NFT作成における低取引コストと低炭素排出の重要性について



NFT作成における低取引コストと低炭素排出の重要性について


ノン・ファンジブル・トークン(NFT)は、無限に広がる市場として注目を集めています。多くの人々や企業がこのトークンのユースケースを考えていますが、一部の人々はNFTの作成にあまり熱心ではありません。それは、NFTの発行にはコストがかかり、多くの主要なブロックチェーンでかなりの二酸化炭素排出量を引き起こすからです。実際、多くのアーティストがNFTから距離をおいていますが、その理由は単にエネルギーを使いすぎるからです。


でも朗報です。アルゴランドは最も安全で分散化されたブロックチェーンであり、NFTを含むあらゆる種類のトークンをサポートしています。アルゴランドでのNFTの作成は、速く、安く、安全で、環境に優しく、NFTをこれまで以上に身近なものにしています。



NFTが直面する2つの課題


NFTの普及を加速させるためには、手数料の低減と二酸化炭素排出量の削減が必要ですが、アルゴランドはこれらの問題を解決することができます。


NFTによって億万長者になったアーティストがいる一方で、NFTの作成や売買にかかる手数料が高いため、多くのアーティストやNFT発行者は簡単に赤字になってしまいます。これは、MFTが初めてのクリエイターが考慮すべき点です。


手数料は、NFTを作成する際にも、コレクターがNFTを売買する際にも発生します。作成や取引の際には、発行者はブロックチェーン上で取引を検証するために必要な計算エネルギー費用を支払わなければなりません。PoW(Proof of Work)ブロックチェーンを扱う場合は、手数料が高くなる可能性があります。


先月、Business Insiderは、デジタル・ストーリーテリングを中心としたプラットフォームを展開するKapwingのシニア・コンテンツ・ストラテジスト、ロバート・マーティンの話を紹介しました。彼は、NFTの売買は「西部開拓時代のようなもの」だと言っていました。トークンのを扱う最初の経験で、彼は手数料で200ドル以上を失ったそうです。


マーティンは、Raribleで30ドル程度でNFTを購入したところ、そのトークンに90ドル程度の買い手がついたにもかかわらず、結局200ドル以上の損失を出してしまったといいます。NFTのクリエイターにとっては、これではとてもお金になりません。


NFTは非常に人気がありますが、アーティストや投資家などの間で主流の採用を受けるためには、「高い手数料のハードル」を乗り越えなければなりません。NFTの手数料は、1枚あたり数ドルから始まって、数百ドルに達することもあり、クリエイターや取引者の利益を奪っています。


しかし、急成長するNFT市場の課題は、手数料だけではありません。NFT市場がもたらす二酸化炭素排出量の増加も、解決すべき課題の一つです。


ニューヨーク・タイムズ紙のレポートによると、「平均的なNFTの作成には、典型的なアメリカのガソリン車で500マイル走行するのと同等の、地球温暖化の原因となる200キログラム以上という驚くべき環境フットプリント(負荷)がある」とのことです。


NFT発行による膨大なカーボン・フットプリントは、NFT用の主要ブロックチェーンが導入しているコンセンサス・メカニズムに起因しています。残念ながら、NFTの作成や取引の大半は、Proof of Work(PoW)チェーンで行われており、NFTの作成や取引のたびにエネルギーを要するクリプトのマイニングが必要となります。言うまでもなく、これでは持続不可能です。


この新しい産業を繁栄させるためには、NFTの作成と維持の環境への影響を軽減する必要があります。

幸いなことに、NFT市場には環境に優しい代替手段があります。アルゴランドは、NFTの特性をアップグレードしながら、NFTの作成と取引のプロセスをより安価で安全、そして環境に優しいものにするためのインフラを提供します。



アルゴランド上のNFT:その利点


アルゴランドがNFTの発行者、購入者、販売者にとって魅力的なのは、Pure Proof of Stake(PPoS)アルゴリズムを採用しているため、非常に低い手数料で利用でき、二酸化炭素排出量も非常に少ないことです。


