https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

Algorandブロックチェーンで実世界のユースケースを加速

更新日:2023年9月20日



Algorandブロックチェーンで実世界のユースケースを加速


最近CoinDeskはAlgorand財団のエコシステム成長担当EVPであるミン・ウェイ(Min Wei)と、Algorandで起こっているエキサイティングな開発について話をすることができました。ミンは財団でパートナーシップ、エコシステム、コミュニティを担当しており、私たちの会話の中で、所有権、実世界のアプリケーション、その他のトレンドに関するさまざまな洞察を共有してくれました。


CoinDesk:本題に入る前に、あなたのWeb3との関わり合いと、それがAlgorand財団のエコシステム責任者になるまでに至った経緯についてお聞かせください。


ミン・ウェイ:私がクリプトの仕事を始めたのは2018年で、共同設立した会社がBlockchain.comに買収され、その後、プラットフォームのパートナーシップをリードするために同社に入社しました。Blockchain.comで働くメリットの1つは、数多くの異なるレイヤー1やその上に構築されるプロジェクトと交流できたことです。当時、Blockchain.comはAlgorandをサポートする初期のプラットフォームの1つだったので、私はこのプロジェクトとチームを知ることになりました。


その役割と組織のビジョンにとても魅力を感じ、昨年11月に財団に参加し、Algorandエコシステムのプロジェクトの成長を支援する機会に飛びつきました。


CoinDesk:あなたの役割として、あなた側から支援するプロジェクトに接触するのでしょうか、それとも彼らがあなたに接触するのでしょうか?


ミン・ウェイ:私たちはその両方を行っており、それが健全なエコシステムのために重要だと考えています。今年の最優先事項は、エコシステム内の既存プロジェクトの成功を支援することで、支援を拡大するためのフレームワーク(いわば「ベア・ハグ(Bear Hug)」)を構築しています。NFT、ゲーム、リアル・ワールド・アセット、DeFi、インパクトなど、特定の分野の専門家であるバーティカル・リードがおり、これらのリードがプロジェクトと密接に連携して、エコシステムのサポート、成長、牽引を図っています。


エコシステムの拡大に伴い、私たちはサポートしたいプロジェクト、特にエコシステムの採用の基礎となるようなプロジェクトにも注目しています。エコシステムからのフィードバックや市場で目にする情報に基づき、積極的かつ慎重なアプローチでアウトリーチを行っています。


CoinDesk:「まだ時期尚早」というのはクリプト界隈の叫びのような気がしますが、ビットコインやイーサリアムのような他のブロックチェーンと比較すると、Algorandには間違いなく当てはまりますね。しかし、Algorandは信じられないほど包括的な開発者環境を作ることで、これを補っているように思えます。


開発者が、既存のブロックチェーンを選ぶのと比べて、早期に飛び込むための経験をどのように作り出しているのでしょうか?


ミン・ウェイ:私たちは、使い勝手の良いブロックチェーンを構築しています。一般人が大切な人に送金する場合でも、金融商品を利用する場合でも、アプリを開発する場合でも、すべての人がAlgorandブロックチェーンとシームレスにやりとりできるようにしたいと考えています。それがUXのすべてです。開発者に必要なツールを提供し、10分以内にAlgorand上の開発環境を構築できるようにすることで、開発者は重要なこと、つまりクールな製品を作ることに時間を集中できるようにするためです。


CoinDesk:AlgoKitが紹介されているのを見たことがありますが、デモを見た限りでは、技術的なバックグラウンドがあまりない私でも使えそうな気がします。


ミン・ウェイ:まさに私たちが目指していることなので、その洞察には感謝しています。エコシステムに参入するための障壁を低くすることが重要であり、もちろん、開発者はそのために重要な役割を果たします。


直感的に聞こえるかもしれませんが、これは非常に意図的なものなのです。開発者のみなさんが、すぐに開発に取りかかれるようにしたいのです。

今年後半には、開発者がAlgoKitをより使いやすく、より速く構築できるような、非常に優れたテンプレートや統合機能を発表する予定です。これは繰り返し行われるプロセスです。V1は重要な第一歩ですが、より簡単に、より良くするために、さらに多くのことを行っていくつもりです。秋には大きな発表があると思うので、楽しみにしていてください!


