アルゴランド財団、分散型台帳技術に関するイタリアのワーキング・グループと提携し、Algorandスマートコントラクトに関するインターナショナル・スクール立ち上げを支援



アルゴランド財団、分散型台帳技術に関するイタリアのワーキング・グループと提携し、Algorandスマートコントラクトに関するインターナショナル・スクール立ち上げを支援


2022年5月9日 - アルゴランド財団は、分散型台帳技術に関するイタリアのワーキング・グループと提携し、Algorandスマートコントラクトに関するインターナショナル・スクールの立ち上げを支援することを発表します。このスクールは、トレント大学、サレルノ大学、フィレンツェ大学、トリノ大学、ローマ・サピエンツァ大学の一流のブロックチェーン専門家によって組織されています。カリアリ大学のマッシモ・バルトレッティ教授の指導のもと、学生はさまざまなブロックチェーン技術について学び、Algorandの検証可能なランダム関数(VRF)やスマートコントラクトなどの使用法について深く掘り下げます。さらに、学生はAlgorandネットワーク上で自分のプロジェクトを開発し、Algorand開発者ポータルに積極的に貢献することになります。


「この4週間のスクールは、国際的な博士課程の学生、研究者、実務家にとって非常に大きな学習機会です」と、アルゴランド財団の主席研究員であるHugo Krawczykは強調します。「このスクールでは、実践的な課題、ユースケース、プロジェクトのアイデア・ピッチにより、参加者は必要な背景知識を得るだけでなく、自分自身のプロジェクトに取り組むことで、積極的な学習を促進することができます」。


Massimo Bartolettiは、Algorandスマートコントラクトに関するインターナショナル・スクールの最初のコースをキックオフすることに心待ちにしています。「私は、ブロックチェーン技術の分野における他の主要な科学者とともに、Algorandスマートコントラクトに関するインターナショナル・スクールで教えることを楽しみにしています」。


このスクールは、2022年9月27日から10月18日まで教えられる予定で、世界中の若手研究者や学生を対象にしています。このスクールは英語で行われます。ご興味のある方は、こちらからお申し込みください。



元記事:https://algorand.foundation/news/italian-working-group