低い手数料は、特に大規模にトークンを作成するNFTの開発者にとって重要です。例えば、イタリア最大の著作権収集機関であるSIAE(Società Italiana degli Autori ed Editori)は、アルゴランドを使って著作者の権利を表すNFTを展開しました。


同機関は、95,000人以上の会員著作者の450万件の権利をトークン化しました。もしNFTの作成に他の人気ブロックチェーンを使用していたら、SIAEはNFT1個あたり40ドルから100ドル、総額で1億8,000万から4億5,000万ドルの手数料を支払っていたでしょう。一方、アルゴランドでNFTを作成するためのコストは、0.001Algoの取引コスト程度で済み、結果的に手数料が安くなるという大きな違いがあります。


アルゴランドで作られたNFTの素晴らしい点は、他の人気チェーンで作られたトークンと同等の機能や性能を持っていることです。さらに、アルゴランドがフォークしないチェーンであることは、これらのNFTをより安全なものにしています。


MITのSilvio Micali教授が考案したPure Proof of Stake(PPoS)コンセンサス・プロトコルにより、アルゴランドのユーザーは誰でも、システムのネイティブ・トークンであるALGOをステークすることで、ブロック検証者になることができます。このような方法はPoS(Proof of Stake)システムでは一般的ですが、アルゴランドのシステムでは、ブロック検証者を期間ごとに無作為かつ秘密裏に選びます。


このようにして、アルゴランドは、すべてのユーザーにシステムによって選ばれる機会を均等に与えることで、完全な非中央集権・分散化を実現しています。また、誰も次のブロック検証者を知らないため、最高のセキュリティを確保することができます。また、マイニングを必要としないことから、NFTの大規模な普及にとって必須と言えるカーボン・ニュートラルも実現しています。


ソリューション・アーキテクトのコジモ・バッシは、アルゴランドのNFTを作成するための平均的なコストは、NFT1個あたりおよそ0.0000004kgのCO2であると計算しています。これは、競合するブロックチェーンでは、NFT1個あたり200kgの地球温暖化をもたらす炭素が発生すると推定されていることと比較すると、本当に無視できる量です。


繰り返しになりますが、アルゴランドのPure Proof of Stake(PPoS)アルゴリズムは、エネルギーを大量に消費するProof of Work(PoW)や非効率なProof of Stake(PoS)をベースにしていません。つまり、最小限のエネルギーで運用することができます。さらに、アルゴランドは、ステーキングや中継サーバーにカーボン・ニュートラルなクラウド・エネルギー源をパートナーとして採用し、ネットワークの効率を桁違いに高めています。アルゴランドのネットワークで発生する少量の二酸化炭素排出量は、ClimateTradeから購入したクレジットで相殺されます。


結論として、アルゴランドは急成長するNFT市場に理想的なインフラを提供していますが、その理由は以下の通りです。


  • NFTを作成し、アルゴランド上で取引する費用は、他のブロックチェーンと比較して手頃である。

  • アルゴランドのネットワークは、スケーラビリティを考慮して構築されています。すべての取引において高いスループットとファイナリティを実現しています。

  • PPoSアルゴリズムのおかげで、アルゴランド・ブロックチェーンは安全で信頼性が高く、フォークしません。

  • アルゴランドでNFTを作成すれば、スケーラビリティ、低コスト、柔軟性など、Layer-1のすべての機能を活用することができます。

  • さらに、アルゴランドはカーボン・ニュートラルであり(PoWアルゴリズムに依存していないため)、環境に優しいブロックチェーンの取り組みをサポートし、ブロックチェーンの持続可能性において主導的な役割を果たしています。


アルゴランドのNFTについて詳しく知りたい方は、NFT Creator Economyガイドをご覧ください。



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/the-importance-of-low-transaction-costs--lower-carbon