https://medium.com/feed/milkomeda%E6%97%A5%E6%9C%AC
 

なぜインパクトとインクルージョン(包摂)が重要なのか?

更新日:11月5日



なぜインパクトとインクルージョン(包摂)が重要なのか?


2022年10月28日 - アルゴランド・ブロックチェーンが存在するのは、創設者のシルビオ・ミカリが、既存のレイヤー1ブロックチェーンに代わる、より良い、より速い、より信頼できる、より安全な、より環境に優しい、そしてより持続可能なものを構築できると信じたからです。この持続可能性の重視は、アルゴランド財団の基盤に織り込まれ、私たちの真に重要な目標として機能しています。


アルゴランドのインパクト&インクルージョン部門は、この倫理観を最も明確に表現しています。金融包摂、社会的影響、そして環境の持続可能性に焦点を当てることで、私たちの行う投資がより公正で公平な未来を形成することができると信じています。地球上で最も疎外された人々でさえも資本にアクセスでき、家族や個人が特に災害の場合に生活を再建するために必要な商品やサービスを利用でき、起業家が気候変動の被害を阻止し逆転させるためのビジネスを構築し成長するのに必要な資源を与えられるような未来があります。


Web3が日常生活のあらゆる場面で利用され始めた今、私たちは、World Wide WebやWeb2.0が「変革」をもたらすと約束しながら、実際には実現しなかった人々の失敗から学ぶ必要があります。意図的に行動することで、私たちは集合的に分散型の未来を形作る手助けをすることができます。そこでは、人々は、しばしば破壊的な力を持つ大きな組織のモデルから自由に人生を送るために必要な主体性を持つことができ、そもそもほとんど持っていない個人から貴重な資源を引き出すことに依存することが多いのです。


ブロックチェーン技術は、それ自体が、瞬時に、かつ実質的に無料で価値を伝達することに関して、生活をより良く変える力を持っています。取引やデータが透明な台帳に永久に記録され、説明責任を果たすことで信頼を築き、そこに陽の光を当てる力があるのです。そして、個人やコミュニティが、自分たちで考えたアイデアや、それを実現するための作業から、貯蓄を増やし、利益を得るための基盤となる力を持っているのです。


アルゴランドを基盤とした決済プラットフォームを通じて、アフガニスタンの女性たちに必要なリソースを提供しているHesabPay、ジンバブエの人々のためにデジタルIDを構築し、金融サービスへのアクセスを可能にしたFlexfintx、そしてその市場は、最も近い丘に囲まれた小さな村を越えて広がっている、などがあります。また、トークンを環境保護活動のインセンティブとして提供し、環境保護行動の変革を目指す企業もあります。また、アルゴランド・ブロックチェーンを利用して、自然破壊によってすべてを失った個人や家族に支援を届けようとする災害支援団体にも助成金を出しています。これらのユースケースは、道徳的な善のための道具としてのテクノロジーの理想を表しています。


最終的には、テクノロジーは道徳的に中立です。スマートフォンは愛する人とつながるために使われることもあれば、爆弾を爆発させるために使われることもあります。ラップトップは、ビジネスを立ち上げるために使われ、1と0から人生を切り開こうとする起業家に収入を与えることもできれば、盗難の道具として使われ、無実の人々に大きな損失をもたらす情報操作を可能にすることもできます。テクノロジーは、私たち次第のものなのです。私たちの場合、アルゴランド・ブロックチェーンを善の道具として使いたいと願う人々に力を与えたいと考えています。すべての人の尊厳を認め、高め、現在そして未来の世代のために地球とその環境を保護するために、意図的、計画的に技術を使用することです。


アルゴランドのエコシステムにおけるインパクト、インクロージョン、サステナビリティ分野におけるパートナーやプロジェクトについては、https://www.algorand.foundation/impact-sustainability をご覧ください。



マット・ケラー(Matt Keller)プロフィール


マット・ケラー(Matt Keller)は、アルゴランド財団のインパクト&インクルージョン部門を統括しています。金融包摂、社会的インパクト、環境持続可能性を達成するためにアルゴランド・ブロックチェーンの使用を増加させるための戦略の設計と開発をリードしています。


前職では、米国の選挙資金と投票権の改革を推進するためのロビイスト、イーロン・マスク氏主催の1500万ドルのグローバル・ラーニング「XPRIZE」のエグゼクティブ・ディレクター、One Laptop per Child のVP、ローマ(イタリア)の国連世界食糧計画の法律顧問、米国上院議員の立法補佐官、アリゾナの移民農業労働者の法律顧問、メイン州ポートランドのイエズス会のボランティアなどを務めています。



元記事:https://www.algorand.foundation/news/why-impact-and-inclusion