コペンハーゲンIT大学が第5回国際ブロックチェーン・スクール冬季エディションのための助成金を受賞



コペンハーゲンIT大学が第5回国際ブロックチェーン・スクール冬季エディションのための助成金を受賞


2021年11月22日 - アルゴランド財団は、第5回国際ブロックチェーン・スクール冬季エディションの開催にあたり、コペンハーゲンIT大学とパートナーシップを結んだことを発表します。このパートナーシップは、ブロックチェーン技術全般およびアルゴランド・ブロックチェーン・プロジェクト自体の教育と参加を支援する財団の継続的な取り組みの一環です。当財団は、助成金プログラムを通じて、このパートナーシップを支援しています。


第5回国際ブロックチェーン・スクール冬季エディションは、デンマーク国内外の修士・博士課程の学生を招待し、公的機関や民間企業が提供するさまざまなユースケースに、マカソンやハッカソンの形で取り組む博士課程です。


欧州ブロックチェーン・センターが主催するこのコースは、2022年1月24日から1月28日まで、コペンハーゲンIT大学の施設で開催されます。次回のブロックチェーン・スクールのテーマは「Sustainable Decentralized Finance(持続可能な分散型金融)」で、ブロックチェーン関連の知識の創造と普及、商用化前のPoCや商用化前のMVPの開発、さらには学生プロジェクトの成果に基づくブロックチェーン研究の学術分野への貢献などを目的としています。ブロックチェーン・スクール、ハッカソン、マカソンの最も優れた成果は、2022年1月28日に開催されるNordic Blockchain Summitにおいて、ブロックチェーン・スクールのテーマを中心としたパネル討論や基調講演とともに発表されます。


アルゴランド財団CEOのショーン・リーは、「本日、IT大学コペンハーゲンとの提携を発表できることを嬉しく思います。アルゴランド・ブロックチェーンの破壊的な可能性を教育することで、次世代の起業家、イノベーター、学生を支援する第5回国際ブロックチェーン・スクール冬季エディションをサポートできることを楽しみにしています。教育は、グローバルなアルゴランド・エコシステムの継続的な発展のための重要な焦点である、さらなるブロックチェーンの採用を促進します」と述べています。


「欧州ブロックチェーン・センターは、2016年の第1回ブロックチェーン・スクール以来、民間および公的なパートナーと協力して、ブロックチェーンとDLTシステムに関する知識を創造し、学界と社会の間で活発な議論を展開しています。次回の1週間のブロックチェーン・スクールでは、アルゴランド財団から財政的な支援を受けられることに感謝しています。将来のブロックチェーン経済を共同で発展させるために、このような先見性のあるパートナーから支援を受けられることは喜ばしいことです」と、IT大学コペンハーゲンの欧州ブロックチェーン・センターの創設者兼責任者であるローマン・ベック(Roman Beck)教授博士は述べています。


アルゴランド財団は、助成プログラムによる資金提供で、このプロジェクトを支援できることを誇りに思っています。スクールの詳細および登録先についてはウェブサイトをご覧ください。

https://blockchainschool.eu/


アルゴランド財団の助成プログラムによる支援のためにプロジェクトを提出することに興味のある方は、こちらにご応募ください。



元記事:https://algorand.foundation/news/it-university-copenhagen-grant