アルゴランド財団、ボストン大学と提携し、アフリカの農家を支援



アルゴランド財団、ボストン大学と提携し、アフリカの農家を支援


ボストン、2022年8月8日 - アルゴランド財団は、ボストン大学およびHello Tractorと提携し、地元の農家がトラクターへのアクセスを共有できるアプリケーションを開発することを嬉しく思います。ボストン大学のジョン・グリーンエーカー(John Greenacre)教授のリーダーシップの下、チームはトラクターの所有者と農家やオペレーターをつなぐブロックチェーン・ベースのソリューションの開発に取り組んでいます。


「2050年までに世界人口を養うためには、食糧生産を60%近く増加させる必要があります。世界のほとんどの農家が手動の道具に頼って土地を耕しているため、現在の技術ではそれができません」とグリーンエーカー教授は説明します。「アルゴランド財団の支援により、Hello Tractorのブロックチェーン技術は、アフリカの農民の生活を根本的に改善し、ひいては世界の食糧確保に貢献することができるのです。ボストン大学のチームは、アルゴランド財団の支援に感謝し、このプロジェクトに取り組み始めることを嬉しく思います」。


このプロジェクトは、ブロックチェーン技術と契約理論を組み合わせ、企業がアフリカやその他の発展途上国における制度やインフラの問題を「リープフロッグ」させ、貧困層支援、包括的なデジタル・エコシステムの形成を促進するための初めての試みです。


アルゴランド財団インパクト部門責任者マット・ケラー(Matt Keller)は、「アルゴランド財団、ボストン大学、Hello Tractorのコラボレーションは、最高のブロックチェーン技術、最高の学術研究、そしてナイジェリア、ケニア、その他の国々の小規模ステークホルダー農家が抱える多くの障害に対する現場での最高の解決策を結集しています」と強調しています。「私はその結果を見るのを楽しみにしていますし、各パートナーが本当にユニークなものをもたらすチームの一員であることに興奮しています」。


ボストン大学ソフトウェア&アプリケーション・イノベーション・ラボ(SAIL)のディレクターで、プロジェクトのパートナーであるウィル・J・トムリンソン(Will J. Tomlinson)は、次のように述べています。「私たちSAILは、アフリカ地域の農法に有意義で具体的な影響を与えることができる機会を得たことに興奮しています。ソフトウェア開発を通じて、私たちは生活を変える機会を得ると同時に、私たちの専門分野であるプライバシー&セキュリティのノウハウを社内で拡大することができます」。


アルゴランド財団は、今後2年間、この最先端のソーシャル・インパクト・プロジェクトを支援していきます。このプロジェクトの詳細については、gdpcenter.org/HelloTractorProjectをご参照ください。



元記事:https://www.algorand.foundation/news/algorand-foundation-partners-with-boston-university-to-support-african-farmers