CoinDesk:ブロックチェーンほど参入が難しいものはないでしょう。ブロックチェーンを始めるには、通常、大量の文書が必要であり、それが、ただ構築しようとする成功した起業家の妨げになることもあります。


しかし、Algorandのアプローチは、起業家に必要なものを提供し、エキサイティングな結果をもたらしているように思います。


ミン・ウェイ:そうですね、開発者にとって新しい言語を学ぶことは常に大きな障壁となります。だからこそ、私たちは開発者コミュニティとうまく付き合うことに重点を置いているのです。開発者の障壁を下げることに成功すればするほど、Algorand上でエキサイティングで現実的なアプリケーションが構築されることになるでしょう。


CoinDesk:Algorandほど、実世界での応用を目指す動きは見たことがありません。それはなぜですか?


ミン・ウェイ:実世界の資産は、Algorandが独自に取り組んでいる分野です。Algorandのスピード、セキュリティ、高いスループットは、開発者にとって文句のつけようがないものです。本当に素晴らしいのは、実際にAlgorandで立ち上げることができたプロジェクトの幅と、優秀なビルダーや起業家たちが実現したことです。


今、私が気に入っているプロジェクトの1つがTravelXで、航空券をトークン化してオンチェーンに持ち込むプラットフォームです。このプロジェクトの大きな特徴は、消費者である私たちが実際の航空券を所有できることです。チケットの情報を変更したり、他の人に送ったり、販売したりすることも可能です。これは、航空券の所有権の原則を変えるものです。


CoinDesk:これが誰にとっても素晴らしいチャンスになるのはわかりますが、なぜ航空会社はこれをよしとするのでしょうか?彼らのビジネスには悪影響があるのではないでしょうか?


ミン・ウェイ:このような質問を聞くと、私たちが業界の力学を本当に変えていることがわかりますし、それはとてもエキサイティングなことです。まず、航空会社は、顧客がこれを望んでいることを根本的に理解しており、収益面をうまく機能させることが課題です。すべてがオンチェーンでスマートコントラクトにロックされているため、航空会社は特定のトランザクション(送信や販売など)に適用されるロイヤリティや手数料を定義することができます。これにより、顧客サポートのコストを下げながら、収益を上げることができるのです。


CoinDesk:所有権という考え方はWeb3の基本であり、TravelXのようなプロジェクトは、この「所有権経済」という考え方に非常に重点を置いているように思います。Algorandは、このソフトウェアのを次へ進化させるために、どのように位置づけていますか?


ミン・ウェイ:所有権はWeb3の根幹をなすもので、当初はNFTやクリエイターから始まりましたが、今ではその枠を超えています。Algorandの技術は、この「所有権経済」の次の波のためのインフラストラクチャー層となるのに適した位置にあり、私たちの仕事は、より多くの起業家がアイデアを構築して立ち上げるのを容易にすることです。


私たちのエコシステムでは、すでに新興企業による直接所有の素晴らしい事例をいくつか目にすることができます。TravelXに加え、オンチェーンでの書籍のトークン化を可能にするBook.ioがあります。ここでも、Algorandを通じて所有権を活用することで、ユーザーは本を送ったり受け取ったりすることができ、今日のような消費者のダイナミズムを変えることができるのです。


CoinDesk:クリエイターに焦点を当てたNFTについてたくさん話してきましたが、あなたが言っていたように、所有権はしばしば見落とされます。Loftyは、私が見た中で、所有権を支持するもう一つの素晴らしいAlgorandプロジェクトですが、文字通りの意味での所有権にもっと忠実な方法で、所有権を支持しています。


ミン・ウェイ:Loftyは、伝統的な業界を破壊する素晴らしいプロジェクトです。YCombinatorから生まれたLoftyは、賃貸住宅市場に挑んでいます。この巨大な市場は、一般投資家にとってほとんどアクセスできないままです。Loftyでは、マーケットプレイスにある賃貸住宅の一部を購入(所有)することができます。ユーザーは家賃収入を得ることができ、将来的にはDAOを通じて不動産管理の意思決定に参加できる可能性もあります。Loftyは、まさに不動産市場への投資の障壁を低くしているのです。


CoinDesk:おそらく一生家を買うことができないであろう私としては、これはAlgorandなしではありえない、信じられないようなユニークなユースケースです。他に同じような破壊が起きているところはありますか?


