https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
top of page

アルゴランド・ギャンビット:2024年技術ロードマップ

更新日:1月18日


アルゴランド2024年技術ロードナップ

ダイナミックで競争の激しい環境において、2024年はアルゴランドにとって極めて重要な年となります。これは、パフォーマンスとユーザビリティにおいて新たなスタンダードを設定し続けながら、将来に向けてパーミッションレスなブロックチェーン・インフラを強化するというコミットメントです。


アルゴランドのテクノロジーの中核は常にパフォーマンスであり、それはトランザクションの即時確定(ファイナリティ)に始まり、他のどのL1ブロックチェーンとも一線を画しています。今年はそれがより鮮明となります。ダイナミック・ラウンド・タイムはネットワーク・パフォーマンスを向上させ、スループットの向上とラウンド・タイムの短縮を実現します。今後のアップグレードにより、ネットワーク性能はさらなる高みへと進むでしょう。


ブロックチェーンの開発者が専門言語を学ぶ必要があった時代は終わりました。今や開発者は、世界で最も人気のあるプログラミング言語のひとつであるPythonを使ってアルゴランドでアプリケーションを構築できます。Pythonは、その真のネイティブな形で、新たな可能性を開き、アルゴランド・ブロックチェーン技術の範囲をかつてないほど拡大するでしょう。


また今年、私たちはプロトコルに2つの革新的なアップグレードを行います。両方とも分散化を飛躍的に進めるものです。第一に、アルゴランドはコンセンサスにインセンティブを導入し、第二に、ピア・ツー・ピア(P2P)ゴシップ・ネットワークに移行します。これらの戦略的な変更により、アルゴランドのユーザーにより大きな力を与え、チェーンの自律性を向上させます。これらの変革的なアップグレードは、2024年にアルゴランドの普及を促進する重要な要素になると考えています。


2024年のロードマップは、アルゴランドの核となる強みを倍増させ、限界を押し広げ、パフォーマンス、回復力、ユーザビリティがブロックチェーンの展望を再定義するために収束する自立の道を照らすことを目指しています。



シシリアン・ディフェンス:ダイナミックなラウンド・タイム


シシリアン・ディフェンス:ダイナミズムと鋭さを特徴とする戦闘的なオープニング戦略


ダイナミック・ラウンド・タイム(別名ダイナミック・ラムダ:dynamic lambda)は、ネットワーク・パフォーマンスを向上させ、アルゴランド・ネットワークにおけるスループットの向上とブロック・タイムの短縮を意味します。これは例えると、バス停で厳格な時刻表に従う代わりに、バスが待っている乗客の数に基づいて出発時間を調整するようなものです。ブロックチェーンで言えば、アルゴリズムがネットワークの混雑状況などに基づいてブロックの最終回を調整し、平均ラウンド・タイムを短縮するということです。今回のアップグレードにより、ブロックの所要時間は平均3秒未満となります。アルゴランド・ネットワークの効率性とスケーラビリティが向上するため、アプリケーション構築者はダイナミック・ラウンド・タイムの柔軟性から恩恵を受けることになります。エンドユーザーは、ブロックチェーンとのシームレスでタイムリーなインタラクションを実現するため、慣れ親しんだポイント・オブ・セールのスピードでより迅速な確認を体験することができます。


このプロトコルのアップグレードは、1月10日にアルゴランド・ネットワークで投票にかけられ、1月17日に発効しました。これは、アルゴランドのすでに業界をリードするパフォーマンスを継続的に改善するための重要なステップです。今後のアップグレードにより、ブロック・タイムはさらに短縮されます。



ルイ・ロペス:AlgoKit 2.0


ルイ・ロペス:あらゆるレベルのプレイヤーに広く受け入れられ、確実に勝利をもたらす手強いチェスのオープニング


アルゴランドは、その創設以来、一貫して卓越した技術で知られ、それを実証してきました。しかし、その約束を実現するには、革新以上のものが必要です。大規模な普及が求められるのです。アルゴランドは、世界で最も人気のあるプログラミング言語の一つであるPythonの統合という画期的な動きで、この要求に応えます。アルゴランドで構築するために、開発者はもはや専門的なプログラミング知識を必要としません。窓が大きく開かれました。学生から今日の一流のAI/MLの専門家に至るまで、世界中で推定1000万人の開発者が、アルゴランドを使って分散型技術の利点を簡単に利用できるようになりました。この変革は単なるアクセシビリティの問題ではなく、イノベーションへの世界的な招待なのです。アルゴランド上でのPythonの体験は、AlgoKit 2.0に集約されています。AlgoKit 2.0は、アルゴランド上で構築、テスト、デプロイするために必要なすべてを提供する包括的なツールセットです。開発者は現在、開発者プレビューを通じてアルゴランド上でPythonを試すことができます。


AlgoKitは2024年を通して、ローカルネットやサンドボックスの改良を含む、さらなるアップグレードが行われ、より充実した実験環境が提供される予定です。Pythonユニット・テストの導入は、ユーザーが安全なコードを書くのに役立ち、ビジュアル・デバッガー・ツールは問題を素早く特定し解決するのに役立ちます。これだけではありません。スマートコントラクトのエクスペリエンスもアップグレードされ、アプリ構築ライブラリの展開により、ユーザーはサードパーティのスマートコントラクトを自身のアプリケーションに簡単に組み込むことができるようになります。AlgoKitは、これまで以上にスムーズで機能満載の開発の旅を実現するために進化しています。



