フォークレス(フォークのない)ブロックチェーンでNFTを発行することの重要性



フォークレス(フォークのない)ブロックチェーンでNFTを発行することの重要性


ノン・ファンジブル・トークン(NFT)は数年前から存在していましたが、デジタル・アート、エンターテインメント、著作権、その他のユースケースにおけるこれらのトークンの可能性の認識が主流になるにつれ、2021年の初めにブームになりました。


NFTは、アート、コレクターズ・アイテム、高級品の市場にとって重要な2つの要素である、証明性とオリジナリティを提供します。また、NFTの基盤技術であるブロックチェーンの不変性と非中央集権性の恩恵も受けられます。


しかし、NFTはブロックチェーンのあらゆる利点を活用する一方で、そのリスクも共有しており、最も重要なリスクはハード・フォークです。そのため、NFTは理想的にはフォークレス・チェーン上で作られるべきなのです。



ハード・フォークとは?


まず、フォークの定義から説明します。一言で言えば、ブロックチェーン・ネットワークの分裂を表し、その結果、コードやプロトコルが新しく更新されることを意味します。


ブロックチェーンは、チェーンのソフトウェアを実行するコンピュータ(ノード)のネットワークであり、各取引や操作を検証した後、共同で新しいブロックを追加していきます。ノードの数が多ければ多いほど、ネットワークのセキュリティが向上します。


しかし、時には、様々なマイナーやブロック・バリデータのソフトウェアがズレてしまうことがあります。あるマイナーが何らかのアップデートを採用し(グループAとします)、他のマイナーは古いバージョンのソフトウェアを使い続ける(グループBとします)ということが起こります。





すべてのマイナーがグループAの推進するアップデートに同意した場合、ブロックチェーン・ソフトウェアのコードは変更されますが、ネットワークは同じままで、古いブロックも同じチェーンの一部となる、ソフト・フォークとなります。


グループAが提案したアップデートにブロック・バリデータが合意できない場合や、グループBが方針を変えない場合は、ネットワークが2つに分割され、同じブロックから始まって別々に進む2つの異なるブロックチェーンができあがることになります。これがハード・フォークと呼ばれるものです。

古いブロックは両方のチェーンで共通ですが、フォーク後のブロックは新しいチェーンごとに固有のものとなります。その結果、暗号通貨の保有者はフォークされたネットワークのトークンを無料で受け取り、実質的に「同じ」トークンが2つ作られることになります。この時点で、支配的なチェーンは元の暗号通貨の名前を維持し、フォークされたチェーンは異なる名前で終わるのが一般的です。


なお、このような分裂を引き起こすことを不可能にするフォークレス・ブロックチェーン・ネットワークがあり、それがNFTにとって理想的である理由についてはこれから説明します。



なぜハード・フォークはNFTにとって悪いのか?


NFTにとって問題となるハード・フォークのシナリオは主に2つあります。


  • どちらが正式なチェーンなのか合意がないまま、両方のチェーンが分裂から継続した場合、NFTの保有者は重複したバージョンのNFTを手にすることになります。NFTはユニークであるべきなので、これは問題です。作品は1つのNFTで表現されるべきものであり、フォークすることで実質的な所有権をめぐる議論の扉が開かれることになります。

  • ある時点でマイナーやバリデータの大多数が、元のブロックチェーンのバージョンを捨てて、ハード・フォークによって更新されたバージョンを選ぶことに同意した場合、元のチェーンで作成されたNFTは無価値になります。開発者がブロックチェーンに何らかのバグがあることに気づき、そのチェーンの使用を中止することもあるでしょう。


NFTの資産が複製されてしまったミラー・チェーンがある場合、デジタル的にユニークなものは何もありません。これはNFTの根本的な問題であり、NFTがフォークしないチェーンでなければならない最大の理由です。



アルゴランド:フォークレス・ブロックチェーン


NFTの価値が完全に失われることを避けるために、アーティストや開発者は、安全でフォークレスなブロックチェーン・ネットワークを選ぶべきです。


アルゴランドは、スムーズなNFTの作成と管理に必要な要素を提供します。すなわち、小規模または大規模な参加者による最適な価格発見(オークションまたはその他のメカニズムを介して)を保証するためのスループットとほぼ即時の最終性、開発者がより緊急性の高いビジネス項目に集中できるようにするためのシンプルなツールとレイヤー1のプリミティブ、NFTの長期的な価値を支えるためにブロックチェーンが存続することを保証するための設計による分散化、包括的で、アトミックで、低コストの転送を保証するための取引の容易性などです。


さらに、アルゴランドはフォーク耐性があることが数学的に証明されています。2つまたは複数のネットワークに分裂することはありません。アルゴランドは、コードを変更できるノード・バリデータのクラスターが存在しないほど強固な分散化を実現しています。これは、ノード・バリデータがシステムによってランダムに選ばれるため、トークン保有者が他のコミュニティよりも大きな権限を持つことがないためです。


アルゴランドは、フォークできないこと、低い取引手数料、シンプルなスマートコントラクト、アトミック・トランスファー、高いスループット、安全性、ネットワーク全体がカーボン・ネガティブであることなどから、NFTを作成、立ち上げ、管理するための最高のプラットフォームとして独自の地位を築いています。


アルゴランドをNFTに活用することで、ハード・フォークの影響を受けないネットワークであるため、お客様のユニークなトークンが保護され、複製されることがないという安心感があります。


アルゴランドのNFTについて詳しく知りたい方は、「ニュー・クリエイター・エコノミー」ガイドをご覧ください。




アルゴランドでNFTを開始する準備はできましたか?


開発者向けの記事をご覧ください。>アルゴランドでのNFTの構築



元記事:https://www.algorand.com/resources/blog/issuing-nfts-on-a-forkless-blockchain