https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

ヘルスケア決済のイノベーターMAPayとドレクセル大学医学部、ブロックチェーンによるヘルスケア・データ相互運用性の実現を目指す

更新日:9月6日



ヘルスケア決済のイノベーターMAPayとドレクセル大学医学部、ブロックチェーンによるヘルスケア・データ相互運用性の実現を目指す

by MAPay

フィラデルフィア 2022年8月1日 /PRNewswire/ -- ドレクセル大学医学部は、ヘルスケア・データの民主化のためにノン・ファンジブル・トークン(NFT)を使用する変革的なヘルスケア決済およびデータ交換ネットワークを展開するために、グローバル・ヘルスケア・テクノロジー企業のMAPay, LLCと協力すると発表しました。


この提携により、最も議論され論争となっているヘルスケアのトピックの一つである患者データへのアクセスを解決するための技術的基盤と市場が開発されることになります。今日の世界では、患者は自分自身のヘルスケア・データを真に所有しておらず、従来のヘルスケア・データ・プラットフォームの相互運用性の問題から、患者のヘルスケア履歴は不完全であったり、アクセスに一貫性がないことがよくあります。医療データが完全でない、あるいはアクセスできない場合、患者が受けられる医療の質、医療研究開発のための重要な情報の利用、医療費の請求と回収の管理コストに悪影響が及びます。医療提供者に関わらず、患者が医療記録にアクセスしやすく、透明性を高めるための業界や規制当局の多大な努力にもかかわらず、研究・治療活動を強化し、より良い医療成果を生み出すような形でデータを利用することはまだできません。


MAPayのCEOであるMichael Dershem(通称「Dersh」)は、「医療業界は解決策を実現するための土台を作りましたが、患者のIDを確立するために非効率的で既存のサービスに依存しています」と断言しています。また、プロバイダー間のIDも、今日の医療システムでは容易に利用できないため、プロバイダーのクレデンシャルを行う際に、管理面やコスト面での負担が発生しています。これらの欠点は、業界の相互運用性を取り巻くコスト、競争、プライバシー問題など、数多くのレガシー技術およびビジネスの複雑性に起因しています。MAPayは、デジタル台帳を介して検証可能なアイデンティティを提供する革新的なブロックチェーン技術を活用することで、経済的かつ技術的に実行可能なソリューションをもたらします」。


NFTは、他の(非代替性)資産と交換不可能なブロックチェーンベースの資産です。革新的なアルゴランド・ブロックチェーンを活用したMAPay患者データ保管庫NFTは、検証可能な患者情報を安全に保管し、より完全な医療履歴をケアチームやその他の必要な医療サービスに提供することにより、ヘルスケアに革命をもたらす計り知れない可能性を生み出します。このデータをヘルスケア・モデルに統合し、コンテクスチュアル・バイオマーカーによる予測診断、雇用者報酬の仕組みの促進、検証可能だが非識別化された患者データを公衆衛生評価のために提供する能力は、健康主導のビッグデータ分析およびケアの新しい時代を推進することになります。


「MAPayとのコラボレーションに非常に興奮しています」と、メディカル・アフェアーズ担当上級VP兼医学部長のチャールズ・B・ケアンズ医学博士は述べています。「この取り組みは、特に医療が行き届いていない地域において、大きな変革をもたらすでしょう。これは医療の多くの異なる側面に関わるため、多角的なアプローチが必要です。私たちは、ビジネス、医療、テクノロジーを含むドレクセル大学のモザイクを構築し、MAPayのような民間企業のリーダーと組み合わせることで、変革のための素晴らしいサンドボックスを作ることができました」。


また、このモデルでは、自分のデータを業界で利用することを選択した患者さんに、インセンティブと報酬を提供します。データの構造により、研究に必要な一定の基準を持つユーザーを対象とした、より簡素で構造化された方法と、患者が金銭的報酬のために、非識別化された検証可能なデータを提供することができるようになります。豊富なデータのプールとそれを利用するための市場は、研究開発の成果において業界を揺るがすパラダイムを作り出します。


ヘルスケアの将来性は、患者データの利用可能性と共有に依存しています。しかし、ビジネスや技術的な理由から、このデータはサイロの中に閉じ込められたままです。医療情報を集約して研究や集団健康管理に役立てようとする従来のアプローチは、データの入手や使用に関するビジネス、構造、規制の対立に悩まされてきました。もしこのデータがより広いコミュニティによってアクセスされ利用されるようになれば、価格の透明性、研究や治療のための匿名化されたデータ、そして不正や乱用に関連する社会的な医療コストの抑制を実現することができます。MAPayとドレクセル大学医学部は、変革的なテクノロジーを用いて、患者ケア、研究、医療アクセスにおいて変革的な成果を生み出すことを目指します。


患者を中心としたデータの相互運用性は、EHR間でデータを移動できるようにしたり、多くの異なるシステム内の複数の非構造化データフィールドから関連情報を導き出したりする以上のものです。データを個人の管理下に置き、NFTプールをより大きな健康エコシステムのためにアクセスおよび使用できるようにすることで、共同体としてのコンテキストを作り出します。私たちは、地球市民とコミュニティのあるべき姿として、ヘルスケアをヒューマンケアに変えていきます」と、Dershemは締めくくりました。



ドレクセル大学医学部について


今回の動きは、米国最大級の医学部の地理的範囲を拡大することにつながります。現在、ドレクセル大学医学部は1,100人の医学生を養成しており、これは米国の医学生83分の1にあたります。また、900名の大学院生と2,700名のフルタイム、パートタイム、ボランティアの教員に及んでいますを抱えます。同大学は、フィラデルフィアにあるクイーンレイン・キャンパスに加え、2021年8月にウエスト・レディングに4年間の地域医療キャンパス「医学部タワーヘルス校」を開設しています。



MAPayについて


MAPayは、スマートコントラクトを動かす分散型台帳技術を展開し、安全な医療ソリューションをトランザクションするグローバルなヘルスケア・フィンテック企業です。同社は、マルチパーティ医療決済とHIPAA準拠のデータ交換のために、集中型と分散型の両方のプロトコルのハイブリッド・アーキテクチャを開発しました。MAPayは、病院ネットワーク、診療管理システム、製薬会社、保険支払者、政府機関などと連携しています。


同社は、ブロックチェーン技術を活用してインセンティブを改善・調整し、コストを削減し、透明性の向上とデータ交換をもたらすことで、患者や医療従事者のエンパワーメントに取り組んでいます。同社は、許可制のオープンソースシステム・コラボレーションと、経済的・社会的にインパクトのあるソリューションセットを信じています。詳細については、https://www.mapaycorp.com/ をご覧ください。



元記事:https://www.prnewswire.com/news-releases/drexel-university-college-of-medicine-and-healthcare-payments-innovator-mapay-seek-to-achieve-healthcare-data-interoperability-through-algorand-blockchain-301598123.html