クイーンズ・ギャンビット:非アーカイブ・リレー


クイーンズ・ギャンビット:ポーンを犠牲にしてより大きな戦略的優位を得る一般的なチェスのオープニング

注:ポーンは取り戻すことができます。


アルゴランドは当初、ネットワーク上に情報を拡散する役割を担うすべてのリレー・ノードがアーカイブ的であること、言い換えれば、台帳の完全なコピーを保存することを要求していました。これは、チェーン履歴の複数の実行可能なコピーを確保するための初期の方法でした。ノードの数が少なかった当初はうまく機能しましたが、ネットワークが成長するにつれ、効率的なデータ送信と台帳の完全な履歴の維持の両方を担うリレー・ノードは、ますますエネルギーを消費するようになりました。


現実には、完全なコピーを維持する必要があるのは一部のリレー・ノードだけであり、ネットワーク・トポロジーはそれを反映するように変更されています。より高い割合のリレーを非アーカイブ状態に移行することで、ネットワークはより環境に優しく効率的になるだけでなく、非アーカイブ・リレーの運用に関連するコストも大幅に削減されます。リレー・ノードは引き続き稼働しますが、今後は付加価値サービスとして機能し、より合理的で環境に配慮したアルゴランドのエコシステムに貢献することになります。



レティ:コンセンサスのインセンティブ化


レティ:特に長期的なポジション争いにおいて、その信頼性と有効性で知られる戦略志向のプレイヤーのためのオープニング


アルゴランドは本質的に分散化のために設計されており、その純粋なプルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Steake)メカニズムにより、参加は非常に身近なものとなっています。今年、アルゴランドはそのコンセンサス・メカニズムに設立以来初の重要なアップグレードを行い、その参加に直接インセンティブを与えることになりました。つまり、アルゴランドは間もなくL1の運営方法を変更し、ブロック生成者に報酬を与えることになります。コンセンサスにインセンティブを与えることで、Algoのステーク量が急増し、ネットワーク内のコンセンサス・ノードの数が増えるため、ネットワークのセキュリティと分散化が促進されることになります。


コンセンサス・インセンティブの一部は、取引手数料から得られます。短中期的には、アルゴランド財団もインセンティブ報酬額を増やすために資金を拠出します。時間の経過とともに、アルゴランドの採用が拡大し、手数料構造の修正が実施されるにつれて、取引手数料はより有意義なものとなり、それ自体でネットワークのセキュリティを維持できるようになると想定しています。


コンセンサス・インセンティブを実装するための提案された設計についてもっと知りたい方は、「Algorand Consensus Incentivisation:An Algorand Foundation discussion paper」をお読みください。またこの動画ではアルゴランド財団のCTOであるジョン・ウッズがこのペーパーについて解説しています。


カパブランカ変奏曲:P2Pゴシップ・ネットワーク


カパブランカ変奏曲:その終盤の技巧と、局面をざっと見て最良の手を思いつく比類なき能力で知られるチェスの世界チャンピオンによるムーブ


アルゴランドは現在、コンセンサス・ノード(旧参加ノード)がパーミッションレスでブロックを生成するリレー形式のネットワークで運営されています。これらのブロックは、効率的なデータ伝搬のためのループを形成するリレー・ノードを介してネットワーク全体に送信されます。非常に効率的ではあるものの、この構造は最も分散化されたネットワーク形態とは言えません。分散化をさらに促進するために、アルゴランドはこのリレー構造から、ビットコインや他の多くのクリプト・ネットワークの運用方法に似たP2Pゴシップ・ネットワークに移行します。このモデルでは、データはコンセンサス・ノード間を直接流れ、分散化された蜘蛛の巣のような構造を作り出します。これにより、リレー・ノードへの依存度が低下し、リレーが存在しなくてもネットワークが十分に機能するようになります。P2Pネットワークへの進化は、アルゴランドのより永続的な未来に向けた重要な一歩を意味し、そこではアルゴランドは独立して運営することができ、潜在的な混乱に対して弾力的であり続けることができます。この調整は、分散型テクノロジーの核となる理念と一致し、長期的にはアルゴランドの自律性と回復力を保証するものとなります。


P2Pゴシップ・ネットワーク


2025年への展望


2025年にはイノベーションの次の章に着手し、アルゴランドは卓越した技術を追求し続け、ブロックチェーンにおけるアクセシビリティを再定義するというコミットメントをさらに強固なものにしていきます。AlgoKit 3.0では、さらに多くのプログラミング言語のサポートを導入し、よりワールドクラスのツールとデバッグ機能を取り入れることで、比類のない開発体験をお約束します。アルゴランドの開発者は、さらに多様なツールを自由に使えるようになり、ブロックチェーン開発の長期的な進化に拍車をかけることになるでしょう。



Opmerkingen


bottom of page