ミン・ウェイ:現実世界の資産をチェーンに乗せようとするプロジェクトはたくさんあります。例えばCtrl Altは、芸術品から船舶まで、あらゆるプライベート資産クラスのトークン化を目指しています。ヨーロッパで数百の音楽カタログをトークン化しているANoteは、ユーザーが音楽カタログのシェアを所有し、他の所有者と一緒にロイヤリティを得ることを可能にしています。


現実世界の資産をオンチェーン化し、それを軸にビジネスを展開するというアイデアのもと、非常に多くのクールなプロジェクトやアイデアが構築されているのです。


CoinDesk:Algorandエコシステムへのプロジェクトの誘致に話を戻しますが、Algorandのグリーン・ブロックチェーンとしての位置づけは、これらの現実世界の資産プロジェクトがAlgorand上に構築するインセンティブをどのように与えるとお考えでしょうか?


ミン・ウェイ: プロジェクトの意思決定に大きな役割を果たすことは間違いないと思います。特に、実世界の資産について話しているときは、それが最重要課題です。


Algorandは、当初から環境の持続可能性に焦点を当てたグリーン・ブロックチェーンとして構築されました。独自のコンセンサス・メカニズムにより、Algorandは他のブロックチェーンよりもはるかにエネルギー効率が高く、さらに最小限の二酸化炭素排出量を相殺することで、真のカーボン・ニュートラルなブロックチェーンとしています。Algorandのネットワークに使用する電力はわずか80kWで、これはテスラ1台を充電するのに相当する量です。


しかし、私たちはそれが重要だと考えていますが、これらのプロジェクトを私たちのエコシステムに取り込むための多くの考慮事項の1つに過ぎません。Algorandは、スピード、トランザクション処理能力、セキュリティにおいてすべて秀でています。


スピードとスループットは非常に重要であり、ややニュアンスが異なるということも強調しておきます。高速なL2でも、ネットワークが混雑しているときには、実際のネットワーク全体の確認にかなりの時間がかかることがあります。このような実世界のアプリケーションをサポートできるのは、そ

ういうことです。


CoinDesk:現実世界やその他の分野で、破壊されるのを待っている分野はありますか?あるいは、あなたが破壊されるのを待っている分野はありますか?


ミン・ウェイ:TravelXがやっていること、そしてそれが旅行業界全体にとってどういう意味を持つのか、本当に驚かされますし、他の業界にも道を開いています。この二次的な効果は、旅行のロイヤリティ、リワード、会員制プログラムがWeb3でどのように見えるかをモデル化することです。


もうひとつ、デジタル・アイデンティティ(ID)の分野も注目されています。FlexIDのようなプロジェクトは、ブロックチェーン上でよりシームレスな本人確認を可能にすることで、より多くの人に銀行やその他の政府システムへのアクセスを提供できるシステムを構築しています。


CoinDesk:Algorandがこれほど広範でオープンなエコシステムを持ち、開発されているプロジェクトが人々の生活に即座に影響を及ぼしているのを見ると、とてもわくわくします。また、コミュニティが絆を深めるような楽しいプロジェクトが増えつつあるのも嬉しいですね。


ミン・ウェイ:私はいつも、業界を変えるような大きなプロジェクトに注目しつつも、個人レベルで楽しくて魅力的なプロジェクトにも目を向けなければならない、と言っています。健全なブロックチェーン・エコシステムのためには、その両方が必要なのです。


CoinDesk:最後に、Algorandのエコシステムで特に期待している他のプロジェクトはありますか?


ミン・ウェイ:特筆すべきもう1つのプロジェクトは、Quantum Templeです。彼らは文化遺産をオンチェーンで保存するために、先祖代々のコミュニティとNFTコレクションを共創しています。これは、分散型テクノロジーが地域コミュニティを活性化させる美しい例です。


Quantum Temple、Lofty、そして実世界への応用を目指すその他のエコシステム・プロジェクトの詳細については、Algorand財団のエコシステム・マップをご覧ください。



元記事:https://www.coindesk.com/sponsored-content/accelerating-real-world-use-cases-on-the-algorand-blockchain/


bottom of page