ブロックチェーン・チュートリアル:分散型台帳技術(DLT)初心者向けガイド



ブロックチェーン・チュートリアル:分散型台帳技術(DLT)初心者向けガイド



ブロックチェーン技術が世界を変えると言われているのを聞いたことがあるでしょう。しかし、ブロックチェーンとは一体何で、どのように世界を変えようとしているのでしょうか?


このブロックチェーン・チュートリアルは、あなたがブロックチェーンと分散型台帳技術の専門家になるための道をできるだけ早く歩むように設計されています。



ブロックチェーン技術の起源


ブロックチェーン技術は、サトシ・ナカモトという名前を使った偽名の開発者が、世界初の分散型デジタル通貨「ビットコイン」を作ったときに初めて開発されました。


銀行や決済代行会社などの仲介者を必要とする従来のデジタル決済とは異なり、ビットコインは世界中のどこからでも2人の人間が直接お金を送ることを可能にしました。これは些細な違いに見えるかもしれませんが、私たちの生活に大きな影響を与えます。


ブロックチェーンがもたらす影響を考える前に、ブロックチェーンとは何か、どのように機能するのかを考えてみましょう。



ブロックチェーンとは?


ブロックチェーンは、それを取り巻くすべての誇大広告のために何か刺激的なもののように聞こえるかもしれませんが、実際には記録を保持するための新しい方法にすぎません。ブロックチェーンは台帳の一種ですが、コンピュータの分散ネットワーク上に広がっているため、分散型台帳と呼ばれています。


従来の記録管理とブロックチェーンの最も大きな違いは、ブロックチェーンがオープンであることです。例えばこれまでは、皆さんの口座にどれだけのお金があるかを正確に記録するためには、銀行を信用する必要がありました。


ブロックチェーンでは、暗号技術を用いて完全な透明性を実現しています。そのため暗号通貨という用語が使われています。これは、誰も信用しなくても財務記録を残すことができるという意味で、非常に大きな意味を持っています。このようにして、ブロックチェーンは事務処理や不正行為を大幅に削減することができるのです。


金融分野だけでなく、あらゆる種類のデータを安全かつ不変で透明な方法で記録できるブロックチェーンは、企業がこの革新的な新技術を活用する可能性を広げてくれます。



ブロックチェーンの仕組みとは?


ブロックチェーンの仕組みを理解するには、ブロックチェーンが何からできているのかを理解する必要があります。


  • アドレス:ブロックチェーンのアドレスとは、データを含んだブロックチェーンのエントリーです。これはメールアドレスのようなものだと考えることができますが、テキストを送受信する代わりに、価値を送受信します。価値を送るためには、メールのパスワードのようなものである秘密鍵が必要です。

  • 秘密鍵:秘密鍵とは、自分がアドレスの所有者であることを証明するための暗号コードです。複雑な計算により、秘密鍵を誰にも検証されることなく、これを証明することができます。

  • ハッシュ関数:ハッシュ関数とは、複数のデータ文字列を1つの短いコードにまとめる数式のことです。

  • トランザクション:自分のアドレスから価値を送信したいときは、自分の秘密鍵でトランザクションに「署名」します。ハッシュ関数は、トランザクション・データとあなたの秘密鍵を組み合わせて、トランザクションIDを生成します。

  • ブロック:ブロックとは、異なるアドレスからのトランザクションを束ねたものです。これらのトランザクションは、世界中のどこからでも集めることができます。トランザクションがすべて正しく行われると、ブロックチェーンに「公開」されます。ブロックチェーンの中には、10分ごとに新しいブロックが追加されるものもあれば、数秒ごとにブロックが追加されるものもあります。

  • ブロック・ヘッダー:ブロック・ヘッダーとは、ブロックを識別するコードのことです。各ブロック・ヘッダーは、ハッシュ関数を使って、ブロック内のすべてのトランザクションIDと、最後に追加されたブロックのブロック・ヘッダーを組み合わせて形成されます。新しいブロックが受け入れられるためには、前のブロック・ヘッダーと新しいトランザクションIDのすべてが正しくなければなりません。このようにして、ブロックが「連鎖」していくのです。そのため、ブロックチェーンという言葉があります。

  • ノード:複数のネットワーク参加者が、ブロックチェーンにブロックを追加することで報酬を得るために「競争」します。参加者は、「ノード」と呼ばれるコンピュータにブロックチェーンのコピーを保管します。これらのノードは非中央集権的なネットワークを形成しており、ブロックチェーンを変更しようとすると、すべてのノードを同時に変更しなければならないため、非常に困難です。


最初は難しく感じるかもしれませんが、それで構いません。重要なのは、あるアドレスにどれだけの価値があるのか、どんなデータがあるのかは誰にでもわかるものの、それを送ることができるのは秘密鍵の持ち主だけ、というような形で情報を保存できることです。



ブロックチェーンの進化


ビットコインのような最初のブロックチェーンは、誰かがどれだけのお金を持っているかを記録するためだけに使われていました。しかしすぐに、テキストや写真、コンピュータ・プログラムなど、どんな情報でもアドレスに記録できることに気がつきました。


そこで、スマートコントラクトという概念が注目されるようになりました。スマートコントラクトとは、一定の条件を満たすと自動的に価値を移転するプログラムのことです。


例えば、家を買うことを考えてみましょう。アルゴランド・ネットワーク上のスマートコントラクトは、「買い手が売り手に50万ドルを与えれば、売り手は買い手に家の所有権を与える」というものです。家の所有権はデジタル化され、売り手からスマートコントラクトに与えられます。そして、買い手が50万ドルをコントラクトに送ると、スマートコントラクトは所有権を買い手に送り、資金を売り手に送ります。


これにより、これまで買い手と売り手の間で信頼関係を築くために必要だった多くの仲介者や事務処理が必要なくなります。これは、ローンやビジネス取引、さらには結婚や離婚など、あらゆる種類の法的文書や契約に適用することができます。



分散型アプリケーション(dApps)


スマートコントラクトをより複雑に組み合わせることで、dAppsと呼ばれる分散型アプリケーションを作ることができます。


考えてみてください。最も有名なアプリのいくつかはコントラクトを扱っています。例えば、Uberは車を持っている人と車を必要としている人の間でコントラクトを結びます。AirBnBは、泊まる場所を持っている人と、泊まる場所を必要としている人の間でコントラクトを結びます。