これまでの議論で何度も出てきたもう一つのポイントは、報酬と議決権に対するガバナンスの利害関係を測るのに、一般的で不確実なTVLではなくALGOを使うことの重要性と、Defiガバナンスにもフォーム・コミットメントが必要であることです。Algoベースでコミットメントを必要とするソリューションは、分散型貸し借りのために既に存在し、Vaultや流動性ガバナンス・ソリューションを通じて、より効果的にすることができ、必要な調整でDEXに拡張することが可能です。


DEXの流動性供給者は、市場の変動に伴って投資が変化するのを目の当たりにします。これは、ガバナーのコミットメントを固定額とする定義と相容れません。ブロックチェーンのガバナンスへの参加は常にコミットメントの形を必要としますが、この定義は進化する文脈の中で硬直的であってはなりません。特に、ALGOのコミットメントを撤回しないDeFiガバナーが被る市場損失は、彼らにペナルティを与えるべきではありません。


財団はこの基本原則に基づく解決策を探っています。市場の動きによって期間中にALGOを失う(impermanent loss)流動性プロバイダーは、流動性プールからの実際の引き出しがなくても、ガバナンスに参加でき、そのガバナンスALGOのステークや報酬が減少することはありません。市場に流出したALGOは、他のプレイヤーによるその期のガバナンスに再利用できないため、このルールは他のガバナーの権利に影響を与えません。


財団は、第1号議案の投票結果を含むコミュニティとの議論を通じて開発されたより強固な原則に基づき、エコシステムの成長を支援し、活発で完全に代表的なガバナンスの目標を達成することを約束します。我々は、次回の投票に先立ち、ここでスケッチされた解決策のより詳細な説明をコミュニティに提供し、コミュニティは次回の投票セッションまでにこの提案を評価しコメントする時間を持つことになります。


https://algorandstats.com/ の Menno Sijben の支援に感謝します。



元記事:https://medium.com/algorand-foundation/algorand-community-governance-period-3-review-7b62114b9756