アルゴランド財団、北京大学Xiaotie Deng教授チームと提携し、Algorandネットワーク上の市場理論、NFT、ガバナンス・アルゴリズムの研究を支援



アルゴランド財団、北京大学Xiaotie Deng教授チームと提携し、Algorandネットワーク上の市場理論、NFT、ガバナンス・アルゴリズムの研究を支援


2022年3月24日 - アルゴランド財団は、Algorandネットワークに関する研究協力のため、北京大学計算機学フロンティアセンターのブロックチェーン研究室と提携したことをお知らせします。


「研究の目的は、Algorandネットワーク上のデジタル資産の市場理論を構築することだけでなく、Algorand Standard Assetsの形でNFTのオークションと価格モデルを調査し、Algorandネットワーク上のDeFiとデジタル資産のガバナンス・アルゴリズムを評価したい」と、このプロジェクトの主任研究員、Xiaotie Deng教授は説明しています。


北京大学のチームは、アルゴランド財団の研究チームと密接に協力する予定です。「私たちは、Xiaotie Deng教授の刺激的な研究をサポートすることに興奮しています。彼の調査の結果は、Algorandプロトコルを前進させるだけでなく、ブロックチェーンとデジタル資産の分野の進歩に大きく貢献するでしょう」と、Algorand Centres of Excellence(ACE)プログラムの主席研究員兼ヘッド、Hugo Krawczykは述べています。


この研究は、様々な国際的な学術誌や出版物に掲載される予定です。アルゴランド財団は、大学プログラムを通じて、このプロジェクトを資金面で支援しています。


アルゴランド財団の中国コミュニティ責任者であるSummer Miaoは、北京大学との提携が実現したことについて「このパートナーシップを確立するために尽力してくれた1circle中国語コミュニティに感謝したい」と述べています。1circleはAlgorandの助成金受給者で、Algorandブロックチェーン上で刺激的な中国人コミュニティを構築することを使命としています。



元記事:https://algorand.foundation/news/peking-university